【12月23日】日記


Social Worker(社工)学习会“紧急情况下的风险管理”/相談員勉強会「緊急時のリスクマネジメント」

alt text


1)中文【12月23日】彩虹口罩

湖山集团的顾问律师外冈老师的讲座。
无论何时,都要在开始前5分钟向大家问好。
因为我不用演讲,所以总是在演讲之前乱入。
因为我觉得研讨会前10分钟就来太浪费大家的时间了。
这次是线上研讨会,聚集了比平时更多的Social Worker(社工)和介护经理。
社会工作,尤其是与医生和家人进行交流,在网上变得方便了。
在外冈老师像现在这样,承蒙关照开设事务所,出版大量著作并在媒体上出名之前,我有幸结识了他。
第一次见面的时候,我就拜托他就任顾问。
最初,是在母子支援设施进行和风魔术表演时,来做志愿者的。
而且球好几次从伞上掉下来,演得不太好。
原来,是在大学的社团活动中学习的。
但是,他开设了专门的介护事务所,是专门的介护律师。
我立刻请他担任顾问。
那样特殊的律师,经济方面贫穷。
希望他不要辞职,希望他生意兴隆,业界出名。
我真的是这么想的。
虽然这种失礼的担心是没有必要的,但在那之后,他一直是负责整个集团的介护问题的律师。
比起应对诉讼,更像是现场护理的导师。
但是,从社会层面开始改变介护。
想让社会正确理解介护。
与其打官司,不如让家人理解介护。
他抱着这样的想法进行社会活动。
最近,关于认知症患者引发的铁路事故中提出的损害赔偿诉讼,我们一起召开了学习会,并将报告书提交给了厚生劳动大臣。
和樋口惠子老师、律师堀田勉老师一起开了定期学习会。
相信老师们是怀着无论如何也要保护我们这些在介护行业工作的工作者的心情。
接下来,说一下我跟工作人员说的事。
现在是疫情紧急体制。
而且,这种情况会持续好几年。后疫情时代将在好几年后出现。
以船上的职务来说,Social Worker(社工)就是驾驶员、领航员。
在地方,为了不让湖山的船触礁,掌握海图和天气。
与舰长之间的信赖关系必不可少。
现在,首先,大家和家人、朋友的生命和健康是第一位的。
否则,就无法保护患者、使用者、船员的安全。
现在和地震灾害时一样。是万分紧急的时刻。
如果日常介护和短期介护很危险的话,减少使用也是没办法的事。
但是,反过来,当其他的医院设施不能接受病患的时候,我们也有不得不接受的时候。
到时候就交给大家判断了。
想做的事,能做的事就去做吧。
不需要入所判定,也不需要介护计划。
和灾害救助一样。
和东日本大地震时一样。
只要不要求费用就可以了。
事后也一定会得到行政的认可吧。
偶尔也会有头脑僵化的人认为,省略法律程序,提供医疗介护服务或设施是不可取的。
那是错误的。
这样的人是不理解湖山的理想·理念·责任的人。
有风险。有界限。
有必要的话,每个月都要进行核酸检测。
引进所有的药剂、检查、机器。
法人的财产、设施的利益为的就是这些。
作为理事长决策,事前已经向干部下达了命令。
请不要犹豫,立即实施。
我个人担心明年的3月会很危险。
医院的容量已经满了,介护设施也在发生群体感染后停止了医疗支援体制。
我每天都在祈祷,希望不会发生这种最坏的情况。
但是,每天都在和干部商量那时的应对措施。
我也在大家的鼓励下,实行着365天24小时工作制。
我和大家是同一艘船的船员。
是全船人生命的责任人。
不是书面审查,而是具体的救死扶伤。
但是,最重要的是员工的生命。
请不要忘记这一点。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=16446?cat=11

