【9月19日】日記


沉默的声音/沈黙の音

alt text

1)中文【9月19日】沉默的声音


十年前,我去看了年轻新人导演的新作品。
是一部温暖人心的电视剧,以东北荒村的一所受文部科学省资助的废弃学校为舞台。
镜头从山村天空中流动的云开始逐渐降回地面。
积雪的大地。
雪地上残留着行人的足迹,一步一步向前延伸。
没有声音。十分寂静。
足迹一步一步地、慢慢地延伸。
虽然只有两分钟的画面,但感受到了无限的寂静。
期间开始感到不安,不知为何无法冷静。
人的大脑无法忍受无声、完全的黑暗和无触觉。
如果这种状态持续下去,就会看到幻觉。
在黑暗中打坐也会引发相同的生理现象,会进行冥想。
科幻作家迈克尔·克莱顿每天都会进入像棺材一样阻断五感的箱子里进行冥想。
在冥想中,似乎产生了新的感觉和想法。
虽然我洗个澡就足够。
我问那位年轻导演,为什么没有在电影的开头加入音乐?
他回答说,他想用完全的无声表现雪景大地的寂静。
但是,无声会让人不安。
我以为是音响出了故障,一直在调整音量。
在电影中,用刚拍摄的胶卷配上背景音乐,让人看得入神。
看了无声的影像,什么也感觉不到。
就像吃着没有味道的菜一样肃然无味。
电影有台词和环境音,才能打动观众的心。
比起无声电影,广播剧更能打动人心。
让人感动。让人哭泣。引人发笑。
在无限的宇宙中飞行的宇宙飞船。
完全没有热量和声音的无限宇宙。
虽然表现成这样,其实也有人耳听不到的低音或高音发出。
只有这样,才能感受到寂静无声的死亡宇宙。
即使什么都没有,也用星光和高低音表现,这就是电影技法。
单口相声也好,戏剧也好,比起过剩的语言、台词,都是在沉默中表现出来的。
沉默的声音。
比起说些什么,有时什么都不说更重要。
我内心的沉默到底在说什么呢?

2)日文【9月19日】沈黙の音

10年前、新人若手監督の新作を観た。
文科省の補助金をもらい、東北寒村の廃校を舞台に、心温まる人間ドラマ。
山村の雲の流れる空から、次第にカメラは大地に降りてくる。
雪の積もった大地。
雪の大地に、人の足跡が一歩一歩、残されて行く。
無音のまま。静寂のまま。
足跡が一歩一歩。ゆっくりと。
2分くらいだったが、無限の静寂の様に感じた。
その間、不安になり、何故か落ち着かない。
人間の脳は、無音、完全な暗黒、皮膚の無感覚に耐えられない。
その状態が続くと、やがて、幻想を観る様になる。
暗闇での座禅は同様な生理的現象を誘引して、瞑想する。
SF作家マイケル・クライトンは棺桶みたいな感覚遮断ボックスに入って、瞑想するのが日課だった。
瞑想の中に、新しい感覚、発想が生まれるらしい。
私は風呂で十分だが。
その若手監督に、何故、冒頭シーンに音楽を入れなかったのかと聞いた。
雪景色の大地の静けさを、完全な無音で表現したかったのだと、答えた。
でも、無音は不安になる。
音響の故障かと思って、ボリュームをいじったよ。
映画では、撮影したばかりのフイルムにBGMを入れるて観るのを、絵が立つと言う。
音無の映像を観ても、何も感じない。
味のない料理を食べている様に味気ない。
映画は、セリフや、環境音があって、観る人の心を動かす。
サイレントムービーよりも、ラジオドラマの方が、心を動かす。
感動する。泣ける。笑える。
無限の宇宙を行く宇宙船。
熱も音も全く無い無限の宇宙。
それを表現するにも、実は耳に聞こえない位の低音か高音の音が流れている。
そうして、初めて、音の無い静寂の死の宇宙を感じられるのだ。
無もまた、星の光と超高低音で表現するのが、映画技法だ。
落語も、演劇も過剰な言葉、セリフよりも、沈黙の間で、表現する。
沈黙の音。
何を言うかよりも、何を言わないかの方が大事な事の時もある。
私の心の沈黙は何を語っているのだろう。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章