【11月23日】日記


湖山集团能做的事/湖山Gの出来る事

alt text


1)中文【11月23日】湖山集团能做的事

    
和病院会的老师们进行了讨论。
还有病院会力所能及的事吗?
病院会会长担心医疗崩溃,向国民呼吁。
希望现在就停止促进观光的国家政策。
希望国民尽可能不要外出。
希望大家不要出门,避免在外面和别人见面。
没有疫苗和治疗药物。
检测试剂也终于满足社会需求。
这样一来,医疗就无法发挥功能。
没有武器。
这样的话,医生就不能战斗了。
让病人住院的话,有院内感染的可能性。
的确如此。
为了不被感染,希望国民自己管理自己的生活行为。
的确如此。
而且,首都圈的大部分医疗机关、医院、诊所也都在亏损。
也就是说,没有患者来看病。
没有充分迅速地完成诊疗行为。
在全民皆保的日本,不能申请保险的医疗是无法经营的。
介护设施,如果发生群体性感染,也会因为大赤字而面临倒闭。
其他的餐饮、酒店、服务业更是苦不堪言。
但是,医疗介护设施的崩溃破产,关系到生命本身。
医疗介护制度的规则十分严格。
为了限制过度、不合理的请求,严格是对的。
但是,在抗疫期间,如果各医疗介护机构不够灵活、不能提供综合服务,是不现实的。
不是平时,而是战时。
政治、行政、医师会、病院会。
还有媒体和国民自己。
意识的构造改革是必要的。
那么,湖山集团自身能做什么呢?
在风险较高的首都圈,湖山集团的设施也很多。
1个医院。3个诊所。有近3000个医疗介护床位。
医疗和介护的合作还远远不够。
如果在护理设施有密切接触者,会立刻在湖山集团的医疗机关对职员进行核酸检测。
即使法人设施承担费用。
根据地区行政不同,补助也不同。
不能拘泥于这些。
行政支援补助将在事后进行商谈。
湖山在首都圈以及地方全体都以地域包括Care(社区养老介护综合服务)的医疗介护一体体制为目标。
我认为这就是Health Care・Design・Network。

2)日文【11月23日】湖山Gの出来る事

病院会の先生と論議をした。
もっと、病院会でできる事はないか。
医師会長は、医療崩壊を危惧して、国民に訴えている。
国策の観光推進政策を今は止めて欲しい。
国民には、外出を可能な限り辞めて欲しい。
自宅から出ず、外で他人と会う事を避けて欲しい。
ワクチンも治療薬もない。
検査薬もやっと、社会に充足して来た。
これでは、医療は機能を発揮できない。
武器がない。
これでは、医者は戦えない。
入院させたら、院内感染の可能性がある。
その通りだ。
感染しないように、国民自身が生活行動を自己管理して欲しい。
その通りだ。
そして、首都圏の医療機関は、病院も、診療所も多くが赤字。
つまり、患者さんが来ていない。
診療行為を十分に迅速に出来ていない。
国民皆保険の日本では、保険請求できない医療では、経営が成り立たない。
介護施設も、クラスターが発生したら、大赤字で壊滅状態になる。
他の、飲食、ホテル、サービス業はもっと悲惨だと言うのもわかる。
でも、医療介護施設の崩壊倒産は、命そのものに関わる。
医療介護制度は規制が厳しい。
過剰、無駄な請求を規制する為で、その事は正しい。
でも、このコロナ戦争の日々では、各医療介護施設が柔軟に、サービスを複合的に提供しないと、現実的でない。
平時ではなく、戦時。
政治、行政、医師会病院会。
そして、マスコミ、国民自身が。
意識の構造改革が必要。
では、湖山G自身は何ができるのか。
リスクの高い首都圏には、湖山Gも多い。
病院1つ。診療所3つ。医療介護ベットは3000近く有る。
医療と介護の連携はまだまだ。
介護施設で濃厚接触者がいたら、湖山Gの医療機関で、即、コロナ検査を職員に行う。
法人施設負担でも。
行政は地区によって、補助が違う。
それにこだわる訳にはいかない。
行政の支援補助は後の相談。
湖山は、首都圏、地域全体で、地域包括ケアの医療介護一体体制を目指す。
それが、ヘルスケアデザインネットワークだと思う。

3)解説【11月23日】湖山Gの出来る事

現在、コロナとの戦いの真っ只中にあります。
コロナとの戦いで、医療介護事業は、どのような戦略・戦術で臨めばよいのかと苦慮されている代表の苦悩が滲み出ている文章に心打たれました。
しかし「湖山は、首都圏、地域全体で、地域包括ケアの医療介護一体体制を目指す」という結びの言葉に力強さを感じました。
そのためには、何といっても全員の協力が不可欠でしょう。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章