【11月7日】日記


新冠肺炎疫情下的日间护理服务/コロナ禍のデイサービス

alt text

1)中文【11月7日】新冠肺炎疫情下的日间护理服务


东京的日间护理服务在这两年里,减少了一半。
起初是开设的护理设施过剩。
因为病情严重而转入到我们的设施里。
病房(床位)单价下降了。
增加和减少都是政策的调整。
甚至降到了免费的程度,结果遇上了新冠肺炎。
使用者应该需要自我隔离吧,工作人员也一样。
如果疫苗、检测试剂、治疗药物不能满足社会需求,就要互相隔离。
接送患者本身就存在高风险。
如果知道是新冠肺炎患者的话,现在救护车也不会轻易送过来。
地域包括系统的前提是,社会中的搬运移动很方便。
如果不是无人驾驶出租车,也不是无菌输送车,谁能带他们去设施或者医院呢?
到如今开始觉得,以前的老人医院、感染病床,只要有这些就很好了。
人类的城市文明之所以在历史上多次消失,其中也有传染病蔓延的原因。
提高日常护理价格和保险单价是当然的,但我想让大家知道,我们缺乏最根本的东西。
希望社会、国民能更加理解医疗护理工作的困难和风险。
餐厅、酒店、电影院都没有人。
即使是能自己走路或者开车的人也不去。
更何况是老年用户,他们怎么办呢?

2)日文【11月7日】コロナ禍のデイサービス

東京のデイサービスはこの2年で、半分になった。
元々過剰に開業された。
重度になり入所に移行した。
点数単価が減った。
増えたのも、減ったのも政策のさじ加減。
ただでさえ、減るところを、コロナ。
利用者も自粛するだろうが、働く方も同じ。
ワクチン、検査薬、治療薬が社会に充足しなければお互いに自粛。
送迎そのものに高いリスクがある。
コロナ患者とわかったら、今は救急車も、簡単には搬送してくれない。
地域包括システムは、搬送移動が至便な社会を前提にしている。
無人運転タクシー、無菌搬送車でもない限り、誰が施設や病院に連れて行けるのか?
昔の老人病院、感染病床が、今となると、あっても良かった気がする。
人類の都市文明が、歴史的に幾度も消えたのは、感染症の蔓延の性もあった。
デイも保険単価をあげるのは当然だが、もっと根本的なものが欠如している事を知って欲しい。
仕事の困難さとリスクを社会が、国民がもっと理解して欲しい。
レストランもホテルも映画館にも、人はいない。
自分で歩いて、運転して行ける人でも行かないのだ。
ましてや、老人利用者はどうやって?

3)解説【11月7日】コロナ禍のデイサービス

コロナ禍で、代表は国民の健康を守ると同時に、国民に医療介護の仕事のリスク
と困難さを理解してもらって欲しいようです。
また、高齢者の日常介護と医療サービスを続け、老人に若者と同じように娯楽生活を与える必要もあります。
高齢者も本や映画などを見たり、美味しいもの食べたりしたいでしょう。
高齢者にただ単に介護を与えるだけではなく、娯楽や人との交流も重要で、彼らを患者ではなく、
「普通の人」と扱うべきではないでしょうか。
今、まさに患者と医者が理解し合わないといけない時期となりました。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章