【12月4日】日記


年轻老板和隐居者/若旦那と御隠居

alt text

1)中文【12月4日】年轻老板和隐居者


28岁成为银座急诊医院的老板,加入老字号协会,成为银座的年轻老板。
30多岁时成为病院会和Rotary的会员,被称为年轻经营者。
无论在哪个学会、研讨会、学习会上,都是最年轻的成员,引人注目。
现在明白了,自己曾经是个狂妄自大的年轻人。
现在回想起来,前辈很温柔。非常感谢。
昨天,银座调剂药局的年轻社长来公司进行年末拜访。
虽然时隔几年,但看了看名片发现市中心已有10家店铺。
发展壮大了。
30年前,药局1号店就在我们跟前开业了。
当时附近的大楼里有很多诊所。
不管怎么说,我们医院是最大的顾客。
我作为急救医院,原本是内部配药,但门诊换成了外部配药。
医院的药局局长换了。
血液检查也同样换成了外部委托。
检查部长也换人了。
通过投标更换了x光机制造商和胶片。
放射线科科长也换人了。
那个药局的创业社长,是一位个子高、声音高、善解人意的人。
跟着他学习了很多业界的事情。
和湖山一起诞生,虽然道路不同,但也发展为多家店铺。
来拜访的社长的名片是同姓的,所以知道是令郎。
银座的2代社长与初代的共同点是,都很洒脱,感觉很好。
当然,也包括小生(我)。
银座大变样。
银座的店一年就换三分之一。
在银座工作的人,一年内也有三分之一会调职。
这是一个生存竞争激烈的城市。
疫情过后会不会发生巨变呢?
我请教过的银座前辈的店,大家都进行了世代交替。
于是,我成为了银座的隐居者。
我每天都觉得继承父亲的遗志过着幸福的人生。
想感谢湖山集团的诸位和银座的诸位。
据说明年春天银座也有很多诊所关门。
没有成长就没有生存。
银座的老字号之所以繁荣起来,是因为它们在遍布全国的百货商店中也设立了门店。
被外国品牌取代的银座,也再一次发生了变化。
湖山集团的方针是与客户保持长久的信赖关系。
只有湖山集团自己的繁荣无法长久。
湖山集团时代的下一步,是湖山集团联盟的时代。
第二任药局社长的笑容和第一任一模一样。
我的脸一定也越来越像父亲了。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=15933?cat=11

2)日文【12月4日】若旦那と御隠居

28歳で銀座の救急病院の経営者になり、老舗の会に入り、銀座の若旦那となった。
30代で、病院会と、ロータリーの会員となり、若手経営者と呼ばれた。
どの、学会、シンポジウム、勉強会でも、最年少のメンバーで目立った。
生意気な若造だったと、今は判る。
今思うと、先輩は優しかった。感謝致します。
昨日、銀座の調剤薬局の若社長が、暮れの挨拶に来社された。
数年振りだが、名刺を見ると、都心に10店舗はある。
発展したのだ。
30年前に、ウチのすぐ目の前に、調剤薬局1号店を開業なされた。
周りのビルに、多数クリニックがある地区だが。
なんと言っても、うちの病院が最大顧客。
私は、救急病院として、内部調剤だったのを、外来は外部調剤に切り替えた。
病院の薬局長は変わった。
血液検査も同様に、外部委託に変わった。
検査部長も変わった。
レントゲンのメーカーとフィルムを入札で変えた。
放射線科長も変わった。
その調剤薬局の創業社長は、背の高い、声の高い、気遣いのある人だった。
業界の事を色々教わった。
湖山と一緒に生まれ、それぞれの道は違うが、多店舗に成長した。
挨拶に来た社長の名刺は同姓だから、御子息とわかった。
銀座の2代目の共通点は、皆さん洒脱で、感じが良い。
勿論、小生も含みます。
銀座が大きく変わる。
銀座のお店は、1年で3分の1は変わる。
銀座で働く人も、1年で3分の1は変わる。
生存競争の厳しい街だ。
アフターコロナは、激変するのではないか。
私が学んだ銀座の先輩のお店は、皆さん世代交代した。
そして、私は、銀座の御隠居になった。
私は、父の次に幸せな人生だと日々思う。
湖山Gの皆さんと、銀座の皆さんに感謝したい。
来春は、銀座も多数のクリニックが閉院すると言われている。
成長なしには生存はない。
銀座の老舗が繁栄したのは、全国展開する百貨店に店舗展開してきたからだ。
外国ブランドに、とって代われた銀座も、又、変わる。
湖山Gの社是は、お取引との、信頼関係のある、長い関わり。
湖山Gだけの繁栄は続かない。
湖山Gの時代の次は、湖山Gアライアンスの時代となる。
2代目社長の笑顔は初代とそっくりだった。
私の顔も、父に似てきたに違いない。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52326?cat=202

3)解説【12月4日】若旦那と御隠居

代表は昔のことを回顧しています。
老舗というのは長い歴史を持っているが、頭が硬くて古い観念に縛られやすく失敗することがあります。
競争が厳しくなった今、会社や組織などは自分だけで生存するのは困難です。
そこで、先端を行く取引先や関連会社などと協力し合って、活路を見出していくべきだと思います。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=15933?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
5

扫描下方二维码手机阅读文章