【11月8日】日記


老爸无所不知/パパは何でも知っている

alt text

1)中文【11月8日】老爸无所不知


美国的电视剧。
家庭喜剧。
我上幼儿园的时候,也在日本电视台播放了。
他描述了一个美国中产工薪阶层家庭,简直就和画里描绘的一模一样。
这不是所有日本家庭的憧憬吗?
也许是鼓吹美国的优势和令人羡慕的地方。
无论是私家车、家电,还是独栋住宅。
剧中父亲是保险公司的部长,打高尔夫,喜欢兜风,会举办圣诞派对。
是一个没有战争、没有贫困、没有种族主义,也没有政治斗争的社会。
虽然是黑白画面,但比起彩色画面,是更温暖、丰富的回忆。
在肯尼迪总统被暗杀之前,对泰成来说,美国也是我的理想而憧憬着。
后来在越南战争以及冷战中,美国的问题大量涌现。
不过,可以向全世界报道的美国新闻业成了我下一个憧憬对象。
我在美国电视剧中学到了正义,了解了世界。
然而,从全世界来看,只有政治家,我希望能选举出值得尊敬的人。
只有这个职业,我希望有人格、道德和品性的人能被选中。
十几岁的时候,总理大臣是我父亲的患者,我有机会问候他。
自诩对政治感兴趣的泰成问道:
什么是理想的政治?
答案是哲学家政治。
哲学家政治?
自认为那就是民主主义。
我清晰记得当时感觉很别扭。
日本的总理大臣是对的。
可能西方的民主主义历史还比较短暂。
总之,我最讨厌对立、纷争和歧视。
竹林七贤。
老庄思想的隐士,就是我的道。
我想起我的出生地院子里有一片竹林。
是应对东京地震采取的对策。

2)日文【11月8日】パパは何でも知っている

アメリカのテレビドラマ。
コメディ・ホーム・ドラマ
私が幼稚園の頃、日本でも放送していた。
いかにも、いかにもと言う、絵に書いたようなアメリカ中流サラリーマンの家庭を描いていた。
全ての日本の家庭の憧れだったのではないか。
アメリカの良さ、羨ましさのプロパガンダだったのかも。
マイカーも、家電製品も、一戸建ての自宅も。
保険会社の部長で、ゴルフ、ドライブ、クリスマスパーティ。
戦争も、貧困も、人種差別も、政治闘争も、ない社会。
白黒画面だが、カラー放送より、暖かく、豊かな思い出の記憶。
ケネディ大統領が、暗殺されるまで、泰成君にとっても、アメリカは理想で憧れだった。
その後はベトナム戦争や、冷戦で、アメリカの問題が噴出する。
でも、世界に報道できる、アメリカのジャーナリズムは次の憧れになった。
僕は、アメリカのテレビドラマで、正義を、世界を学んだ。
なのに、なのに、世界中、政治家だけは、尊敬できる人間が選ばれて欲しいと思う。
その職種だけは、人格、倫理、品性のある人が選ばれて欲しいと願っている。
10代の頃、父の患者さんであった、総理大臣にご挨拶する機会があった。
生意気にも、政治に関心のあった、泰成君は、聞いた。
理想の政治とは?
答えは、哲人政治だよ。
哲人政治?
民主主義だとばかり思っていた。
その時の違和感をしっかり覚えているのだが。
日本の総理大臣は、正しかった。
西洋の民主主義はまだ、歴史が浅いのかもしれない。
兎に角、対立と紛争と差別は大嫌いだ。
竹林の七賢。
老荘思想の隠者が、我が道。
私の生家は、庭に竹林があったのを思い出した。
東京の地震対策だった。

3)解説【11月8日】パパは何でも知っている

代表はアメリカの大統領選挙に関心を持っているようです。
確かに、政治家というのはある意味で大変な責任を負って特別な職業です。
数多くの国民が平和な生活を送るために、尊敬できる人を選ばなければいけません。

用户7825 用户7825
5 个月前
5

扫描下方二维码手机阅读文章