【9月5日】日記


南极之冰/南極の氷

alt text

1)中文【9月5日】南极之冰


为什么要在南极建造基地,并且派遣越冬队呢。
(因为)世界各地的学者都前往那里。
进行臭氧层破洞研究。
极光研究。
回国之后,越冬队长说道,
山丘那边有强烈的刺鼻气味,那是企鹅族群。
不像是漫画中看到的那样可爱的动物。
躺在南极大地上望着极光,所有烦心事都会烟消云散。
感慨时光无限,不会腻烦。
还带着浓缩的威士忌,可以尽情畅饮。
为了研究,在大地冰河中钻一个十几米深的冰洞,用于开采冰。
把那些冰和雪用来兑浓缩的威士忌。
冰融化时,会发出空气裂开的滋滋滋的声音。
地下深层冰被冰的重量压缩,空气会被封锁在其中。
那空气是地球几万年以前的空气。
把琥珀色的瓶装威士忌拉到眼前,紧盯着其中气泡迸破。
把装有威士忌的玻璃杯靠近嘴边,用鼻子嗅着空中的香气。
因能感到与远古臭氧的羁绊,十分开心。
心中感觉像是时光穿梭回到了几万年前的地球一样。
那个队长去过南极5次。
因为是长期的合宿研究生活,队员间的人际关系不好协调。
多有争吵。
出发前,做了性格测试,与真实状态一样。
对小组配合很有用。
因没有社会生活的杂事,会有过度劳动的问题。
队员中年轻的,年长的都有。
家里给寄的信送到了基地。
新婚者,每月都有信,结婚时年越长信就越少。
队长给予自己的信最少。
银座的酒吧中,有一段时间很流行用南极的冰来兑酒。
只有男性才能感受到,冰融化后的气泡中带有的浪漫。

2)日文【9月5日】南極の氷

何故、南極に基地まで作って、大勢の越冬隊を派遣するのか。
世界中から、学者がこぞって行く。
オゾン・ホールの研究。
オーロラの研究。
帰国した、越冬隊長の話。
丘の向こうから、すごい匂いがしたら、それはペンギンの群れ。
アニメで見るほどの可愛い動物ではないらしい。
南極の大地に寝そべり、オーロラを見ていると全ての嫌な事を忘れる。
無限の時間を感じ、飽きる事はない。
濃縮のウイスキーを持ち込んでいるので、酒に不自由はない。
研究用に、大地氷河に何十メートルもボーリングして、氷を採取する。
その氷と雪で水割りを作る。
氷が溶けると、プチプチと空気が弾ける音がする。
地下深くの氷は氷の重みで圧縮され、空気が閉じ込めれられている。
その空気は何万年も前の地球の空気。
琥珀色のグラスのウイスキーを目元に引き寄せ、泡が弾けていくのをじっと見つめる。
グラスを口元に寄せ、鼻で大気の香りを嗅ぐ。
心持ち、太古のオゾンのよすがを楽しむ。
心は、何万年も前の地球にタイムスリップする。
その隊長は5回南極に行った。
長い合宿研究生活なので、隊員の人間関係は難しい。
喧嘩も多い。
出発前に、性格テストをしておくが、これは的面に当たる。
チームの組み合わせに実に役立った。
社会生活の雑事がないので、働きすぎるのが、問題。
隊員は、若い者から年配者まで、いる。
家族からの手紙が、基地まで届く。
新婚者には、毎月のように届くが、結婚歴が長くなる程手紙は少なくなる。
隊長の自分への便りが一番少なかった。
銀座のバーで、南極の氷の水割りが流行った時代があった。
溶ける氷の泡にロマンを感じるのは、男だけだ。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章