【12月15日】日記


圆圆的黑眼睛/粒らな黒い瞳

alt text


1)中文【12月15日】圆圆的黑眼睛

半夜里看了很多新冠检测报告邮件。
说实话,很痛苦。
不久之后,日本会不会开始发生新冠病毒大感染呢,我对此非常不安。
离疫情得到控制还很远。
疫苗要想在社会上普及,并产生效果,需要好几年的时间。
目前还没有划时代的治疗药物出现。
即便是这样的心情,在写这本日记之前,还是先打开了网页。
点开Health Care Design Network。
那里有湖山各设施的活动。有温暖。
做了通心粉酱汁。
做了圣诞树并进行装饰。
可以想象用户和职员们充满活力的日子。
让我也有活下去的动力。
最近,保育园的活动也被刊登出来了。
保育园的大班明年就要毕业了。
要上小学了。
那些孩子们正在用水彩画自己的肖像画。
作为个人的毕业写真集的封面。
自画像也好,本人也好,都很可爱。
画的脸没什么表情,但嘴巴和眼睛很大。
眼睛画得又大又圆。
在医学上,婴儿最先认识的是眼前15厘米远的母亲的脸,特别是眼睛。
从抱着的母亲的脸,从她的眼睛,认识这个世界。
父母把额头贴在一起,对婴儿说话,是人的天性,是成长中绝对必要的事。
我的眼睛很细,鼻子很低,嘴巴小。
但是,在那双圆圆的眼睛里,都是一样的。
母亲一定是这么想的,才把孩子带大的。
肯定是给我喂了奶瓶。
床边的杯子也该换成出水口或者奶瓶了,可能比较安全。
没有老人用的高级奶瓶吗?
皇家哥本哈根制造的,或者巴卡拉水晶制造的。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16334?cat=11

2)日文【12月15日】粒らな黒い瞳

夜中にコロナ検査報告メールを多数読む。
正直、辛い。
やがて、日本はコロナ大感染が始まるのではないかと不安で仕方がない。
まだ、収束方向には、遠い。
ワクチンが社会に広がり、効果が出てくるには、何年もかかる。
画期的な治療薬はまだない。
そんな気分でも、この日記を書く前に、ホームページを開く。
ヘルスケア・デザイン・ネットワークを。
そこには、湖山の各施設の活動がある。暖かさがある。
マカロニソースを作りました。
クリスマスツリーを作って飾りました。
ご利用者様と職員の生き生きとした日々が想像できる。
私も、生きる意欲を持てる時間だ。
最近、保育園の活動も掲載されるようになった。
保育園の年長組は来年には卒園となる。
小学校に入学だ。
その子達が、自分の似顔絵を水彩画で描いている。
個人個人の卒業写真集の表紙にする。
自画像も、本人も、可愛い。
顔の描き方は、のっぺりだが、口と目が大きい。
瞳が大きく丸々と描かれている。
医学的にも、赤ん坊は、目の前15センチの母親の顔、特に目を最初に認識する。
抱き抱えた母親の顔から、目から、世界を認識する。
親が、額を寄せ合うようにして、赤ん坊に語りかけるのは、人間の本望で、成長に絶対必要な事なのだと思う。
私は、細い目に、低い鼻、おちょぼ口。
でも、粒らな瞳には、違いない。
きっと、母はそう思って、育児をしてくれたに違いない。
哺乳瓶をあてがってくれたに違いない。
ベットサイドのコップも、そろそろ水口か、哺乳瓶にした方が、安全かもしれない。
老人用の高級哺乳瓶はないものか。
ロイヤルコペンハーゲン製か、バカラのクリスタル製で。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52569?cat=202

3)解説【12月15日】粒らな黒い瞳

ヘルスケア・デザイン・ネットワークを通じて各施設や保育園などの活動状況を真剣に把握する代表の姿が想像できる文章です。
中でも、幼子の円らな瞳について、自身の赤子時代を想起して生き生きと描写している様子は、感動を覚えます。
コロナ感染が蔓延しているこの時期には、周りの人を元気にさせるエピソードに接すると、心が慰められます。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16334?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章