【9月23日】日記


重头审视/足元から見直す

alt text

1)中文【9月23日】重头审视


到了“后”疫情时代,生活变得以家庭为中心。
明明已经住了40多年,却像在自己父母家过着借住生活。
自己过着只用2层的卧室和浴室的寄宿者的生活。
现在,作为房主的双亲不在了,物品整理了一间又一间,整理出了家庭的回忆。
母亲7年前去世了,父亲1年前去世了。
只要待在这个家里,就能感受到仿佛是孩童时代,双亲还在我身边。
不知该说是被思念包围,还是该说深陷回忆无法自拔。
母亲虽不善于交际,却是一位很开朗的人。
周末,妈妈除了会夫妇同去打高尔夫,就喜欢待在家中一整天,很享受做家务的快乐。
常常说,
不擅长做饭,喜欢洗衣服。
喜欢在能够看到新宿的高楼大厦的屋顶上晾衣服。
或许也是因为在屋顶放了一个可以练习高尔夫的球网。
我休息的时候,一整天都泡在美术馆、电影院、图书馆,因此对家中的事情毫不关心。
后来屋顶视线变得不好了,就拜托园林师傅负责院子的栽种、砍伐。
砍了两棵长到2层楼高的松树,便能看见附近公园里的绿植了。
也能看到接球和做体操的老人们。
还能听到附近大企业的家庭宿舍传来的孩子们的喊叫声。
像是软监狱的自家中看到的风景和在电视剧中看到的世界街角是一样的。
由于打扫房间很麻烦,就在2层放了一个清扫机器人。
回家后,机器人有时候会在被卡在椅子或是浴室门扇出不来,便把他们解救出来。
或者在特养老人院的清扫机器人上放上人偶,有时会像宠物一样。
为了运动,虽然想应该像高野山的禅寺那样,自己动手清洁地板。
但母亲很喜欢索尼的机器人宠物狗。
如果要养活生生的生物,有孩子就够了。
整理了父亲的书斋,将家庭相册都放在书架上了。
有很多与父亲同年级的教授的回想录。
在银座总部制作了父亲的纪念书架,将其和遗物一起装饰书架。
为了增强家中警备,装了很多监控器。
自那以后,白天也会响起几次警报。
但是,看了看监控画面,什么也没有。
是灵魂吗,虽然我希望是父亲的灵魂,但其实好像是野猫。
虽然被雷达检测到了,但是行动敏捷,没有被监控拍到。
院子的一角,墙的内侧,有土层松动的地方。
那里好像就是野猫隐秘的住处。
还没看见过那只猫,是陌生的同居者。
特别是下雨的时候,雷达会频繁响起。
以前没有注意过周围或是脚下。
目光全部放在遥远的新建设施上了。
东京是危险警报器。
在东京发生的事件马上也会扩散到全国。
虽然我常常对职员这样说,
但我也在反省我说这句话的时候究竟有没有好好观察过东京。
地方的河流流速缓慢,到了东京也会变成急流。
必须将东京这艘船像新造船那样增强,提高性能。
现在尽量不去其他县旅游。
不如说,这是和东京的湖山职员见面的机会。
感觉反而和身边的家人有些疏远。
今天是四连休结束的第一天,去医院参加早会。
医院的翻新改造即将启动。
这也正是因为有全国现场工作人员的支援。
真的很高兴能见到大家在湖山集团朝气蓬勃的样子。
这个季度也已过去一半。

2)日文【9月23日】足元から見直す

アフターコロナの世紀になって、生活が自宅中心になった。
もう、40年以上暮らしているのに、実家に間借りしているような生活だった。
自分は、2階の寝室と風呂場以外使わない下宿人生活だった。
今は主人の両親がいなくなり、一部屋一部屋荷物を整理して、家族の思い出を整理している。
7年前に母が亡くなり、1年前に父が亡くなった。
この家にいると、子供時代の様に、両親が身近にいるような気がする。
思い出に未だ囲まれていると言うべきか、囚われていると言うべきか。
母は明るい人だったが、外交的ではなかった。
週末、夫婦でゴルフに行く以外は、自宅が好きで、1日中、家事をするのが楽しそうだった。
料理は得意ではない、洗濯は好き。
とよく言っていた。
新宿の高層ビルが見える屋上で洗濯物を干すのが好きだった。
ゴルフ練習用ネットを置いてあった事も理由の一つだったかもしれないが。
私は、休みは、一日中、美術館、映画館、図書館に入り浸っていたので、家の事には全く無関心だった。
そうも言っていられなくなり、庭の植栽も植木屋さんにお願いして伐採した。
2階迄伸びた、松の木を2本切って、隣の小さな公園の緑を見えるようにした。
ゲートボールと体操をする老人達。
隣の大企業の家族寮からくる、子供達の叫声。
優しい刑務所の蟄居自宅から見る風景は、テレビで観る世界の街角と同じ。
部屋の掃除が面倒なので、2階にルンバを置いた。
帰ってくると、時々、椅子や風呂場の扉に捕まって往生しているのを救出する。
老人ホームでルンバの上に人形をおいて、ペットみたいにしているところがあるとか。
運動の為に高野山の禅寺みたいに、自分で床の雑巾掛けをすべきだと思うのだが。
母はソニーのアイボを可愛がっていた。
本物の生き物は、子供だけで懲り懲りしたのだろう。
父の書斎を片付けて、家族のアルバムを書棚にまとめた。
父の同期の教授の回想録が多数あった。
銀座本部に父の記念本棚を作り、遺品と一緒に飾った。
自宅警備の為に、テレビカメラを多数つけた。
そしたら、昼間に何回も警報が鳴る。
でも、画像を見ても何も写っていない。
人魂か、父の霊かと思ったが、どうも、猫らしい。
レーダーには引っかかるのだが、素早くてテレビに映らないのだ。
庭の一角、塀の内側に、土が柔らかくなっている場所があった。
そこが、猫の隠れ家になっているらしい。
まだ、顔も見た事のない、見知らぬ同居人。
特に雨が降り出すと、レーダーが頻繁になり出す。
身の回り、足下を見ていなかった。
遠くの新しい施設ばかりに目が行っていた。
東京は炭鉱のカナリア。
東京で起きた事はやがて全国に広まる。
と職員に良く言う私だが。
その東京を本当に見ていたのか反省している。
地方の川の流れは緩慢でも、東京は激流になりそう。
東京の船を新造船のように補強し、性能を上げなければ。
他県への旅はまだ、控えている。
むしろ、東京の湖山のスタッフに会うチャンス。
身近な家族と疎遠だったと気がついた。
連休明けの今朝は、病院の朝礼に出る。
新しい病院に建て替えるプロジェクトが動き出す。
これも、全国の現場スタッフが応援してくれるからだ。
生きた湖山の皆さんの顔に会えるのは、本当に嬉しい。
もう、今期の半分が終わる。
用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章