【12月19日】日記


新年问候录像/お年賀ご挨拶録画

alt text


1)中文【12月19日】新年问候录像

今年,有业务往来的银行、建筑公司的负责人会来参加年末的问候活动。
据说是为了应对疫情,业界决定明年春天的新年问候变成自我约束(不外出活动)。
也就是说,新年一开始就很闲。
在座的各位,只是比往年早一个月开始忙碌。
确实,小生也不能去设施打招呼。
为了预防感染不能进入设施内。
以前,我曾在母子支援机构的圣诞晚会上,打扮成圣诞老人的样子,给他们送礼物。
把幼儿放在膝盖上,拍了纪念照。
在如今的疫情期间,那是不可能的。
算是过去美好的回忆。
电视新闻报道说,在某些国家,圣诞老人不会被新冠病毒感染。
那倒也是。
七福神也有病毒耐受性。
每年,向湖山13000名职员的新年问候都是通过网络进行的。
而且是录像。
回想起来,小时候过年的时候,无论谁家,电视都是开着的。
节目是日本全国正月的雪景风景、漫才、怀旧歌谣。
无论是童心,还是正月的新年节目,都是去年录制的。
我想,这些演员现在应该都在夏威夷吧。
家家户户都在被炉边看着电视打着牌。
花牌也只有在过年的时候才会让我玩。
有黑白棋,还有很多孩子玩的棋盘游戏。
现在是电脑游戏。
想起这些事,也是因为昨天拍了新年问候的录像。
虽然是惯例的录影,但今年的疫情让人感慨颇深。
迎来了父亲去世后的第二个新年。
如果父亲还健在,他会怎么说呢?
因为他除了医院、高尔夫球场和自己的家,几乎不会出门去别的地方。
呆在家里不就好了吗,在家好好待着吧。
因为外面很危险。
好像从小就一直被这么说。
来年春天,诸位再看发送出去的录像时,应该已经在设施工作了。
对于我们的工作来说,没有岁末也没有正月。
即便如此,对于住院住户来说,新年就要到来了。
希望我们也能一起过新年。
小学的时候,全家一起开车到富士山五合目兜风。
小学六年级的元旦,为了看新年的日出,我爬楼梯登上了东京塔。
现在的自己实在不行。当时父母还年轻。
明年,我的灵魂会在哪里观看新年的日出呢?
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16409?cat=11

2)日文【12月19日】お年賀ご挨拶録画

今年は、お取引の銀行、建築会社の担当の方が年末のご挨拶にいらっしゃる。
コロナ対策で、来春の新年の挨拶を業界で自粛しているのだそうだ。
と言うことは、新年早々は暇になるという事だ。
いらっしゃる方々は、1月早く忙しくなっただけだ。
確かに、小生も、施設に挨拶に行けない。
感染予防の為に施設内には入れない。
昔、母子支援施設のクリスマスパーティーで、サンタの格好をして、プレゼントを渡したことがある。
幼児を膝に乗せて、記念撮影をした。
コロナの今では、ありえない。
昔の良き思い出。
テレビニュースで、どこかの国で、サンタはコロナに感染しないと、報じていた。
それはそうでしょう。
七福神もコロナ耐性はあります。
湖山職員13000人への新年のご挨拶は、毎年、ネットでの挨拶。
しかも、ビデオ撮り。
思えば、子供の頃、正月はどこの家でも、テレビはつけっ放し。
番組は、日本全国の正月の雪景色風景、漫才、懐メロ歌謡。
子供心にも、この正月番組も、昨年に録画している。
このタレント達は、今はハワイにいるんだろうなあと考えていた。
どの家でも、炬燵でテレビを観ながら、すごろく、トランプ。
花札も正月だけは触らしてもらえた。
オセロや、沢山の子供のボードゲームがあった。
今は、コンピューターゲーム。
こんな事を思い出したのも、昨日、新年の挨拶の録画撮りをしたから。
恒例の録画撮りなのだが、コロナの今年は感慨深い。
父が亡くなって、2年目の新年を迎える。
もし、今も父がいたら、どう言ったろう。
病院とゴルフ場と自宅以外に出歩く事のない人だったから。
家に居ればいいじゃないか、家でゆっくりしていなさい。
外は危険だから。
子供の頃から、ずっとそう言われていたような気がする。
来春、配信の、録画を観ている皆さんは、もう施設勤務のはず。
暮れも正月もない、私達の仕事。
それでも、入院入所の方には、正月が来る。
私達にも、一緒に正月があって欲しい。
小学生の時、家族で富士山五合目まで、ドライブした。
小学6年の元旦は、初日の出を観に、東京タワーを階段で登った。
今の自分にはとても無理だ。当時の両親は若かった。
来年の私の魂は、初日の出をどこで観るのだろう。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52648?cat=202

3)解説【12月19日】お年賀ご挨拶録画

代表は、新年の挨拶の録画を撮ったとき、昔の新年の行事などの思い出して、それを記しています。
昔はインターネットなどはなく、家族で一緒にテレビを見たり、トランプを遊んだりしていました。
しかし、科学技術が進歩するにつれて、娯楽の方式も多様化しました。
今年は、コロナ渦でクリスマスや正月は自宅で引き籠もって過ごすことになるでしょう。
健康のためにも、家でゆっくり家族と一緒に過ごすことは、良いことだと思うようにしましょう。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16409?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章