【9月17日】日記


拂晓前的报纸/夜明け前の新聞

alt text

1)中文【9月17日】拂晓前的报纸


这是很久以前在湖山care研修会上发表的一件事。
富士山山麓的看护设施。
在天亮之前,刚过4点,每天早上有一位居住者会外出。
虽有认知症,从职员通用门进行职员换班的时候会看着他,每天早上都去散步。
太阳快要升起的时候就回来了。
看护人员虽然想要阻止,但试着悄悄跟着他看看他会去哪。
于是发现,他去了附近的高台,一直看着日出。
太阳升起来的时候满脸微笑仿佛很满足,之后又回到设施。
应该没有什么问题,所以以后每天早上两人一起去看日出。
即使有认知症,每天早上还是去观日出。
记得这是让我很佩服的一件事。
这个日记也是拂晓前写的日记。
我即使患上认知症,也要继续写这些日记。
即使无人阅读,即使写得不知所然。
即使那样,也想让其作为电子信息通过网络在世界中传递。
在天变亮的时候,发送邮件。
我开始每天去看日出。
那是我每天早上的祈祷。
在写日记之前,一边看电视新闻,一边读网上的电子报纸。
找找早上的灵感。
确认必须要跟湖山集团的伙伴传达的信息。
最初,不到4点,网络版的报纸不会发布。
那个时候,在日本Rotary俱乐部听到了报纸社高层说的话。
只要过了2点,系统就可以上传报纸,但要等到4点以后才发布。
因为企业的广告负责人十分可怜。
大企业的会长、社长大家年龄都大了。
半夜就醒了。
马上会浏览那天的报纸。
如果有关于自己公司的新闻,会立即给高层的广告负责人打电话进行训话。
无论几点。
我多次看见过广告负责人来跟报纸社哭诉。
因此,报纸社替广告部的负责人着想,让他们能够安心睡到发布之前的4点为止。
我不禁笑了出来,心想这是不是真的啊。
最近3点钟的时候报纸就已经发布了。
今天报纸的一面介绍了新内阁的人员。
从上一届务实派的内阁人员依旧存在。
在小说日本沉没中,也有改造内阁的场景。
在国难面前,有必要瞒着国民与外国交涉进行救援。
当时的首相,在坚定的决心和使命感下,组建了强力务实型的内阁。
现在的日本也相当于面临国难。
(菅义伟)长年担任官方长官,现就任新首相。
不禁感叹,人总是在攀登新的山峰啊!

2)日文【9月17日】夜明け前の新聞

随分昔になるが、こやまケア研修会で発表されたケース。
富士山麓の介護施設。
夜明け前4時過ぎになると、毎朝施設1人で施設外に出て行く入居者がいた。
認知症だが、職員通用門から職員交代の頃を見計って、毎朝散歩に行く。
そして日が昇る頃になると帰ってくる。
介護スタッフは止めようとも思ったが、どこへ行くのだろうかと試しに、黙ってついて行った。
すると、近くの高台に行き、ずっと、日の出を見ていたそうだ。
日が昇ると笑顔で満足そうに施設に帰る。
問題はなさそうだと、毎朝の様に2人で日の出を見に行く事になった。
認知症であっても、毎朝の日の出を拝みに行く。
妙に感心した事を覚えている。
この日記も、夜明け前の日記。
私は認知症になっても、この日記を書いているのでは。
読む人もなく、意味もわからなくなっても。
それでもネットで世界中にデジタル情報として回っている。
日の出の明るくなる頃にメール発信している。
私も、毎朝日の出を拝む事になる。
私の毎朝の祈り。
日記を書く前には、テレビニュースを見ながら、ネットで電子新聞を読む。
朝のネタ探しになっている。
湖山の仲間に伝えなければならない情報を確認する。
当初は、4時にならないと、ネット版新聞は配信されなかった。
その頃、ロータリーで新聞社の重役の話を聞いた。
システム的には2時過ぎから配信できるのだが、4時からにした。
企業の広報担当者がかわいそうだから。
大企業の会長社長は皆年寄り。
夜中に目を覚ます。
直ぐに、その日の新聞に目を通す。
自社に関わるニュースがあれば、直ぐに広報担当重役に電話をかけて激を飛ばす。
何時であっても。
広報担当者から、新聞社に泣き言が来る事は目に見えている。
だから、配信前の4時迄は、広報も安心して寝ていられる様に配慮した。
笑ってしまったが、本当だろうなと思った。
最近は3時に、もう発信されている。
今日の1面は、新内閣の顔ぶれが発表されている。
前内閣からの、実務型閣僚の顔ぶれが揃っている。
小説日本沈没でも、内閣改造の場面がある。
国難の前に、国民に秘密で外国と救援交渉をしなければならない。
時の首相は、強い決意と使命感の下、強力実務型内閣を組閣する。
今の日本も、国難を迎えているに等しい。
長年、官房長官を務めて、新たに総理に就任する。
人は、常に、新たな山に昇り続けるものなのだなと、納得した。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章