【9月3日】日記


日本号直升机医疗母舰/ヘリコプター医療空母日本号

alt text

1)中文【9月3日】日本号直升机医疗母舰


为应对新冠疫情,日本政府开始考虑引进医院船。
我在东日本大地震时,就根据自己的经历认为日本尤其需要医院船。
如果首都圈发生大地震的话,只能从东京湾抢险。
到时候陆路全部都会堵塞。
针对民间的志愿直升飞机救援团体,也有一定的扶持。
但是,东京几乎没有能让直升飞机降落的地方。
即使在紧急时刻,每次起降都需要管制局的许可。
虽说打电话也可以,但地震后是不可能打得通电话的。
我知道这是军事需要,所以没有办法。
这样的话,只能依靠海路了。
提前向各县配置好旧客船,或者把集装箱改成病房的集装箱船。
不管哪个县发生灾害,都能从全国各县出发去救援。
让灾民和伤病员乘船之后,回到各县基地所在的港口。
规模庞大的东京难民,只能分散到全国各县进行救援。
这么多人即使是逃到邻县,也根本照顾不过来。
所以必须分散住进全国各地的医院里。
我写过医院船的方案书,给几位政治家看过。
虽然已经走到了成立“医院船议员联盟”这一步,但是由于费用太高,没能实现。
当时计划建造两艘价值200亿日元的新船。
也只不过是太平洋和日本海各配置一艘。
当然,我们也想要一艘能体现日本最先进造船、科学、医疗技术的顶尖医院船。
无论是海外发生灾情,还是参与联合国的活动,都能够举起国旗,向世界展示日本的贡献。
无论是交战地区还是传染病地带,都可以从海上安全地带直接派遣救援队乘坐直升飞机前往。
现阶段只要一艘抗击新冠疫情的医院船就足够了。
哪怕是改造一艘旧船也有必要。
为了那一天,我已经取得了1级船长的资格证。
在日本领海外也可以开船。
到现在还没有发生过事故。
因为我取得驾照后,一次也没有驾驶过。
所以在海上航行的轮船不用害怕我。

2)日文【9月3日】ヘリコプター医療空母日本号

国はコロナ対策として、病院船の導入の検討に入った。
私は東日本大震災の時の経験から、日本にこそ、病院船が必要と思いたった。
首都圏大震災が起きたら、東京湾からしか、救出できない。
陸路は全て閉ざされる。
民間ボランティアのヘリコプター の救援組織の設立支援もした。
でも、東京は、ヘリコプターの降りれる場所がほとんどない。
非常時でも、発着毎に管制局の許可がいる。
電話でも良いと言われたが、地震後に電話が通じるわけがない。
国防上しかたがないのはわかるが。
すると、頼りは海路しかない。
各県に、古い客船や、病室に改造したコンテナを乗せたコンテナ船を配船しておく。
どの県で災害が有っても、全県から救援に行く。
被災民、病人を乗船させたら、基地のある各県の港に戻る。
莫大な東京難民は、全国各県で分散して救援するしかない。
隣県に逃げ伸びても、面倒見きれない。
全国の病院施設で受け入れなければ。
病院船趣意書を書いて、何人かの政治家に見せた。
病院船議連までは、できたのだが、費用がかかりすぎると、実現しなかった。
200億円の新造船を2隻作る案だったからだ。
太平洋と日本海に1隻ずつ配置するというのだが。
勿論、日本の造船技術、科学、医療の最先端を体現する最新鋭艦も欲しい。
海外の災害地にも、国連活動にも、日章旗を掲げて、世界に日本の貢献活動を見て貰いたい。
戦争紛争地域でも、感染症地帯でも、安全な洋上からヘリコプターで救援隊が行ける。
今はまず、コロナ病院船で、結構。
古い改造船でも必要。
その日の為に、私は1級船長の免許を取得しました。
日本領海外にも操船できます。
未だ無事故です。
免許取得後、一度も、操船した事がありませんから。
航海中の各船、ご安心ください。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章