【11月29日】日記


终身学习终身雇佣/生涯学習生涯雇用

alt text


1)中文【11月29日】终身学习终身雇佣

银行等的大企业,应届毕业生入职后的3个月完全是进修期间。
我想现在也是这样。
2年内,OJT领导,一对一地跟着,一个人一个人地培养。
如果不在公司工作到退休年龄,就会亏本。
如果不取得英语、会计、住宅建设等资格证书,就不能晋升为大企业的管理者。
终生学习取得资格证书。
在医疗领域,取得了医生,护士的资格之后才开始正式的学习。
取得终身、学会、专业资格。
加入医师会、病院会、护士协会、营养师协会等,参加研讨会。
所有的国家资格证书并不是考取了才结束,而是考取了才正式开始学习。
医疗是科学。会不断进步。
新的药物、检查、机器,必须每年学习,熟练使用。
事务也配合每2年的医疗保险改正,更改要求。
个人也要花费大量的时间和费用来学习。
法人也要花费大量的时间和费用进行教育。
如果认为这是理所当然的,介护的世界就不是这样了。
取得了2级助手(介護職員初任者研修)、介护福祉士的资格,就可以了。
能力应该已经足够,马上成为战斗力是理所当然的。
以前的经营者都这么想。
的确,教育也是人工费的成本。
酒店、饮食、公寓、房地产行业的参与较多,所以也不难理解。
如果是为健康自立的老年人提供住宅服务,那这样也不错。
一旦到了包括卧床不起、痴呆症在内的重度介护时代,就不能仅止于此了。
性命攸关。
需要有与接近医院水平的医疗知识。
湖山集团是脱胎于医院的介护设施。
是与把看护当成分内之事的医院一起进修的介护设施。
湖山集团的介护,与附带介护的住宅服务公司的方式不同。
现在的介护设施要求的内容和医院一样。
日常的药品管理。
认知症、卧床不起、褥疮、骨折、误食、饮食的管理。
老人寿命不断延长,所以医疗依赖度就会增加。
我认为所谓的医疗介护一体服务,只有通过员工的相互交流教育才能实现。
实际上,这种富余和职员的理解都不够充分。
能工作一生的人,就是一生学习新知识的人。
只有一生都在学习的人,在进步和竞争激烈的未来,才能继续工作。
湖山在职员教育上,不惜花费大量精力和金钱。
但是,对于没有同样志向的人来说,是没有用的。
需要全体职员进行意识改革,提高积极性。
也有人仅仅是因为年龄大就当上了管理职位的吧。
虽然他本人可能也很为难,但是那个管理人员的部下就更为难了。
管理人员是否愿意学习,关键在于对下属的爱心和责任感。
即使不看上司,也要好好照顾部下。
要有爱心和责任感。
来自亚洲的技能实习生结束了一年的实习期。
他们希望再延长。
这是值得高兴的事情。也是一件值得感激的事情。
让全员进入湖山集团内的教育系统,在湖山学院学习。
花几年的时间,一定要让大家考取介护福祉士资格。
为了达到这一目的,带着责任进行教育。
担任讲师的湖山集团的干部们也充满了责任和爱心。
我为湖山集团到骄傲。
技能实习生还只是1年级。
他们会一生学习。和我们一起。

2)日文【11月29日】生涯学習生涯雇用

銀行などの大企業は、新卒は入職3ヶ月は完全に研修期間。
今でもそうだと思う。
2年は、OJTリーダーが、マンツーマンで付いて、一人一人育てる。
会社は定年迄働いてくれなければ、元は取れない。
大企業サラーマンは、英語、経理、宅建等、資格を取らないと、昇格できない。
生涯勉強して資格を取得する。
医療の世界は、医師、看護師の資格を取ってから、本格的勉強。
生涯、学会、専門資格取得。
医師会、病院会、看護師協会、栄養士協会、等々に入会してセミナーに参加する。
あらゆる、国家資格は、取得して終わりではなく、取得してから本格的勉強が始まる。
医療は科学。進歩する。
新しい、薬、検査、機器、毎年学び、使いこなさなければならない。
事務も、2年毎の医療保険改正に合わせて、請求を変える。
個人でも、多大な時間と費用をかけて、学ぶ。
法人も、多大な時間と費用をかけて、教育する。
それが当たり前だと思っていたら、介護の世界はそうではなかった。
2級ヘルパーや、介護福祉士の資格を取得したら、もう、それで上がり。
能力は充分のはず、すぐ戦力になって当たり前。
そう考える、経営者ばかりだった。
確かに、教育も人件費コストである事は間違いない。
ホテル、飲食、マンション、不動産業界からの参入が多かったから、わからなくもないが。
元気で自立したお年およりの住宅サービスで済む範囲ならそれでも良いのだろうが。
寝たきり、認知症も含む重介護の時代になると、それでは済まない。
命がかかっている。
病院に近い医療知見が必要。
病院から生まれた介護施設としてスタートした湖山G。
看取りを、当たり前の事としている病院と一緒に研修する、介護施設。
湖山Gの介護は、住宅サービスに介護を付けた会社のあり方とは、違っていた。
現在の介護施設に要求されている内容は、病院と変わらない。
日々の薬の管理。
認知症、寝たきり、褥瘡、骨折、誤飲、食事管理。
長生き出来るようになった分、医療依存度は増える。
医療介護一体サービスとは、スタッフの相互交流教育しかないと思うのだが。
実際は、その余裕も、職員の理解も十分ではない。
生涯働ける人は、生涯新しい知識を学ぶ人。
生涯学び続ける人しか、進歩競争の激しい未来では、働き続ける事は難しくなる。
湖山は、職員教育には、手間も予算も惜しまない。
でも、同様の志を持たない人には、役に立たない。
全職員の意識改革、意欲向上が求められる。
年長であるだけで、管理職になった人もいるだろう。
本人も難儀しているだろうが、その管理職の部下はもっと難儀している。
管理職が、学ぼうとするかしないかは、部下に対する、愛情と責任感の差だ。
上を見ずとも、部下をしっかりと面倒みてほしい。
愛情と責任感を持って。
アジアからの技能実習生が1年終了した。
本人達は、更に延長を望んでいる。
嬉しい事だ。有難い事だ。
全員、湖山G内の教育システム、コヤマカレッジに入学させる。
数年かけて、必ず、介護福祉士を取得してもらう。
そこまで、責任を持って教育する。
講師担当の湖山Gの幹部も、その責任と愛情に溢れている。
そう出来る湖山Gを誇りに思う。
技能実習生はまだ、1年生。
彼らは、生涯学ぶ。私達と一緒に。

3)解説【11月29日】生涯学習生涯雇用

湖山Gは全員に対して生涯学習を勧めています。
科学の進歩につれて、医療介護の分野でも必ずや日進月歩しています。
時代に後れないように、また利用者に最良のサービスを提供するためにも生涯学習が必要です。
それは湖山Gのためばかりでなく、職員個人の生活にも欠かせないものだと思います。

用户7825 用户7825
5 个月前
8

扫描下方二维码手机阅读文章