【11月26日】日記


钓鱼迷三平/釣りキチ三平

alt text


1)中文【11月26日】钓鱼迷三平

我在大学的特别课程以电影为题材,分析医疗、介护、社会和家庭的现状。
不过,大部分都是电影介绍,实际上,光看电影就能占满上课时间。
也有分发新上映作品的电影票,通过邮件提交感想的事。
我觉得是很有趣的课。
在那个课上,我介绍过唯一一部漫画。
因电影《钓鱼迷三平》而闻名的矢口高雄的作品。
是作者自己小时候的传记。
在秋田的山村,和祖父、父母、兄弟一起,在大自然中长大。
作品是《弟弟的死》
刚出生的弟弟濒临死亡。
母亲希望带孩子看医生。
但是,贫苦农村的祖父却不允许。
请医生很费钱。家里没有富裕的钱。
在哭泣不止的母亲的怀中,弟弟咽气了。
在1961年全国实行全民保险之前,看病都需要现金。
用现在的话说,是自费的。
没有钱,没有医生,失去了家人。
因为这样的人生经历,很多人成为了医生、护士。
矢口高雄的作品中,这一部让我终生难忘,他的作画,像电影一样留在我的记忆中。
我一定是恨那个祖父的。
爷爷大喊着医生是小偷时的脸部描绘至今难忘。
作者应该比我更恨他吧。
付不起钱的家庭,在盂兰盆节和岁末给医生送去了农产品和钓上来的鱼作为谢礼。
收费治疗的医生家庭在农村也因大家无法用现金支付治疗费而苦于金钱生计。
这是当时开诊所的医生夫人的难事。
医生成为富翁是从全民保险时代开始的。
我小时候,医生不是有钱人。
寺庙、地主、有钱人家的次子、娶了有钱人的太太,筹措资金勉强维持着医生的家庭。
听说我出生时,是我的父亲参加东大医院实习考试前夕,他一边读教科书,一边等着我出生。
那个我出生的医院的大学,邀请我担任了客座教授。
这也是缘分。
父亲一直说我的奶粉钱是打麻将赚的。
我觉得是真的。
他自称是东京大学麻将届的不朽名人,并向孩子们炫耀。
真的很喜欢打麻将。
我觉得自己不喜欢这类事情是因为父亲。
因为,无法超过父亲就会放弃。
不理解那种努力学习,为了取得胜利而拼尽全力的人。
我逃进读书、电影和被动的快乐中。
父亲象棋和围棋都很强,但麻将似乎是最强的。
我小学时的记忆中也有,每月在我家打一次通宵麻将的事。
那是为了打工赚孩子的奶粉钱。
有过从后面看着父亲的牌面,说这副牌牌面非常不好,结果被狠狠地骂了一顿的事。
虽然听起来像漫画情节,但都是真实的,我至今还记得他和老师同事们围坐在桌前的情景。
后来父亲开始打高尔夫,周末就不打麻将了。
多亏了全民保险,日本国民成了世界上最幸福的国民。
即使在肺炎时代的今天,大家也因此受益很多。
肺炎死亡人数之所以少,也是因为医疗设施丰富。
日本是任何人,(只要有需要)都可以住院的国家。
在医疗方面,日本是世界第一。
光是这件事,就觉得自己生在日本很幸运,心怀感激。
漫画家矢口高雄,享年81岁。

2)日文【11月26日】釣りキチ三平

私の大学での特別授業では、映画を題材にして、医療、介護、の社会と家族のあり様を分析する。
まあ、映画紹介が殆ど、実際、映画を観るだけで授業時間一杯と言う事も多かった。
新作ロードショーの作品の映画チケットを配り、感想をメールで提出という事もあった。
楽しい授業だったと思う。
その授業で、唯一漫画を紹介した事がある。
「釣りキチ三平」で有名な矢口高雄の作品。
自身の幼少の頃の伝記。
秋田の山村で、祖父、両親、兄弟で、自然の中で育った。
作品は、「弟の死」
生まれたばかりの弟が、瀕死の状態。
母は、医者に見せたいと願う。
でも、寒村農家の祖父は、許さない。
医者は泥棒だ。そんな金はない。
泣き崩れる母の腕の中で、弟は息を引き取る。
1961年、国民皆保険が、全国施行されるまで、医者にかかるには、現金だった。
今で言うと、自費である。
お金がなくて、医者にかかれず、家族を亡くした。
その経験で、医師、看護師になった人は多い。
矢口高雄の作品で、私はこの一作が、生涯忘れられず、彼の作画が、映画のように記憶に残っている。
余程、祖父を恨んでいたに違いない。
医者は泥棒だと叫ぶ、祖父の顔の描写は今でも忘れない。
作者はもっとであったろう。
お金を払えない家庭は、医者に盆暮れに、お礼に、農産物や、釣れた魚を届けた。
貰う医者の家庭も、農村で、治療費を現金で払ってもらえなず、やり繰りに苦労した。
当時の開業医の奥さんの苦労話である。
医者が金持ちになったのは、国民皆保険の時代からである。
私の子供の頃は、医者は、金持ちではなかった。
お寺や、地主や、お金持ちの次男とか、お金持ちの奥さんを貰って、やりくりをして、医者の家庭は成り立っていた。
私が生まれたのは、父が東大病院のインターン試験の明け方だったそうで、教科書を読みながら、私が生まれるのを待っていたそうだ。
その私が生まれた病院の大学で、客員教授をさせた頂いている。
これもご縁だ。
父は、私のミルク代は、麻雀で稼いだと、何時も言っていた。
本当だと思う。
自称、東大の麻雀の永世名人と子供に自慢していた。
本当に好きだったのだ。
私が、この手の事に近づかなかったのは、父のせいだと思う。
とても、父には、叶わないと諦めていたからだ。
あれほど、勉強して、一生懸命勝負に真剣に取り組む人を知らない。
私は、読書や映画や、受け身の楽な楽しみに逃げていった。
将棋も碁も強かったが、麻雀が1番強かったらしい。
小学生の頃の記憶でも、月一回は我が家で徹夜で麻雀をしていた。
子供のミルク代を稼ぐ為のアルバイトである。
父の配牌を後ろから見ていて、この牌、何も書いてない、と言って、真剣に怒られた事があった。
漫画みたいだが、本当の事で、職場の同僚の先生達と卓を囲む風景を今でも思い出す。
ゴルフを始めて、その週末麻雀はなくなった。
国民皆保険のおかげで、日本国民は世界一幸せになった。
コロナの時代の今もその恩恵は大きい。
コロナでの死亡者が少ないのも、医療整備が豊富だからだ。
誰もが、入院できる国は日本位だ。
医療へのアクセスの良さは、日本が世界一だと思う。
この事だけでも、日本に生まれて幸運だったと感謝している。
漫画家 矢口高雄 享年 81歳

3)解説【11月26日】釣りキチ三平

代表は「釣りキチ三平」で有名な漫画家・矢口高雄の訃報に接して、
彼が描いたお金も医者も足りなく貧しい過去の時代を回想しています。
現在は国民皆保険のおかげで、国民の生活は豊かで幸せになってきました。
このような変化は経済の発展と政治面における医療を重視する政策から切れ離せません。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章