【9月6日】日記


时光穿越式读书/タイムスリップ型読書

alt text

1)中文【9月6日】时光穿越式读书


读多少书呢?
多是周末的时候一起读,平均每天2本左右。
从周五晚上开始,到周一早上,有时能读10本书。
拉着窗帘,缩在床上,因此无法辨别昼夜。
有时看到窗前微微的光亮,系上领带,却说是周日的晚上。
把白天和晚上弄错了呢。
为了读书方便,在床上放了一个靠垫。
就那样坐着睡着了,第二天早上起来脖子会疼,因此每天早上都要坚持锻炼颈部。
一直开着电视。新闻在不停播放。
小时候,一直开着FM收音机听音乐,现在则一直放着录像电影。
过去,这种人被称作“一心二用”族。
现在,应该是叫做同时段处理能力或是并列处理效率。
书也一样,困的时候堆在床上,换本别的书来看。
同时读着几本不同领域的书。
精装历史书、经营类的书。
软皮装的社会评论,心理学的书。
几乎所有新版本
(汇集成)杂读,杂学的人生。
曾想过上书评家的生活,但是完全不合适。
我读书好像不是为了正确理解书中的世界。
读着读着,就会从中产生其他思考,不禁会去到别的世界。
特别是小说,对书中人物投入感情之前,会空想到别的故事。
自己的意识经常是多维宇宙,平行宇宙同时存在的吧。
同时拥有多个设施,多个问题,多个事件同时进行。
从经营的角度来说,这是当然的。
作为经营者,要具备必要的能力啊。
个别事务负责人会因此感到困惑。
没有持续性的思考业务处理能力是不行的。
工作顺序讲究的是安排计划。
一步一步积累上升,和爬山一样。
事业完成后仿佛登顶一般。
设施开设有30年了,保险制度也改变了,有些工作必须要有新服务,替换新的建筑设备。
接下来是下坡路。
登山的话,上山容易下山难。
(下山时)一边观测气候变化,一边一步一步踩实。
还是一口气往上跑,会心情愉快。
我在会议上,在听A法人的报告,同时B法人也会浮现于脑海中。
A设施出现了这样的问题,B应该也是一样的。
但是,B现在这样的处理方式岂不是来不及了吗。
因为会这样联想,有时会对不上与职员的谈话。
B设施的责任人多数情况会说我们没问题的,轻视问题。
因为只有我进行信息穿越或是时间穿越,并不是大家的错误。
也不是我的错。
如果不那样的话,就没办法进行经营预测。
就像看了天气预报的话,就会知道台风的路线一样。

2)日文【9月6日】タイムスリップ型読書

どれ位本を読むのですか?
週末にまとめて読むことが多いのですが、日に2冊位です。
金曜日の夜から、月曜日の朝まで、10冊位読む時があります。
カーテンを閉めて、ベットに潜んでいますので、昼夜の区別がつかなくなります。
窓の薄明かりを見て、ネクタイを絞めたら、日曜日の夜だったと言う事がありました。
夕日と朝日を間違えたのですね。
ベットには、読書用に半身起きる位のクッションが置いてあります。
そのまま、寝てしまうので、翌朝首が痛く、首の体操が朝の日課です。
テレビも付けっぱなしです。ニュースが流れています。
子供の時は、FMラジオで音楽を、今は録画した映画をつけっぱなし。
昔は、ナガラ族と言われました。
今は、同時処理能力、並列処理作業とでも呼ぶのでしょうか。
本も、眠くなると床に積んだ次の本に変えます。
何冊も分野違いの本を同時並行で読みます。
ハードカバーの歴史、経営の本。
ソフトカバーの社会評論、心理学の本。
新書版の新刊ほぼ全て。
雑読、雑学の人生です。
書評家が理想の人生でしたが、全く不向きでした。
私が読書するのは、その世界を正しく理解する為ではないらしいのです。
読みながら、そこから、触発された別の考え、別の世界に行ってしまうのです。
特に小説は、登場人物に感情移入する前に、別のストーリーを空想してしまいます。
自分の意識は常にパラレルワールド、並行宇宙に同時存在しているのでしょう。
多数の施設、多数の問題を同時に抱え、多数の案件を同時に進めています。
経営として、当然です。
経営者として、必要な能力でもありましょう。
個別の事業責任者はこうでは、困ります。
継続的思考業務処理でなくてはなりません。
仕事の順番、段取りが大事。
一歩一歩積み上げて、山を登ります。
事業の完成は登頂でもあります。
施設開設後、30年も経ち、保険制度も変わり、新しいサービス、新しい建築設備で建て替えなければならない事業も出てきました。
今度は下山の道です。
登山は上りよりも、下りの方が危険です。
天候の変化を読みながら、足元一歩一歩確実に。
一気に駆け上る方が、気持ちは楽です。
私は、会議でも、A法人の報告を聞いている時、同時にB法人が頭の片隅のスクリーンに写ります。
Aだったら、こう言う問題が起きたが、Bでも同様なはずだ。
でも、Bは今から、こうすれば、対処が間に合うのではないか。
こんな風に思考が飛ぶので、職員と会話が噛み合わない事があります。
Bの責任者は、まだ、うちは大丈夫とタカを括っている場合が多いのです。
私だけ、テレポートかタイムスリップしているわけですから、皆さんのせいではありません。
私のせいでも、ないのですが。
そうでなければ、先の天候を読む経営にはなりません。
天気予報を観れば、台風のコースは解りますが。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章