【12月20日】日記


研讨会学生的提问/ゼミ生の質問

alt text


1)中文【12月20日】研讨会学生的提问

◆①你认为现在的养老金制度能持续下去吗?
按照如今的制度,如果财源减少,那么支付的养老金也相应减少,即使作为制度能够存续,也无法维持生活,其存在价值也随之降低。
就像育英资金一样,不打工就无法生活。
◇◆◇◆◇◆◇
◆②你认为在新冠病毒流行的情况下,冬季流感会同时增加吗?作为经营者,在健康方面应该注意哪些方面呢?
受疫情影响,国民在行动上的限制和警惕,也有利于预防流感。有数据显示,除了新冠肺炎患者增加以外,流感比往年减少了。
无论是作为经营者的我,还是全体职员,都完美地进行着行动限制。
我除了自己家和银座事务所以外,几乎不出门。
出行几乎都坐汽车、出租车。
会议、研修会、典礼也都是使用网络,线上开展。
其他干部也不能去其他县出差了。
聚餐也没有了。
与之相对的,会议便当的预算增加了,变成了另一种奢侈。
◇◆◇◆◇◆◇
◆③为了将来的养老金不再减少,我们学生能做些什么吗?
养老金减少不可避免。
取而代之的是,要有一个不依赖养老金的人生计划。
世界上的生存指南上可能会写上磨练技能,考取许可证。
但是,即使是医生、律师、税务师、会计师,也会迎来艰难的时代。
请找出商业书上没有写的东西。
靠自己的思考、想法、感觉、努力。
既不是资格,也不是职业,也不是行业。
我认为这个研讨的目的之一就是让大家意识到这是什么。
◇◆◇◆◇◆◇
◆④如果国民年金也像源泉征收(withholding tax)一样从工资中扣除的话,保险费滞纳的问题也不会有了吧。
作为前提,需要进行消费税申报,用个人编号卡来获取收入。
自己支付工资的个体经营者,能正确地预扣工资吗?
◇◆◇◆◇◆◇
◆⑤在检查前是如何区分新冠肺炎和流感患者的呢?
首先,是确认否与新冠病毒阳性者密切接触。(感染的)几乎都是同事、家人。
是否有参与派对、音乐会、酒会、旅行等行程记录。
不仅是发热,味觉嗅觉也有异常。
大多数都能确定感染的原因。
最近,无法确定的感染者增加了。非常危险。
◇◆◇◆◇◆◇
◆⑥你认为现在日本的养老金制度,今后几十年也能作为制度存续吗?
谁也预想不到。
谁都无法维持。
正因为如此,请在选举中选择能够托付自己未来的政治家。
请各位成为肩负着自己这一代未来的代表政治家。
到了大家都领取养老金的时代,我和教授都已经不在人世了。
不能依赖未来时间少的老人。
年轻人的未来,只有年轻人才能创造。
◇◆◇◆◇◆◇
◆⑦厚生劳动省有新的政策吗?
再增税就不行了,或者说应该减少。
国家的所有措施都是增税。
其结果就是恶性平等,效率低下。
应该以自立、互助的社会为目标。
谁也无法保证40年后国家的财政状况。
谁也不能干预。
除了生活在那个时代的你们这一代。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16412?cat=11

2)日文【12月20日】ゼミ生の質問

①今の年金制度は持続可能性があると思いますか。
減る財源にあわせて、支給も減らして良いような制度になりましたから、制度としては存続しても、それだけでは、生活出来ないので、存在価値は低減していきます。
育英資金みたいなもので、アルバイトなしに暮らせません。
②コロナが流行している中で、冬のインフルエンザは同時に増えて来ると思うか。経営者として健康の部分でどのような部分に気をつけているのか。
コロナの為に、国民の行動制限と注意は、インフルエンザの予防にも効果があります。コロナ患者増以上にインフルエンザが例年より減っているデータがあります。
経営者としての私も、全職員も行動制限を完璧に管理しています。
私は、自宅と銀座事務所以外、殆ど外出しません。
殆ど、自動車、タクシーの移動。
会議、研修会、式典もずべてネット、オンライン使用です。
他の幹部も他県に出張できなくなりました。
会食も無くなりました。
その代わり、会議弁当の予算が増え、別の贅沢となりました。
③将来の年金が減らないように、我々学生で出来ることはありますか。
減らないようにする事は出来ません。
代わりに、年金のみを頼らない人生プランを持つ事です。
世のガイドブックは、スキルを磨け、免許を取得しろと書いてあるかもしれません。
でも、医師、弁護士、税理士、会計士ですら、厳しい時代を迎えます。
ビジネスブックに書いてない何かを見つけてください。
自分の思考、考え、センス、努力で。
資格でも職種でも業界でもありません。
それが何かを気づいてもらうのが、このゼミの目的の1つと考えています。
④国民年金も源泉徴収のように給与から天引きすれば保険料滞納の問題もなくなるのではないか。
その前提として、消費税申告、マイナンバーカードで、所得の捕捉をする必要があります。
給与の支払いを自分自身でしている個人事業者が、正しく天引きできるでしょうか。
⑤コロナウイルスとインフルエンザの患者をどのように検査前は見分けているのだろうか。
まずは、コロナ陽性者と濃厚接触しているかどうか。殆ど、同僚、家族です。
パーティー、コンサート、飲み会、旅行等の行動履歴があるか。
発熱のみならず、味覚臭覚に異常があるか。
多くは感染原因を特定できます。
最近、特定できない感染者が増えてきました。大変危険です。
⑥今の日本の年金制度で、今後何十年も制度として成り立っていけると思いますか。
誰も思いません。
誰も維持できません。
だからこそ選挙で、自分の未来を託せる政治家を選んでください。
皆さん自身が、自分の世代の未来を担う代表の政治家になってください。
皆さんが年金を受ける時代には、私も、教授も、もう生きていません。
生い先短い老人を頼っては行けません。
若者の未来は、若者しか作れません。
⑦厚生労働省が新たに取り組むべき政策はありますか。
これ以上は無理というか、むしろ減らすべきです。
国の取り組みは全て増税となります。
結果として、悪平等、非効率となります。
自立、共助の社会を目指すべきです。
40年先の国の財政は誰も保証できません。
誰も関与できません。
その時代を生きている君達世代以外には。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52834?cat=202

3)解説【12月20日】ゼミ生の質問

ゼミ生の7つの質問に対して、代表が真摯に答えている様子が伺える日記でした。
質問のうち日本の年金制度に関するものが多く、学生がいかに年金に関心が強いかが分かりました。
今後は年金だけで生活を支えていくのは難しいと言われており、学生が将来を不安視するのも当然です。
年金による公助が難しいとなると、自助、共助で行くしかないと思います。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16412?cat=11


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章