【10月10日】日記


街道重振/街が動き出す

alt text

1)中文【10月10日】街道重振


人群又回到银座了。
车流也像从前一样多。
虽然没有到行人熙熙攘攘的程度,但还是有人气儿的。
然而,百货商店和电影院都很冷清。
电影院每隔一席都贴着红色布条。
在日比谷的电影院,还有座位之间安装着面板的高级座位。
贵一千日元。
老年人观影费还要加上一千日元。
跟宝冢歌剧院还有歌舞伎比起来要便宜得多。
看了现在最受关注的《信条》。
该片是克里斯托弗·诺兰导演的最新作品。
比蝙蝠侠还要紧张感十足。
像低重音的鼓一样的音乐涌上心头。
因为故事是有关时间旅行的,只看一次会看不明白。
据说也有很多人看了两三遍。是吧。
画面场景不断转换,各环节紧张感十足,反倒不太在意故事情节了。
这是一部展现电影画面和背景音乐力量极限的革命性实验电影。
这是诺兰导演的代表作。足以改变电影的历史。
今年的电影界很冷清。
但是,这一年,这一部作品将载入史册。
在电影濒死之年,信条诞生了。
正如在古典芭蕾的世界里诞生了现代舞。
古典音乐的世界里诞生了摇滚。
信条带给我的冲击就是如此之大。
作为经营者,对我来说今年是大转变的一年。
湖山一直运用本地化、分散化的经营方针。
飞速成长的过程中也有离心力。
今后,为了不让湖山集团在新冠肺炎之海遇难,我们将重新编组舰队。
提高向心力、重力。
为了10年的体系,今年将进行一年的改革。
为明年的海啸做准备。
未来将是唱摇滚,跳现代舞的时代。
为了生存而进步进化的DNA。
这就是湖山。
报道说东京某医院的认知症病床出现了22名新冠患者,6名职员,共计28人的群体性感染。
我不认为这事与我无关。
我们正努力地与新冠肺炎作斗争。

2)日文【10月10日】街が動き出す

銀座に人が戻って来た。
車は、従前に戻った。
人通りが賑わうほどではないが、人けはある。
でも、デパートも、映画館も寂しい。
映画館は、一席おきに赤いデープでバッテンが貼られている。
日比谷の映画館には、席の間にパネルのあるプレミアム席がある。
千円高い。
シニア料金にプラス千円。
宝塚、歌舞伎に比べたら、安い、安い。
今1番評判の「TENET」を観た。
クリストファー・ノーラン監督の最新作。
バットマン以上の緊張感が続く。
低重音のドラムのような音楽が心臓を締め上げて来る。
ストーリーはタイムトラベル物なので、1度観たくらいでは分からない。
2度3度観る人も多いそうだ。そうでしょう。
シーンシーンの映像が、緊張感の塊なので、ストーリーはあまり気にしない。
映画の映像、音楽の力の限界を見せ付けた革命的実験映画。
ノーラン監督の代表作。映画の歴史を変える。
今年の映画界は寂しい。
でも、この年は、この1作で歴史に残る。
映画瀕死の年に、TENETが誕生した。
クラシックバレエの世界にモダンダンスが生まれた。
クラシック音楽の世界にロックが生まれた。
それ位、私にも衝撃だった。
経営者として、私にとって、今年は大転換の年となる。
湖山は、ローカル化、分散化を経営方針として来た。
成長のスピードの中に遠心力があった。
これからは、湖山がコロナの海に遭難しない為に、艦隊編成を組み直す。
求心力、重力を高める。
10年の体系の為に、今年1年の改革を行う。
来年の津波に備える。
未来は、ロックを歌い、コンテンポラリーダンスを踊る。
生存の為に進歩進化するDNA。
それこそ、これこそ、湖山。
東京の病院の認知症病床で患者22名、職員6名、計28名のクラスターが報道された。
人ごととは、思えない。
私達は、本当に良く頑張っていると思う。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章