【11月12日】日記


站在厨房的母亲的背影/台所に立つ母の後ろ姿

alt text


1)中文【11月12日】站在厨房的母亲的背影

听了两天的全体设施法人的事业计划后,我很佩服。
年轻干部靠得住,发表清晰明了。
大家一定会完成自己的设施以及自己制定的事业计划。
但是,既不需要逞强,也不需要宣言。
透过镜头看,你们是多么安静且可靠。
让我想起了母亲。
我记得那是幼儿园的时候。
我出生的家是古老的日式房屋,厨房宽敞昏暗。
傍晚,母亲正在做味增汤。
正在用菜刀切用作配料的蔬菜。
菜板上传来咚咚的、节奏感很强的切菜声。
还有因为怕寂寞,离不开母亲的幼儿园生泰成。
泰成坐在厨房的桌椅上,一边闲晃着双脚,一边看着母亲的背影。
母亲用菜刀切菜时肩膀咚咚地动着。
泰成只是看着母亲的背影。
比起做好晚饭,更希望那一刻能一直持续下去。
我并不是要高声摇旗呐喊。
我只是想像凝视着母亲的背影一样,望着湖山所有人工作的身影。
也许是久违地梦见了母亲。
老年人用户,在湖山的工作人员那里,找寻家的感觉。
湖山的工作人员也不愿意让使用者们感到寂寞。
两种想法我都很理解。
因为我是湖山的老人。
作为湖山的老人,我感到很幸福。
谢谢。

2)日文【11月12日】台所に立つ母の後ろ姿

2日間、全法人の事業計画を聞いて感心した。
若い幹部が頼もしくなり、しっかりした発表をしている。
自分の施設の、自分が立てた事業計画を、必ず達成するに違いない。
でも、力む事も、宣言する事も必要ない。
カメラを通して観る、君達の、なんと静かで頼もしい事か。
母を思い出した。
幼稚園の頃だと思う。
生家は、古い日本家屋で、台所は広く暗かった。
夕方、母が味噌汁を作っている。
具の野菜を包丁で切っている。
まな板に、トントントンとリズム感の良い、包丁の音が聞こえる。
寂しがりやで、母のそばを離れられない幼稚園生の泰成君。
台所のテーブルの椅子に座り、足をぶらぶらさせながら、母の後ろ姿を見ている。
包丁で、野菜を切る、母の肩がトントントンと動いている。
泰成君は、只、母の後ろ姿を見ている。
夕食が出来上がるより、ずっとその時間が続いて欲しかった。
私が、声だかに、旗を降っているわけではない。
母の後ろ姿を見つめるように、湖山の皆の仕事姿を見ている。
久しぶりに、母の夢を観たのかも、しれない。
老人のご利用者が、湖山のスタッフに、家族の姿を求める。
湖山のスタッフは、ご利用者に、寂しい思いをして欲しくないと願う。
私には、どちらの思いもよく分かる。
湖山の老人だから。
湖山の老人である事に、幸せを感じる。
ありがとう。

3)解説【11月12日】台所に立つ母の後ろ姿

代表は二日間の報告を聞いた後、
またお母さんの夢を見たのでとても感心したようです。
湖山Gはこのような大きな集団に成長したことには、
すべてのスタッフの努力が不可欠でしょう。
また、スタッフと使用者との間で、相互理解しようとする意欲は大切です。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章