【12月27日】日記


右舵的奔驰/右ハンドルのベンツ

alt text


1)中文【12月27日】右舵的奔驰

已故圣道理事长有那个时代典型的医生的爱好。
照相机是莱卡。汽车是奔驰。
因为买不起新车,所以每次熟人换的时候,都会去买那个人的二手车。
前面的车主爱惜车子,没怎么坐过,所以双方都很乐意。
卖家也想让父亲开自己心爱的车。
但是,刚开始开奔驰的时候,不知为什么是右舵的。
把原本是左舵车硬是改装成了右舵,是面向日本特制的。
其实开车非常危险。
方向盘在右边的车,引擎在左边。
为了与右座司机的体重保持平衡。
然而,这辆奔驰的引擎和司机座位都在右侧。
也就是说,重心过于偏右。
怎么说呢,即使向右急打方向盘,也完全不会倾斜。
即使急转弯也完全稳定安全。
但另一方面,如果往左急转,就会翻倒。
太不稳定了。
在讲赛车手的漫画中,出现了一种秘密改装车,可以在每一个弯道处左右移动引擎。
我确信,这位作者绝对是开着一辆右舵的奔驰。
因为太危险了,我希望他不要这样做,但父亲说,在日本,左舵很危险。
我以为这只是单纯的借口和自我辩护。
后来,还是换成了普通的左舵车。
这样的话,他还会说什么呢?
左舵的话,上下车靠步行侧比较安全,很不错。
真是变相的自我辩护。
和抽烟的时候一样。
意外的是,父亲不是很适合当政治家吗?
因为本人毫不胆怯,打从心底相信,所以不会引起争议。
曾经有一段时间,我开着父亲送给我的右舵奔驰和左舵奔驰。
不可思议的是,两种都没有感觉驾驶不方便。
习惯了。每天开车的话。
湖山的干部也有开右舵和左舵两种车的。
泰成君两种都没问题。
因为我平时都是在中间坐着掌舵的。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16578?cat=11

2)日文【12月27日】右ハンドルのベンツ

故聖道理事長は、その時代の典型的医師の趣味。
カメラはライカ。車はベンツ。
新車は買えないから、知人が買い替えるたびに、その人の車を中古で引き取っていた。
前の乗り手が車を大事にして、あまり乗っていないので、両者が望んだ。
売り手も、大事にした愛車を父に乗ってもらいたかった。
でも、ベンツに乗り出した最初の頃は、何故か右ハンドル。
元々左ハンドルの車を無理に右ハンドルに改良した、日本向け特製。
実は運転が大変危険。
右ハンドル車は、エンジンは左にある。
右座席運転手の体重とバランスを取る為に。
ところが、このベンツはエンジンも、運転手席も右。
つまり、右重心に偏りすぎ。
どうなるかと言うと、右に急ハンドルを切っても、全く傾かない。
ヘアピンカーブをかっ飛ばしても、全く安定安全。
一方、左に切ると、ひっくり返りそうになる。
なんたる、不安定。
レーサーの漫画で、カーブ毎にエンジンを左右に移動させる秘密改造車が出てきた。
この作者は絶対、右ハンドルベンツを運転していると確信している。
危険だからやめて欲しいと思ったが、父は、日本は左ハンドルは危険だと、言っていた。
単なる言い訳、自己弁護だと思っていた。
その後、やはり、通常の左ハンドル車に変わった。
そうしたら、何を言い出すか。
左ハンドルだと、乗り降りが歩行側で安全だから、よろしいと。
なんたる変節自己弁護。
タバコの時を同じだ。
意外と、父は政治家に向いていたのではないか。
本人が悪びれもなく、心の底から信じているようなので、論議にならない。
私は、一時期、更なる父からのお下がりの右ベンツと、父の左ベンツの両方を運転していた頃がある。
不思議だが、どちらも、運転に不自由はなかった。
慣れです。毎日運転していれば。
湖山の幹部にも、右ハンドルと左ハンドルと双方の車が有ります。
泰成君は大丈夫です。
普段、真ん中の座席ハンドルで運転していますから。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52856?cat=202

3)解説【12月27日】右ハンドルのベンツ

車の右ハンドルと左ハンドルという構造の違いについて、
故聖道理事長のエピソードとご自身の体験から車の運転にはバランスが重要であることを代表の文章から初めて知り、勉強になりました。
車の話から湖山グループの舵取りの話に転じて、
代表は湖山グループの舵手として右でも左でもなく両方のコントロールが必要であると指摘しています。
代表としての責任感溢れる発想に感心しました。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16578?cat=11


用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章