【9月13日】日記


順天堂創設記念日/順天堂創設記念日

alt text

1)中文【9月13日】順天堂創設記念日


1843年9月13日,兰学者佐藤泰然创设了医院兼兰医学堂“顺天堂”。
1955年4月16日,湖山泰成出生于顺天堂医院。
现在,担任顺天堂大学的客座教授。
不叫顺天堂“病院”而叫顺天堂“医院”应该是继承了开设之初的名称。
梅奥诊所也是综合医院,但却称作“诊所”。
这是偶然。
今天是父亲,原湖山圣道理事长的忌辰。
一周年忌。
追随故人遗志,不举办任何仪式典礼。
每每收到同学去世的通知,总会觉得父亲看得长远。
不能给湖山集团13000名员工徒增麻烦。
救人性命的工作需要24小时,365天时刻在守。
连一天也不能休息。
这是大年三十正月里每天都坚守急救医院的医生的心声。
葬礼是为了让遗属整顿心情。
遗属们认真准备一周年忌也是为了得到社会认可而举办的吧。
“不必举办”这样的遗言也是很苛刻的。
37年前,父亲担任理事长·院长。
我作为常务理事,创设了湖山医疗福祉集团,一直经营下来。
一系列的股份公司也是我创设的。
虽不像《父子鹰》中描述的那样帅气,但我们两人也是友好地相互扶持走到今天。
印象中很少有父子之间的谈话。
无论何时都是关于湖山集团经营的谈话。
父亲充满了对医疗的责任感和担心。
儿子充满了对未来的理想。
两人都没有担忧过自己老去后的生活。
虽不像齿轮或是两个车轮那样配合效率之高,但也没有什么冲突。
我认为这是因为医疗和经营是完全分开的。
现在,湖山集团有600艘船在日本这片海上航行。
我的工作是培养支持这600位船长和1000人副船长,我深感这是父亲委托给我的重任。
从仅是支持父亲医疗事业开始,变成可以支撑湖山集团全体员工的经营。
给积极向上和道德水平高的职员一个成长的机会。
将职员教育放在第一位。
理所当然的事情也认真坚持。
只是,父亲晚年时常对我说,不要勉强,快乐起来。
分别之时也说了几次。
冬季登山时,领队是殿后的。
为了从后方确认全体队员的安全。
但是,风雪激烈,看不到前路时,领队会走在最前面。
经验最丰富的登山者,手脚和脸一定会冻伤。
从今往后,若是进入冬季登山时代,我也做好了准备。

2)日文【9月13日】順天堂創設記念日

1843年9月13日 蘭学者佐藤泰然が、病院兼蘭医学塾「順天堂」を創設した。
1955年4月16日 湖山泰成が順天堂医院にて生まれた。
現在、順天堂大学の客員教授を勤める。
順天堂病院ではなく、順天堂医院と言うのも開設当初の名称医院を引継いだからでしょう。
メイヨー・クリニックも大病院ですが、クリニックと称しています。
偶然です。
今日が、父故湖山聖道理事長の命日。
一周忌になります。
故人の遺志に従い、式典も何も致しません。
同窓生が、亡くなった通知が来る度に、父は達観して来た様です。
湖山13000人の職員にも迷惑をかけてはいけない。
命を救ける仕事は24時間365日。
1日と言えども休めない。
大晦日も正月も毎日救急病院に通っていた医師の気持ちです。
葬式は遺族が心の整理をする為。
一周忌も、残された者達がしっかり継承していると、社会に納得してもらう為の儀式でしょう。
あえてしない、と言うのもかなり厳しい遺言です。
37年前に、父が理事長・院長。
私が常務理事として、湖山医療福祉グループを創設し、経営をして来ました。
株式会社系も小生が、創業社主です。
父子鷹と言う程カッコ良くは有りませんでしたが、仲良く助け合って人生を送って来ました。
2人の親子としての会話の記憶は殆ど有りません。
何時も湖山グループの経営のことばかりです。
父は、医療の責任と心配ばかり。
子は、未来の夢ばかりです。
2人とも自分の老後の心配は全くしてませんでしたね。
歯車とか両輪とか言う程には上手く効率よくは有りませんでしたが、ぶつかる事もありませんでした。
医療と経営と完全に分離していたからだと思います。
湖山は今、600隻の船が日本中の海で航海をしています。
私は600人の艦長と1000人の副艦長を、育て支える事が、父から託された仕事だと覚悟しています。
父の医療を支える経営から、湖山グループ全職員に使える経営となりました。
向上心と倫理観の高い職員に成長の機会を作る。
職員教育を第一とする。
当たり前の事を、真面目に継続する。
ただ、父からは晩年には、無理をするな、楽になれよ。
と、別れ際に何時も言われました。
冬山登山では、リーダーは最後尾を歩きます。
後ろから全メンバーの安全を確認する為です。
でも、吹雪が激しくなり、進路が見えなくなると、リーダーがトップを歩きます。
1番豊富な経験者である事と、必ず手足と顔が凍傷になるからです。
これから、冬山登山の時代になるのであれば、私はその覚悟で臨みます。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章