【11月20日】日記


从列车到船,到舰队/列車から船へ、艦隊へ

alt text


1)中文【11月20日】从列车到船,到舰队

加入病院会的时候,最初的印象觉得医院是一列火车。
靠具有强大领导能力的理事长院长一个人牵引着列车。
只有首列车厢有发动机,后面的列车被牵引着。
线路往返于特定的地区。
乘载大量乘客。
理事长是医疗法人股份的持有者。
院长是作为医院开设者而被认可的医生。
诊疗是医生的专权行为。
也就是说,医生理事长院长的立场是受法律保护的绝对权限者。
和普通的公司组织不同。
正因为如此,责任也很重。
但是,也不全是人格高尚的人。
也不是没有像大洋彼岸的总统那样的人。
我从小就喜欢描写海洋的漫画、电影。
尤其不能错过潜水艇。
秘密下潜,一旦沉没,船员将全部牺牲。
在黑暗的深海,用看不见的斗志进行智斗。
就像下象棋或围棋一样,预判对方的想法和下一招,然后出自己下一步棋。
对手是国家的政策。
持续的紧张。
互相试探战略战术。
实际上,宇宙飞船之间的战斗也是同样的设定。
因此,电影中战斗的宇宙战舰不是宇宙空军,而是海军和NAVY。
因为要进行长达几光年的空间跃迁。
舰长的领导能力和同舟共济的船员之间的信赖关系。
也许是牵强附会,但我觉得,
和湖山的医院设施经营很像。
迄今为止,每艘船都是独立航行。
我一个人是不可能完成管理和下指示的。
医院设施各自独立经营。
看天行事,也就是解读国家政策,风暴,竞争对手的布阵,然后决定航线。
这可能与冬季登山相似。
即使遭遇风雪,即使被疫情风暴袭击,也要让登山队平安下山。
而且,各船不能随意地决定航线。
受财政问题和肺炎疫情影响。
重新强化大舰队单元的运行。
同时,强化湖山集团的医疗、介护、生活的网络经营。
我认为在湖山集团全舰队的协力下,我们正迎来联合运行的时代。
尽管如此,我依然担心很多医疗介护设施疲敝不堪,面临倒闭。
湖山集团的船一艘都不会沉。
我不会让大家触礁。
否则就不可能拯救其他的船。
就没有拯救他人的资格。

2)日文【11月20日】列車から船へ、艦隊へ

病院会に入った頃、最初の印象は、病院は列車だなと思った。
強力なリーダーシップのある、理事長院長が一人で列車を牽引している。
エンジンは、先頭列車のみ、後ろの列車は引っ張ってもらっている。
特定の地域の線路を回る。
大勢の乗客を乗せる。
理事長は医療法人の持分を持つオーナー。
院長は病院開設者として認可を持つ医師。
診療は医師の専権行為。
つまり、医師の理事長院長の立場は、法律で守られた絶対権限者。
普通の会社組織と違う。
それだけ、責任も重い。
でも、人格者ばかりではない。
海の向こうの大統領みたいな人も、いないわけではない。
私は子供の時から、海洋もの漫画、映画が好き。
特に、潜水艦ものは外せない。
隠密潜航、沈没したら全乗組員の命が犠牲になる。
暗黒の深海での目に見えない同志での、知的戦闘。
将棋や碁みたいに、相手の考え、次の手を読んで、自分の手を打つ。
相手とは、国の政策である。
緊張の連続。
戦略と戦術の探り合い。
実は、宇宙船同士の戦いも同じ設定。
だから、映画で戦闘する宇宙戦艦は、宇宙空軍ではなく、海軍、NAVY。
何光年もの長い長いワープの旅をするのですから。
艦長のリーダーシップと、運命を共にする乗組員との信頼関係。
牽強付会かもしれないが、似ていると思った。
湖山の病院施設経営と。
今までは、船ごとの独立航行。
私一人で差配、指示出来るわけがない。
個々の病院施設で独立して、経営運営している。
天候、つまり、国の政策、嵐、ライバルの布陣を読んで、航路を決める。
冬山登山にも似ているかもしれない。
雪ならず、コロナの嵐に襲われても、登山隊を無事下山させなければならない。
そして、各船が好き勝手に、船旅航路を決めらる状況ではなくなった。
財政問題とコロナ。
新たに、大艦隊単位の運行を強める。
更に、湖山Gの医療・介護・生活のネットワーク経営を強める。
湖山G全艦隊の協力による、連携した運行の時代を迎えたと思う。
それでも、医療介護施設の多くが疲弊し、倒産するのではないかと心配している。
湖山Gの船は一隻とも、沈めない。
座礁させない。
そうでなければ、他の船を救う事など、出来るわけがない。
救う資格がない。

3)解説【11月20日】列車から船へ、艦隊へ

コロナで医療介護事業は大きな挑戦に直面しています。
そこで、代表は各施設が連携して運行しなければならないとおっしゃいました。
さらに、病院を艦隊に譬えて、各施設の一体性を強調しています。
そうすれば、全員一緒にコロナの嵐に対抗していけば、湖山艦隊は必ずや一隻とも沈まないし、
他の船をも救うことができるはずです。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章