【9月30日】日記


寄予未来的乡愁/未来への郷愁

alt text

1)中文【9月30日】寄予未来的乡愁


2020年度,到今天也将结束一半了。
新冠病毒来袭还只是初战而已。
从疫苗的完成到分发完成,需要好几年的时间。
我认为继续活下去就是一切。
为此,湖山集团站出来了。
最近,管理学者和评论家使用范式转变这个词。
湖山的历史是迎合经济波动,通过事业转型成长起来的。
泡沫经济时期,就是在银座的急救医院的重建过程中,正当一切走上正轨时,泡沫破灭的。
于是,自然而然地在全国度假经济泡沫破灭后开始致力于地方创收。
具体来说,还在中山间地区开设了7个未知的老人保健设施的设施体系。
其中,最初位于新泻的老健第一号设施在城镇的要求下,转变为特养老人院。
静冈的医院,也开设了老人特殊疗养机构,之后开设了强化型的看护机构,看护疗养病床,看护医疗病床,以及恢复期康复医院。
其中,100张床位转变为诊所、康复特化型并且配备日托服务的老人院。
转眼又新建成两栋。
结合时代需求、国家的政策进行了转型。
介护保险法已成立20年了。
湖山集团的历史就是介护保险的历史。
介护保险的世界也发生了很大的变化。
虽然是财政的要求,但对新冠肺炎会有很大的帮助。
曾经上行的行业,会走下坡路。
正是在那种时候,竞争、生存才会加剧。
湖山集团初期的设施已经建成30年了,重建迫在眉睫。
恰逢日本社会范式转变的时代。
重建后的设施将与现在不同。
是大型复合设施,还是分解成便民化设施呢?
不同的地区,不同的公司法人,采取措施是不一样的。
会采取各种各样的措施吧。
我的身体开始与年龄相符,变得虚弱。
我给自己买了拐杖。
即使到了需要拐杖的年纪,也不会停止高涨的精神。
另外,对未知的、对新时代的梦想不会改变。
对未知的未来的想象,比不安更令人怀念。
新的经营方式,新湖山集团。但是,会被怀念的心情所束缚。
新的人生也是我的人生。
把这篇日记命名为寄予未来的乡愁。
今后,只刊登新冠病毒检测为阳性者的湖山集团职员。
针对顾客在入院前就已感染的情况,正在探讨应如何计数。
针对入住者,仅在机构内出现群体感染的情况下进行报告。

2)日文【9月30日】未来への郷愁

2020年度も、今日で半期を終える。
コロナ襲来はまだ、初戦でしかない。
ワクチンの完成から配布完了まで、何年もかかる。
生き続ける事が全てと思う。
その為に湖山グループがある。
最近、経営学者、評論家は、パラダイムシフトと言う言葉を使う。
湖山の歴史は経済変動に合わせて、事業転換をして成長してきた。
バブル経済の頃は、銀座の救急病院の再建中で、軌道に乗った頃には、バブル崩壊だった。
それで、自然に全国のリゾートバブル崩壊後の地方創生に乗り出した。
具体的には、まだ、未知の施設体系だった老人保健施設を中山間地に7つ開設した。
その最初の老健第1号の新潟の施設は町の要請で、特養ホームに転換した。
静岡の病院も、老人特例で開設し、その後、介護力強化型、介護療養病床、介護医療病床、そして、回復期リハビリテーション病院となった。
その内、100床は、クリニック、リハビリ特化型デイサービス併設の老人ホームに転換した。
新築2棟にして。
時代、国の政策に合わせてメタモルフォーゼして来た。
介護保険法成立して20年。
湖山Gの歴史は介護保険の歴史そのまま。
その介護保険の世界も大きく変わる。
財政の要請だが、コロナが大きく後押しをするだろう。
登り坂だった業界が、下り坂になる。
その時こそ競争、生き残りが激化する。
湖山の初期の施設が30年経ち、建て替えが迫っている。
丁度、日本社会のパラダイムシフトの時代にぶつかる。
建て替え後の施設は現状と違うものになるだろう。
複合大型施設か、分解してコンビニ化か。
地域によって、法人によって、一様ではない。
様々な取り組みとなろう。
私の肉体は年相応にフレイルとなった。
自分で杖を買った。
杖が似合う年になっても、精神の高揚は止まない。
また、未知への、新しい時代への夢は変わらない。
まだ見ぬ未来への想いは、不安よりも懐かしい。
新しい経営、新しい湖山G。だが、懐かしい想いにとらわれる。
新しい人生も、我が人生である。
未来への郷愁と名付けた。
コロナ陽性者の数を今後は、湖山の職員のみの掲載とします。
利用者については、入所前から感染したいた場合があり、どう数えるべきか検討中です。
入所者については、施設内クラスターとなった場合のみ報告します。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章