【9月20日】日記


萝卜演员/大根役者

alt text

1)中文【9月20日】萝卜演员


最近听不到了。
在舞台上发出嘘声时使用过这种说法。
快从舞台上下来,变成萝卜泥吧。
类似这种。
小学6年级的时候,在淀川长治电影教室听过。
为什么是萝卜呢?
萝卜,可以沾染任何味道,怎样都好吃。
也就是说,无论怎样的剧本、演出都顺从。不会违抗。
据说女主演选择的搭档是个性淡薄的男子。
为了不让自己的角色被吃掉。自己看起来更显眼。
以前的日本电影。
电影的开头。镜头指向厨房的菜板。
萝卜被菜刀咚咚的切去了。
案板上的萝卜一块一块地倒下去。
每当这时,萝卜上就会出现演员的名字。
萝卜切完之后变成了黑屏。
今天上映的演员都是萝卜演员。
很幽默的说法。
虽然好笑但是也很难受。
原以为是法国电影,没想到居然有原型电影。
开头的场景是厨房,切了一大块火腿。
在那里,出现了让·保罗·贝尔蒙多等演员的名字。
是更老的演员吧。
我爱关东煮的萝卜。
萝卜充分浸透了湖山的高汤。
完全不入味的魔芋也一定要吃。
是湖山的关东煮吗?
因为配料独立突出,所以配不了咖喱和炖菜。
关东煮啊,炖牛肉。沙拉什么的。
湖山的料理终究不能成为怀石料理。
大家一起吃一大锅吧。

2)日文【9月20日】大根役者

最近は聞かなくなった。
舞台にヤジを飛ばす時に使った。
舞台から降ろして、大根おろしにしてしまえ。
みたいに。
小学校6年の時、淀川長治映画教室で聞いた。
何故、大根なのか。
大根は、どんな味にも素直に染まって、美味しい。
つまり、どんな脚本、演出にも素直に従う。逆らわない。
主演女優が相手役に選ぶ男性は、個性の薄い2枚目だそうだ。
自分の役が喰われない様に。自分の方が目立つ様に。
昔の日本映画。
映画の冒頭シーン。調理場のまな板が映る。
大根が、トントン包丁で切られていく。
まな板の大根が一枚ずつ倒れて行く。
その度に、大根に、出演者の名前が表示されて行く。
切られた後の大根がスクリーンになって。
本日上映の出演者は皆、大根役者。
ウイットに飛んでいる。
笑えるけどキツイ。
フランス映画だと思ったけど、その元ネタの映画があった。
冒頭シーンが調理場で、大きなハムを切っている。
そこに、ジャンポール・ベルモンドなどと役者名が出る。
もっと、古い役者だったかなあ。
私は、おでんの大根が大好き。
たっぷり、湖山の出汁が染み込んだ大根。
全く、味の染み込まないコンニャクも必ず食べますが。
湖山のおでんか。
具材が独立して際立っているので、カレーやシチュー迄にはならない。
おでんか、ポトフ。サラダかな。
湖山の料理は所詮、懐石にはならない。
大鍋で、全員で頂きましょう。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章