【12月7日】日記


湖山集团的线上诊疗/湖山Gのオンライン診療

alt text


1)中文【12月7日】湖山集团的线上诊疗

作为疫情对策的一环,政策放宽允许进行线上诊疗。
实际上,湖山集团银座的诊疗所已经有实际成果了。
是银座最大的成人病中心。
实际上,禁烟门诊的在线诊疗业绩非常可观。
服务于dock体检的患者,但是希望湖山集团的职员也来就诊。
实际上,湖山集团的职员中,有吸烟习惯的人不在少数吧。
在过去的医疗介护的世界里,吸烟是理所当然的。
在大医院的后面,至今还保留着能吸烟的咖啡店。
已故的圣道理事长以前也是烟鬼。
小孩时代,去当时工作的医务室,每个医生都在抽烟。
泰成也是,小学的时候,父亲会给我跑腿费让我去烟店给他买Peace牌罐装烟。
但是,父亲晚年为了健康戒烟了。
也是那时,他开始教训吸烟的职员戒烟。
就是那样,他本人也说戒烟后身体会变好。
泰成当时想,真是太任性了。
即使是现在,银座事务所的工作人员中,早晨也有很多职员跑上屋顶。
不是去做广播体操。
自称开早会,和烟雾进行着交流。
算是作为疫情对策,也必须改善呼吸系统的功能。
希望吸烟的人在禁烟门诊进行线上就诊。
我在20岁的时候,被父亲说教,戒烟至今。
成人病的饮食指导也可以在网上接受。
这里,我也要上名单了。
13000名湖山集团职员的健康管理,是第一重要的。
希望相关人员立即进行自我申报。
我想不久的将来,会变成吸烟与否将会对保险费和人事考核都有影响的社会。
职员自费在禁烟门诊就诊,这项费用不应该作为社会福利资金由公司法人负担吗?
理事长做出决策,并由董事会批准。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=15964?cat=11

2)日文【12月7日】湖山Gのオンライン診療

コロナ対策の一環として、オンライン診療の規制緩和がある。
実は、湖山Gの銀座の診療所では、既に実績がある。
銀座最大の成人病センターである。
実は、禁煙外来のオンライン診療の実績がかなりある。
ドック健診の患者さんであるが、是非湖山Gの職員が受診してほしい。
実は、湖山Gの職員で、喫煙習慣のある人はかなりいるのではないか。
昔は医療看護介護の世界では、喫煙は当たり前だった。
大病院の裏には、今でも喫煙の出来る喫茶店が生き残っていたりする。
故聖道理事長も、昔はヘビースモーカーだった。
子供の当時勤務の医局に行くと、どの医師も煙草を吸っていた。
泰成君も、小学生の頃は、ピース缶を買いにタバコ屋さんにお駄賃を貰って、お買い物に走らされた。
でも、父は、晩年、健康の為に禁煙した。
その途端、タバコを吸う職員に禁煙しなさいと説教しだした。
それくらい、禁煙したら、体調が良いと本人は言うのだが。
勝手だなあと、泰成君は思っていた。
今でも、銀座事務所のスタッフで、早朝、屋上に上がる職員はかなりいる。
ラジオ体操をしに行くのではない。
早朝ミーティングと称して、紫炎とコミュニケーションを取っているのである。
コロナ対策としても、呼吸器の機能改善は必須。
喫煙をする者は、禁煙外来をオンラインで受診してほしい。
小生は20歳の時に、父に説教されて、禁煙し、今に至っています。
成人病の食事指導もオンラインで受けられます。
ここは、小生もリストに引っかかりそうです。
13000人の湖山G職員の健康管理が、まず、第一。
該当者は、即、自己申告を望みます。
きっと、そのうち、保険料や、人事考課にも影響がある社会になると思います。
職員の禁煙外来の自己負担金は、福利厚生費として、法人負担にならないでしょうか。
理事長決裁事項で、役員会の承認は承ります。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52413?cat=202

3)解説【12月7日】湖山Gのオンライン診療

代表は、喫煙者に対して禁煙外来のオンライン診療を勧めています。
喫煙は頭を冷やす効果があるなどと言ってタバコを吸い続けている人は沢山います。
しかし、タバコは百害あって一利なしです。
自分の健康のためにも、また周りの人のためにもタバコを止めたほうが良いに決まっています。
特に今のコロナ禍では、免疫力を高める意味でも禁煙すべきです。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=15964?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章