【12月9日】日記


银座的岁末/銀座のお歳暮

alt text


1)中文【12月9日】银座的岁末

年末,前来银座事务所进行拜访的人增加了。
据说因为疫情的缘故,要对新年拜访进行自我约束,取而代之的是年末的问候。
对于蛰居在事务所中的我来说,这是非常难得的,但对大家来说,只是早了一个月拜访而已。
年末忘年会的时候也自我约束,所以可能只有这个时候来了。
来拜访的人,有银行的人、建筑方面的人,还有地方上的人,真是太不好意思了。
因为大家会带当地的点心,所以最近午饭都是茶和曲奇。
作为谢礼,作为岁末礼物,要送的是银座蜜蜂的芋人烧酒和蜂蜜。
做烧酒的芋头是小生在屋顶的花盆里栽培的。
请九州的老字号烧酒制造厂酿造,装在香槟的瓶子里。
包装设计的是银座的地图。
凭此获得了G-Mark good design奖。
因为只有25度,所以不适合消毒。
但是因为很容易入口,所以真的喝起来的话,一晚上就能喝完一瓶。
请将它作为咽喉的消毒、漱口药来使用,以此为由送给了大家。
明年要不要把酒精浓度提高到可以消毒的75度呢?我正在犹豫。
蜜蜂在银座的楼顶养蜂,收集花蜜。
要说蜜蜂从哪里来,最多是皇居天皇陛下的庭院。
第二个是滨离宫,第三个是银座的街道。
皇居,臣民不能进入,但是蜜蜂可以被允许进入。
因为无农药,没有杂草,所以在日本可以得到纯度最高的日本蜂蜜。
只有在皇居脚下的银座才有。
可喜可贺。
皇后从皇太子妃时期开始,每次去银座购物,都会去百货公司买银座蜜蜂的蜂蜜。
我曾经兴奋地说过,
这东西不能收钱,应该免费献给宫内厅。
因为是让蜜蜂从皇宫的花圃里采集花蜜的。
皇后曾经在外务省工作过。
因为是对美国事务的负责人,深夜工作很多,辛苦工作是理所当然的,但是作为皇太子妃候补,被媒体追着不放。
在那之前,我就在医院门诊看到了她的身影。
她还和家人一起去静冈的医院探望过亲人。
那是很久以前的事了。
但是,那时每天都是看着皇宫工作的日子。
明年,受疫情影响,皇宫的新年一般参贺被取消了。
今天,皇后将迎来57岁的生日。
通过宫内厅以文书的形式公布。
“衷心希望大家能齐心协力克服这次考验。”
似乎是这样写的。
与首都圈大地震时同等程度的担忧。
即使是绝不逃跑,坚持到底的人,也不得不如此祈祷。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
阅读原文:http://koyama-cn.com/?p=15981?cat=11

2)日文【12月9日】銀座のお歳暮

銀座事務所に、暮れのご挨拶にいらっしゃる方が増えました。
コロナのせいで、新年の挨拶周り自粛たなり、その代わり年末のご挨拶にいらしたそうです。
事務所に蟄居中の身には大変ありがたいですが、皆様にとっては、一月早いだけ。
年末忘年会も自粛だから、この頃で良いのかもしれません。
お取引の銀行の方、建築関係の方、地方の方もいらっしゃるので、大変恐縮。
地元のお菓子をお持ちになるので最近は、昼食は、お茶とクッキーです。
お礼に、お歳暮として、お渡しするのが、銀座ミツバチの焼酎芋人と、蜂蜜です。
焼酎の芋は、小生が、屋上のプランターで栽培したものです。
九州の老舗の焼酎メーカーで醸造してもらい、シャンペンの瓶に詰めます。
包装は銀座の地図をデザインしています。
これで、Gマーク・グッドデザイン賞を頂きました。
25度なので、消毒には、向きません。
飲みやすいので、飲みだすと、一晩で一本空けてしまうと評判です。
喉の消毒、うがい薬としてお使いくださいと、差し上げています。
来年度は、75度の消毒可能迄、アルコール度を上げるか、迷っている所。
蜂蜜は、銀座のビルの屋上で養蜂して、密を集めています。
どこからかと言うと、1番は皇居の天皇陛下のお庭です。
2番目は、浜離宮、3番目が、銀座の街並みです。
皇居は、汝臣民は、入れませんが、ミツバチはお許しを頂いています。
無農薬で、雑草がありませんので、日本で1番純度の高い日本一の蜂蜜が取れます。
皇居のお足元での、銀座ならでは。
慶賀の至に存じます。
皇后は、皇太子妃の頃から、銀座にお買い物にいらっしゃると、百貨店で、銀座ミツバチの蜂蜜をお求めでした。
これは、お金を貰うわけにはいくまい、宮内庁に献上すべきだ。
だって、皇居の花畑から、蜜蜂を使って花の蜜を頂いているのだから。
と、息巻いた事がありました。
皇后は、外務省にお勤めの頃がありました。
アメリカ担当で、深夜勤務が多く、ハードワークは当たり前ですが、皇太子妃候補で、マスコミに追われていました。
その前から、病院外来でお姿を拝見していました。
静岡の病院にお身内のお見舞いに、ご家族といらした事もありました。
遠い、遠い、昔の頃の事です。
でも、毎日、皇居を見て仕事をする日々です。
来年は、コロナの為に皇居での新年一般参賀は取り止めとなりました。
本日、皇后様は57歳の誕生日を迎えられます。
宮内庁を通じて文書で公表されています。
「力を合わせてこの試練を乗り越えていくことができますよう、心から願っております」
と綴られたそうです。
首都圏大震災の心配にコロナ。
逃げずに踏み止まる身としても、祈らずにはいられません。
以上
原著【银座湖山日記】湖山G代表 湖山泰成
原文:http://koyama-gr.com/?p=52419?cat=202

3)解説【12月9日】銀座のお歳暮

年末になると「師が走る」月ですから忙しくなるのが当たり前です。
しかし、今年はコロナ渦で様子が異なり、年末の多くの行事やイベントなどがキャンセルされたようです。
銀座界隈の年末風景も、例年とは違っている様子が代表の文章からも良く読み取れます。
皇后陛下・雅子様のエピソードにも興味を惹かれました。
解説
原文:http://koyama-cn.com/?p=15981?cat=11

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章