【12月31日】日記


除夕思考日记/大晦日に日記を考える

alt text

1)中文【12月31日】除夕思考日记


终于,这本日记也迎来了除夕。
多亏了湖山各位的鼓励,从4月开始,一天也没有间断。
对于经常被说喜新厌旧的泰成君来说,与其说是新奇,不如说是人生的第一个事业。
由于疫情原因,既不能去湖山集团的设施,也不能去银座聚会,尽是线上会议。
联合入职仪式、开工仪式、竣工仪式都是通过zoom。
在新冠肺炎的雨中,感觉是从银座的地下战壕里指挥湖山集团的心情。
不管什么时候,我都喜欢和一大群工作人员讨论。
为了迎接众多的来客,用银座屋顶上做的芋头烧酒作为伴手礼送去,也很开心。
像正在进行选举的选举事务所那样,每天跑来跑去。
这就是突然蛰居封闭的无菌室。
董事会和研修会都可以在网上扩大举办,这是一种进步。
但是,人的温暖还是很重要的。
虽然可以通过邮件进行书面请示和业务指示,但我担心其背后是否能传达出人性化的思考。
这本日记可以倾诉个人的想法和困惑。
不知道有多少人在读。
虽然没有什么反应,但据传闻,很多干部都是通过读日记来判断今天的代表心情好坏。
在写严厉的事情的日子里,也许会避开其他日子里可能会被批评的报告。
报告提交迟了的话,回复的时间也会变慢,我也会变得严厉。
通过这本日记,想和湖山集团全体成员的心连在一起。
为此,我想传达我内心的真实想法。
为了那件事,我必须先观察自己的内心深处。
凌晨,在写日记的时间里,是在进行自己的内观。
回想起平时忘记的自己的失败经验。
回顾过去,自己也经历过同样的失败,后悔不已。
也可以说是坐禅、祈祷和忏悔的时间。
现在的我,已经无法掩饰身心疲惫了。
仅仅是在家和事务所的往返,这样的疫情人生就快要结束了。
从一大早开始,代表的引擎就启动了。
我想光是把这件事告诉大家就已经很重要了。
深夜,沉入自己的内心深处,随着日出浮出水面。
然后,向大家传达感谢和鼓励的声音。
回荡在全国的湖山之间的湖山之声。
不像鸡鸣,是小鸟的叫声。
无论如何,都会想起已故的圣道理事长和创业时的事情。
一码归一码。
创造新未来的湖山集团将继续活着。
明年让组织体制恢复年轻。
我虽然老了,但湖山要恢复年轻。
即使没有跃进,也不要止步于此。
雪山登顶会持续一段时间。
请不要感冒。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16642?cat=11

2)日文【12月31日】大晦日に日記を考える

とうとう、この日記も大晦日を迎える事になりました。
湖山の皆さんのお陰と励ましで、4月から、1日も欠かさず続けられました。
飽きっぽいと言われる泰成君には、珍しいと言うより、人生初事業です。
コロナで湖山Gの施設に行く事も、銀座に集まる事もできず、オンライン会議ばかり。
合同入職式も起工式も竣工式もzoom。
コロナの雨の中、銀座の地下塹壕から、湖山Gを指揮しているような気分。
何時も、大勢のスタッフとワイワイガヤガヤ論議するのが好きです。
大勢の来客を迎えて、銀座屋上で作った芋の焼酎をウンチクたっぷりでお土産にお渡しするのも楽しい。
選挙中の選挙事務所みたいな状況で、毎日を走って来ました。
それが、突然蟄居閉塞クリーンルーム。
役員会も研修会もオンラインで拡大開催をできる様になったのは、進歩です。
でも、やはり、人の温もりは大事。
メールで稟議、業務指示はできますが、その裏にある、人間的思考が伝わるか心配です。
私的な人間的思惑、迷いを相談できるのが、この日記です。
どの程度の方が読んでいただけているかは分かりません。
反応はあまりないのですが、噂によると、今日の代表に機嫌が良いか悪いかを判断するのに読んでいる幹部は多いらしい。
キツい事を書いている日は、叱られそうな報告は別の日に避けているのかも知れません。
遅くなれば、その分だけ、対処が遅くなり、私は厳しくなるのですが。
この日記は、湖山G全員と心をつなげて行きたい。
その為には、私の心根の嘘のない本音を伝えたい。
その事の為には、まず、自分の心の奥底を自分で観る必要がありました。
明け方、この日記を書いている時間は、自分の内観をしているのです。
普段忘れている、自分の失敗の経験を思い出しているのです。
自分も昔、同様の失敗、後悔をしたなあ、と回顧しているのです。
座禅や、祈りや懺悔の時間とも言えます。
今の私は、心身疲弊している事は隠しようもありません。
自宅と事務所の往復だけで、コロナ人生は終わりそうです。
まずは早朝から代表のエンジンは始動した。
その事を皆さんにお伝えする事だけでも大事だと思いました。
深夜、自分の心の奥底に沈み、日の出と共に浮上する。
そして、皆さんに感謝と励ましの声を伝える。
全国の湖山の谷間にこだまする、湖山の声。
鶏の鳴き声ほどではありませんから、小鳥のさえずりです。
どうしても、故聖道理事長の事や、創業の頃の事を思い出します。
それはそれ。
新しい未来を創造する湖山Gは生き続けます。
来年は組織体制を若返らせます。
私の老の分以上に、湖山は若返ります。
躍進せずとも、ここに止まらず。
しばらく、雪山登山が続きます。
お風邪を召しませぬ様に。
今年も御苦労様でした。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52895?cat=202

3)解説【12月31日】大晦日に日記を考える

今年最後の日記で代表は、この日記を書く意味を噛みしめています。
日記を書く本意は、本音を表し、自身を内観し、そして幹部と交流するためです。
この日記を翻訳するたびに、代表の考え、経営理念を徐々に理解することができました。
この日記のお蔭で、代表と実際に接しなくても、いろいろなことを学びました。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16642?cat=11


用户7825 用户7825
5 个月前
10

扫描下方二维码手机阅读文章