【9月7日】日記


速读——印象派读书/速読は印象派読書

alt text

1)中文【9月7日】速读——印象派读书


小学时代,迷恋过速读方法。
当时二手书店,有很多速读法、记忆术、速记技巧的书籍。
每一本都很旧、很脏,看看其中的笔记,并不觉得那个读者头脑聪明。
也不觉得会变为成功人士。
但是,买入了那本书,勤奋练习。
原本,想读的书堆积成山,明明才是小学生,竟然要靠着咖啡直到在桌子上睡着,都离不开书。
上厕所时、洗澡时、上下学往返3小时都要读书。
不出意外,果然变成了近视眼。
所谓速读,看一行只需要上下动动眼睛。
不能一个字一个字地读。
也不能一个词一个词地读。
英语就要按照英语的意思来理解,不能逐词转换意思。
也就是说,像是看风景一样,一瞬间,就要理解整体。
就像是理解古典乐或是印象派的风景画。
不是数学公式,而是类似几何问题。
不是数字表格,而是像看图理解一样。
把同一个作者的所有书都读过后,新作的三分之一不过是写过的内容翻版。
整体读过一位作者的书后就会明白这个道理。
即便是著作数十册的人,创新也为数不多。
使用比喻,自始至终有很多地方都是引用他人学说或是进行解说。
将关注的作者的书全部读过后,就能领悟到他每年的思考变化。
即使是时代的预言者,也不会猜中。
很少有学者、评论家会反思自己为什么会犯错,进行坦率的分析和反省。
请在第二年整体看看前一年图书馆里评论月刊杂志的目录吧。
那个时代,那个月的新闻现在变得如何了呢?
请试着想想,还没有被忘记吗,持续引人注目吗?
比起书中个别知识,我对作者的头脑、体验、人生更感兴趣。
有些事是自己年龄大了才开始接受的。
如果将思考比作游泳,读书就是在他人脑海中畅游。
通过速读,没办法仔细领悟书中内容。
如果是为了学习,有必要读上7次。
我会忘记个别内容,应该是为了给自己的思考理论库增添一点内容才翻书吧。
有一位爱读书的经济家,曾说报纸不是用来读的,是用来一览时代的。
读书不是目的,只是手段。
对我而言,像是听交响乐,是一种大脑按摩、放松、知识探宝。
但是,我认为人生只是那样也好。

2)日文【9月7日】速読は印象派読書

小学生の頃に、はまったものに速読術があります。
当時古本屋さんには、速読術、記憶術、速記のノウハウ本が沢山ありました。
どれも、古く、汚く、書き込みを見ると、読者は頭が良さそうには思えません。
成功者になったとも思えません。
でも、その手の本を買い込み、練習に励みました。
もともと、読みたい本が山のようにあり、小学生のくせにコーヒーで机で寝込むまで、本にかじりついていました。
トイレも風呂も、往復3時間の通学も読書。
おかげで、確実に近眼になりました。
速読は、一行を上下2回の目の動きで見ます。
1字1字読んではいけません。
単語単語で読んではいけません。
英語を英語のまま意味を理解するように、逐語転換してはいけません。
つまり、風景を観るように、一瞬で、全体を理解するのです。
クラシック音楽や、印象派の風景画を理解するように。
数式ではなく、幾何の問題のように。
数字の表ではなく、グラフを見て理解するように。
同じ著者の本を全て読むと、新著も内容の3割は、既に書かれて来た事の焼き直しです。
著者の本をまとめて読むとよくわかります。
何十冊著書のある人でも、オリジナルはわずかです。
比喩を使った、他人の学説主張の牽引と解説に終始している箇所が多いのです。
関心のある著者の本を全部読んで行くと、年々の思考の変化が読み取れます。
時代の先読みをしても、当たりません。
何故自分は間違ったかと、正直に分析反省し、次の分析をする学者、評論家は稀です。
評論月刊誌は、一年遅れでまとめて、図書館で目次を見てください。
その時代、その月のニュースが今どうなっているか。
もう、忘れらていないか、当時の注目が継続しているか、考えてみてください。
本の個別の知識よりも、著者の頭脳、体験、人生そのものに関心を持ちます。
自分が老いて初めて納得できる事象もあります。
思考が水泳だとすれば、読書は他人の頭脳の海に飛び込む事です。
速読では、十分に本の内容を咀嚼できません。
勉強の為ならば、7回読む必要があります。
私は、個別の内容を忘れて、自分思考理論のデータを増やす為に本をめくっているのでしょう。
読書家の財界人が、新聞は読むものではなく、スキャンして時代を知るものだと言っていました。
読書は目的ではなく、手段。
私にとっては、交響曲を聴くような、頭のマッサージ、リラクゼーション、知識の宝物探しです。
でも、人生、それだけで終わっても良いと思います。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章