2)日文【12月23日】相談員勉強会「緊急時のリスクマネジメント」

湖山Gの顧問弁護士外岡先生の講演会。
何時も、開始5分前に皆さんにご挨拶します。
私の講演時間はとってありませんので、いつも、直前に乱入します。
セミナー10分前からお揃いの皆さんの時間がもったいないと思うからです。
オンラインセミナーとなって、より大勢の相談員、ケアマネージャーが集まれるようになりました。
相談業務、特に医師や家族との相談がオンラインになって便利になったと思います。
外岡先生は今のように、おかげさま事務所開設や、多数の著書で、マスコミで有名になる前にお会いしました。
初回のその場で、顧問に就任をお願いしました。
最初は、母子支援施設に、和風演芸マジックを披露に、ボランティアでいらしたのです。
それも、傘の上から幾度も玉が落ちてくるくらい、あまり上手くない。
なるほど、大学のクラブ活動で勉強したとか。
でも、介護専門の事務所を開設し、介護専門弁護士なのだと。
私は、直ぐに顧問をお願いしました。
そんな奇特な弁護士は経済的に貧窮してしまう。
辞めないように、繁盛するように、業界で有名になって欲しい。
本当にそう考えました。
そんな失礼な心配は必要なかったのですが、その後、ずっとグループ全体の介護の問題の弁護士でいてくださいました。
訴訟対応より、現場の介護のメンターのようであったと思います。
でも、社会から介護を変える。
社会に正しく介護を理解してもらう。
訴訟より、家族に介護を理解してもらう。
そういうお考えと社会活動をなさっています。
最近では、認知症患者が鉄道事故を起こした場合の損害賠償訴訟について、一緒に勉強会を開催し、報告書を厚生労働大臣迄お届けした事がありました。
樋口恵子先生や、弁護士堀田勉先生と定例勉強会を続けました。
介護業界で働く私達を守らなくてはいけないとのお気持ちのある先生だと信じています。
さておき、私がスタッフに話した事は。
今は、まさにコロナ緊急体制。
そして、これは、何年も続く。アフターコロナは何年も先になるでしょう。
船の役職で言えば、相談員はパイロット、水先案内人です。
地域で、湖山の船が座礁しないように、海図と天候を把握します。
艦長との信頼関係がなくてはなりません。
今は、まず、皆さんとご家族と仲間の命と健康が第一です。
そうでなければ、患者、ご利用者、乗船者の安全は守れません。
今は、地震災害時と同じです。緊急非常時です。
デイ、ショートが危険であれば、利用抑制も仕方ありません。
でも、逆に他の病院施設が受け入れられなくなった時、私達が受け入れなければならない時があります。
その時は、皆さんの判断に任せます。
やりたい事、やれる事はやりましょう。
入所判定も、ケアプランも必要ありません。
災害救助と同じです。
東日本大地震の時と同じです。
費用請求をしなければ良いのです。
きっと、後付けでも行政は認めてくれるでしょう。
法的手続きを省略して、医療介護サービスを提供する事、施設を提供する事はいけないと考える頭の固い人がたまにいます。
それは間違いです。
そういう人は湖山の理想理念責任を理解していない人です。
リスクはあります。限界はあります。
必要ならば、毎月、コロナ検査を実施します。
あらゆる薬剤、検査、機器を導入します。
法人の財産、施設の利益はその為にあるのです。
理事長決済として、事前に幹部役員に命じてあります。
ためらう事なく、即実施してください。
来年の3月が危ないと、個人的には心配しています。
病院が容量一杯となり、介護施設もクラスターの後の医療の支援体制が止まります。
そんな、最悪なシナリオとならぬようないように祈る毎日です。
でも、その時の対応は、日々、幹部と相談しています。
私も皆さんに励まされながら、24時間365日体制をとっています。
私は、皆さんと同じ船の乗組員です。
全乗船者の命の責任者です。
書類審査よりも、具体的な人命救済です。
でも、1番は職員の命です。
忘れないでください。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52843?cat=202

3)解説【12月23日】相談員勉強会「緊急時のリスクマネジメント」

まず、代表は顧問弁護士外岡先生との出会いに触れ、先生の考え、行動の素晴しさ、ユニークさを紹介しています。
そして、コロナ禍の緊急事態における湖山の使命、果たすべき基本的な役割を強調しています。
代表の人命第一とする考えを関係者がしっかり守り、それがコロナと戦うための力になるよう期待しています。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=16446?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章