【11月13日】日記


柿子的季节/柿の季節です

alt text


1)中文【11月13日】柿子的季节


有柿子送到了银座。
从会津运来。
在福岛县会津建立老人保健设施的地方原本是小学生体验果园的一部分。
有15000坪,租了将近一半。
旁边还剩下一半果园供小学生上课。
介护设施和小学生果园。
完美的合作。
这是30年前我梦中的构想之一。
然后,实现了。
现在,在老人保健设施的旁边,排列着新的特养之家。
来到这个城市太好了。
现在也在支持福岛的农产品。
作为银座Rotary的银座蜜蜂项目。
会津盛产柿子。
现在这些柿子还没到好吃的时候,要留到下周。
满心期待着。
每年鸟取仓吉都会送500个蜜瓜到全国的保育园、托儿所、儿童设施。
因为太受好评而一直没法停下来。
作为生产者的湖山集团职员的家人,也格外的高兴。
能看到食客的表情。
也能看到种植者的表情。
所有和湖山有关的人都高兴。
我们能做的事情有很多。
其中,最棒的就是提供美食。
明年,除了送蜜瓜,还送会津的柿子。
从现在开始拜托农民的话,应该还来得及生产。
我想在职员的老家,应该有乐意为我们生产的人。
同伴们一起种植,在湖山集团一起品尝。
明年会是仓吉蜜瓜加会津柿子。
全国的小朋友们。
从明年开始,请叫我蜜瓜柿子叔叔。
疫情第三波即将到来。
请补充营养。
我开始担心今年新米的销路。

2)日文【11月13日】柿の季節です

銀座に柿が届いていた。
会津から。
元々、福島県会津に老人保健施設を作った場所は、小学生用の体験果樹園の土地の一部。
15000坪あり、その半分近くを借りた。
隣に、小学生が授業で使う果樹園が半分残る。
介護施設と、小学生果樹園。
素敵なコラボになる。
30年前の私の夢の構想のひとつだった。
そして、実現した。
今は、老健の隣に、新しい特養ホームが並んでいる。
この町に来て良かった。
今も、福島の農産物を応援している。
銀座新ロータリーの銀座ミツバチプロジェクトとして。
会津には、柿があった。
その柿の食べ頃はまだ先で、来週までお預けだ。
心待ちにしている。
毎年、鳥取倉吉から、メロンを500個、全国の保育園、託児所、児童施設に送っている。
あまりに、好評なのでやめられなくなったのだ。
生産者の、湖山G職員のご家族にも、殊の外喜んで頂いている。
食べ手の顔が見える。
作り手の顔が見える。
湖山に関わる全ての人が喜ぶ。
私達が、出来ることは、たくさんある。
中でも、美味しい事が1番。
来年は、メロンに加えて、会津の柿も送ろう。
今から、農家に頼めば、間に合う。
職員の実家で、喜んで、生産してくださる方がいると思う。
仲間で作って、湖山で食べる。
来年は、倉吉メロンプラス会津柿。
全国の幼児の皆さん。
来年から、メロン柿おじさんと呼んでください。
コロナ第三波が来る。
滋養をつけてください。
今年の新米の売れ行きが心配です。

3)解説【11月13日】柿の季節です

代表が農業にいかに関心を持っているかが良く分かる文章です。
農産物を作る楽しみとそれを食する人との楽しみをコラボしようとする代表の発想は素晴らしいと思いました。
地方の特色ある果物などの農産物を全国の各施設に送ることは、
皆さんがおいしいものが食べられると同時に、
それを作る地域の町興しに役立つでしょう。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章