【12月11日】日記


深夜2点半的报纸/深夜2時半の新聞

alt text


1)中文【12月11日】深夜2点半的报纸

在此之前,线上报纸是从凌晨4点开始发布的。
我也从4点开始通过电视新闻和iPad浏览报纸新闻。
从纸质媒体的报纸剪下来的只有书籍栏。
然而,今天却在2点半刊登了今天的报纸。
吓一跳。甚至拿起手表确认时间。
原本就听说系统可以在2点多开始发送。
要想印刷报纸,必须在1点之前校对完原稿。
所以,这个时间可以在网上发布。
但是,这样一来,企业宣传负责人
不得不从两点开始工作。
跟外务省、商社一样。
首先,作为会长、社长的老年人会先从送信时间开始读。
至少也会在半夜醒来上厕所时检查一下。
大企业(例:ZARA)的会长一般从4点、6点开始工作。
2点读了本公司的报道后,马上在深夜给宣传负责人打电话。
发出准备第二天记者会的檄文。
给秘书室长打电话。
深夜召开紧急会议。
部下无法忍受。
考虑到宣传负责人的健康,4点之前不发送报纸。
我曾问过报社的职员,得到这样的回答。
虽然感觉像是在开玩笑,但我想应该是真的。
因为我就是那个黎明起床的会长。
如果说刊登时间提前了,那就是已经意识到这种事情是不得不说的国家紧急事态了吧。
4点与其在网上看报纸,不如看电视新闻。
因此,我就不再看报纸了。
除了剪掉书评和广告之外,报纸就不看了。
新闻之间竞争的就是速度。
纸质媒体是剪报保存用,电视新闻是讲究时效。
我也保持着邮件报告、网络新闻24小时临战体制。
不是人类之间的情报战,而是肺炎感染的情报战。
是电影《天外来菌》的状态。
从那则新闻得知。
大阪和旭川进入危险状态。
从地政学的角度来看,旭川比较危险。
北海道内陆地区周边的支援体制较弱。
大阪周边的支援体制强大。
这个冬天的寒冷度也不一样。
不知道新冠病毒感染会给胎儿留下什么样的影响。
旭川只能把大饭店、旅馆改造成紧急产科医院,从全国各地寻求医疗支援。
将自卫队旭川驻屯地改造成急救产科医院,由航空自卫队从全国运送医疗支援人员。
与大地震救援体制没有区别。
难道就不能出现救助分娩母子的“雷鸟”吗?
服用新冠病毒疫苗的优先顺序是医疗工作者、65岁以上、有基础疾病的人。
我的位次越来越高。
我放弃优先权。
儿童、胎儿、母子优先。
以剩余生命期较长的人为优先,这才是合理的分类。
公共卫生学的基本。
要是不像恐怖电影那样就好了。
没有自信无法自助,公共援助也不充分。
湖山集团可以成为协助的力量,我感到很自豪。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16001?cat=11

2)日文【12月11日】深夜2時半の新聞

新聞のネット配信は今までは早朝4時からだった。
小生も4時からテレビニュースとiPadで新聞ニュースをチェックする。
紙媒体の新聞を切り抜くのは、書籍欄くらいだ。
ところが、今日は2時半に本日紙面が入信された。
ビックリ。時計を確かめた位だ。
元々、システムは2時過ぎから配信可能とは聞いていた。
新聞を印刷するには1時迄に、原稿を校了しなければならない。
だから、その時間にはネット配信出来るわけだ。
でも、そうすると、企業広報担当者は
2時から仕事を始めなければならなくなる。
外務省、商社並みになる。
先ず、会長、社長と言った年寄りは先ず、配信時間から読み出す。
少なくとも、夜中のトイレで目を覚ました時にチェックする。
大企業の会長は4時、6時から仕事を始めるのがザラ。
2時に自社の記事を読んだら、即広報担当者に深夜電話する。
翌日の記者会見の準備の檄を飛ばす。
秘書室長に電話をする。
深夜緊急会議をすると。
部下はたまったものではない。
広報担当者の健康を配慮して、4時迄は配信しないようにした。
と、新聞社役員に聞いた事がある。
冗談のような気もしたが、本当だろうと思う。
小生がその夜明けの会長さん、そのままだからだ。
それが早まったと言う事は、もうそんな事は言ってられない国家緊急事態と認識したのだろう。
4時にネットで新聞を読むより、テレビニュースを観る。
その分、もう新聞は読まなくなる。
書評と広告を切り抜く以外、新聞は読まなくなる。
ニュースは早さを競う。
紙媒体は切抜き保存版で、ニュースはより早くなる。
私も、メール報告、ネットニュースは24時間臨戦体制。
人間同士の情報戦ではなく、コロナ感染の情報戦。
映画「アンドロメダストレイン」状態。
そのニュースから。
大阪と旭川が危険。
地政学的には旭川の方が危険。
北海道の内陸は、周辺の支援体制が弱い。
大阪は周辺の懐が大きい。
この冬の寒さも違う。
コロナ感染は胎児にどのような影響を残すかわからない。
旭川は、大ホテル、旅館を緊急産科病院にして、全国から医療支援を求めるしかないのでは。
自衛隊旭川駐屯地を、救急産科病院に仕立て、医療支援要員を航空自衛隊が全国から搬送する。
大震災救援体制と変わらない。
出産母子を救援する「サンダーバード 」が出来ないものか。
コロナワクチンの摂取の優先順位は、医療従事者、65歳以上、基礎疾患のある人。
小生は順位がたかくなる。
私は優先順位は辞退する。
児童子供胎児、母子が優先だ。
残存生命期間の長い者を優先にするのが、合理的トリアージ。
公衆衛生学の基本。
パニック映画みたいに、ならなければ良いが。
自助も自信がなく、公助も不充分。
湖山Gの共助を頼りにし、誇りに思う。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52426?cat=202

3)解説【12月11日】深夜2時半の新聞

新聞のネット配信の時間に振り回される人がいることは、あまり知られていないようです。
しかし、時間も重要な経営資源になっているのですから、時間を重視するのは当然だと思います。
ウイルス禍では、北海道の旭川、大阪府、東京都が危機に瀕していて、将に戦争状態です。
湖山Gは、共助によってこの難局を乗り越えていきたいものです。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16001?cat=11


用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章