【11月19日】日記


放鸽子/鳩を放つ

alt text


1)中文【11月19日】放鸽子

湖山一直以来以成为开放的医院设施为目标。
首先,取消了医院的探视者记录。
这到底是什么呢?
在大学笔记本上记录时间和名字。
这简直就是监狱或鉴定所的探视。
而且,事务接待处是一种高高在上的允许你探视的态度。
限定见面时间也有意义吗?
谁愿意晚上来呢?
难道不都是收到消息之后把工作做完就紧急赶来的吗?
谁会在其他患者都在睡觉的房间里聊天呢?
这是为了便于医院方面进行管理。
对于老年患者来说,孤独最有害于心灵和身体。
没有比家人、熟人来拜访更能鼓舞病人的事了。
孤独使人食欲不振。
也许药效也会变差吧。
然而受疫情影响,各种活动都中止了。
志愿者也不能进入。
还禁止与家人面谈。
但是,也开始进行大厅会见和在线会见。
30年前最初设计医院时,在所有病床旁都设置了个人专用电话。
不需要为了打电话跑去护士站。
孙子生日那天,可以直接在床上给他打电话。
自己生日那天,家人直接打电话过来,自己就可以拿起话筒听。
但是,实际上没有患者打电话。
也没有家人打来电话。
老人是孤独的。
对医院经营者来说,这是人生的重大打击。
因此,尽可能多地策划活动和庆典。
家人、地方市民、志愿者都聚集到设施里。
但是,如果不发出邀请函的话,即使策划了活动大家也不来医院。
或许是因为没法随便在喜欢的时候来医院吧。
因此,把医院设施设计成美术馆,以便大家随时都能来参观。
特别是在思考制定能让孩子们来参观的计划
乐高美术馆、连环画美术馆就是如此。
如今,湖山的设施受疫情影响又变成了封闭设施。
最孤独的,是我们的工作人员吧。
在银座办公室闭门不出,一直参加在线会议、董事会的我自己也正苦于孤独感。
在线音乐会,虽然地点不同,但是一边想着有同时一起听音乐的伙伴,一边听。
房间里,一个人之所以孤独,是因为意识到有同伴的存在而心存感激。
是的,我在认真思考着。
黎明时在床上或食堂里打这封邮件。
黎明时向全国的诸位放飞信鸽一样的心情。
今天也放飞了鸽子。
大家都收到了吗?

2)日文【11月19日】鳩を放つ

湖山は、開放的な病院施設を目指して来た。
まずは、病院の面会者記帳を止めた。
あれは、なんだったんだろう。
大学ノートに、時間と名前だけ記帳させる。
まるで、刑務所か、鑑別所の面会ではないか。
しかも、事務受付は面会を許してやるといった態度。
面会時間も、意味があるのか。
誰が好き好んで夜に来るのか。
連絡を聞いて、仕事が終わって、飛んできたのではないか。
誰が、他の患者が就寝している部屋で、おしゃべりすると言うのか。
病院側が、管理をし易くするためだ。
老人の患者にとって、孤独が1番心に体に悪い。
家族が、知り合いが、来てくれることぐらい励まされる事はない。
孤独感で、食欲が沸くわけがない。
薬の効きも悪くなるのではないか。
それが、コロナでイベントも中止。
ボランティアも入れない。
家族面談も、禁止。
でも、ロビー面会や、オンラインでネット面会を始めている。
30年前、初めて病院を設計した時、全ベットサイドに、個人専用電話を設置した。
ナースステーションまで、電話をするために行かなくでも済むように。
孫の誕生日にベットから、自分で直接電話を掛けられるように。
自分の誕生日に、家族から直接電話が来て、自分で受話器を取れるように。
でも、実際には、電話をかける患者はいなかった。
家族からの電話もかかってこなかった。
老人は孤独だ。
病院経営者としては、人生のショックだった。
それで、イベント、お祭りを出来る限り、企画した。
家族も、地域の人も、ボランティアも集まった。
でも、企画して、招待状を出さないと病院に来られない。
勝手に好きな時に来てもらえないだろうか。
それで、病院施設を美術館にして、いつでもお気軽に、来れるように、入れるようにした。
特に、子供が来たくなるような企画を考えた。
レゴ美術館、絵本美術館がそうだ。
その、湖山が、コロナの為に、また閉鎖施設になってしまった。
何よりも、孤独なのは、スタッフ私達ではないだろうか。
銀座オフィスにこもって、オンライン会議、役員会ばかりの私自身が孤独感に苦しんでいる。
オンラインコンサートは、場所は違っても、この音楽を同時に一緒に聞いている仲間がいるんだと思いながら聴く。
部屋に、一人孤独なのは、仲間がいる事を意識して感謝する為だ。
そう、私は考えるようにしている。
明け方、寝床か、食堂でこのメールを打つ。
全国の皆さんに、明け方に、伝書鳩を放つような気持ちでいる。
今日も、また鳩を放つ。
皆に届いているだろうか。

3)解説【11月19日】鳩を放つ

代表が老人と職員の孤独感に多大の関心を持っておられる記事を読み、感心しました。
自分が入院している時、誰も見舞いに来なかったら、確かに寂しく感じるでしょう。
今、コロナ渦で人々は面と向かってのコミュニケーションをするのが困難になりました。
インターネットがあっても、カメラとマイクだけでは気持ちが届かないのは味気ないものです。
その故に、対面し目線を交わしてコミュニケーションできる状態に早くなることを願っています。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章