【11月25日】日記


通过IC卡使用My Karte/ICカードでマイカルテ

alt text


1)中文【11月25日】通过IC卡使用My Karte

30年前的时候。
被叫到了通产省的IC卡研究会。
虽然是大学的工学院教授主办的,但是背后有国家的政策支持。
教授想实现全社会范围内提高IC卡的功能利用性的目标。
之后,实行国民号码制度,与个人卡片相连。
关于在医疗行业发展的可能性,想听听我作为医疗从业者的意见。
教授对我说的话大意就是如此。
IC芯片可以嵌入卡中。
可以在一个人有生之年记录相当多的个人信息。
健康保险证就不用说了,驾照信息也能录入。
可以根据健康状态和高龄情况,单独进行驾驶限制。
高龄人士、患上白内障等,就会被限制驾驶范围。
夜间禁止驾车。
不能超过方圆5公里的生活圈。
不能驾驶2000cc以上的大型车。
不能驾驶摩托车。
当时还是交通事故多发的时代。
体检数据也会每年累计,一生保存。
无论去哪家医院,从过去的x光片到血液数据都可以提供。
被救护车运走,即使昏迷不醒,也能使用健康病历数据。
因为本人对自己的数据进行事故管理,所以不会触犯个人信息保护法。
从隐私保护和法律的表面来看,很难实现由国家健康保险工会和医疗机构来管理。
个人的自我管理是最基本的。
也有日本人反思是否过分依赖国家了。
经常有人将日本和美国的医疗制度进行比较。
我认为,在比较制度差异之前,国民性、国民文化的差异太大。
当时,病历是医院的东西,大多数医生即使患者要求也不公开病历。
现在看来简直难以置信。
据说受家属的委托,也有不在病历上记录癌症的情况。
所以,癌症保险的请求被驳回了。
医疗介护,在遵守国家制度之前,更要参照国民文化。
从那时起我就开始这样主张了。
比如云连接全国的医疗机构,为每个健康保险工会建立数据库等等。
那样的话,把备用电脑放在北海道吧。
也需要在宇宙空间站备份数据。
我的联想不会停止,所以还是个人掌管就好了。
这样成本最低。
我得出了这样的结论。
日本不擅长管理数据系统。
行政区划过窄。
医疗政策也不符合国民的行动生活范围,但已无法重建。
我总说现在是令和江户时代。
会不会出现被新冠肺炎围困的难关呢?
如果不携带有健康码APP的智能手机的话,是不是就不能乘坐电车了呢?
会不会出现提交县民证明书的县呢?
那种愚蠢的联想根本停不下来。
可能是星新一的微小说读多了吧。

2)日文【11月25日】ICカードでマイカルテ

30年前の頃。
通産省のICカード研究会に呼ばれた。
大学の工学部教授が主催だが、バックは、お国の政策。
ICカードの機能利用性を社会的に高めたい、とのお達し。
その後の、国民背番号制、マイカードに繋がる。
医療事業者として業界での事業可能性についてご意見を賜りたい。
と言う、趣旨だった。
カードにICチップをいくらでも埋め込める。
かなりの個人情報を生涯記録できる。
健康保険証は勿論だが、自動車免許もセットに。
健康状態や、高齢を判断して、運転制限を個別にできる。
高齢、白内障等になれば、運転範囲を制限させる。
夜間は不可。
生活圏の5キロ以上は不可。
2000cc以上の大型車は不可。
オートバイは不可。
まだ、交通事故の多い時代だった。
検診データも毎年累積して一生分保存される。
どの、病院に行っても、過去のレントゲン写真から、血液データから全てを提供できる。
救急車で運ばれて、意識不明でも、健康病歴データを使える。
本人が自分のデータを事故管理するので、個人情報保護法に抵触しない。
国の健康保険組合や、医療機関が管理するのは、プライバシー保護や、法律の建前上難しい。
個人の自己管理が基本。
日本人はお国を頼りすぎではないか、との反省もあった。
日本と、アメリカの医療制度との比較がよく行われていた。
私は、制度の違いの前に、国民性、国民文化の違いが大き過ぎると主張した。
当時は、カルテは、病院の物で、患者が要求しても、開示しない医者が殆どだった。
今では、信じられないだろうが。
家族の頼みで、癌とは記載しない事もあったそうだ。
だから、がん保険の請求が却下されたとか。
医療介護は、お国の制度以前に、国民文化による。
その時からの自説となった。
全国の医療機関をクラウドで繋ぐとか、健保組合ごとにデータベースを作るとか。
そうしたら、バックアップのコンピューターを北海道に置こう。
宇宙ステーションにもデータ保存が必要とか。
私の連想は止まらず、だから、個人個人が持てば良いのだ。
1番低コストだ。
と、結論に導いた。
データシステムは、日本は不得意だ。
行政区画が狭すぎる。
医療政策も、国民の行動生活範囲と合わななっているが、再構築はできない。
令和江戸時代と私は言っている。
入りコロナ出コロナの、関所が出来るのではないか。
コロナアプリのスマートフォンを携帯していないと、電車に乗れなくなるのではないか。
県民証明書を出す県が出てくるのではないか。
そんな、馬鹿げた妄想が止まらない。
星新一のショートショートの読みすぎでしょう。。

3)解説【11月25日】ICカードでマイカルテ

代表はICカードで国民の健康状況と個人情報を記録することで国民をコントロールする問題を取り上げていますが、功罪が相半ばし意見が分かれるところです。
中には、国民全員のデータを収集したり、保管したりすることは、データが漏れて盗用される可能性があり反対だという人もいます。
逆に、出かける時にIDカードや免許などのかわりに、たった一枚のICカードを持っていればすべて用が済んで、生活は大変便利になると喜ぶ人もいるでしょう。
政府は、デジタル庁を設置することを決めていますので、ICカード化は確実に進んでいくでしょう。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章