【10月22日】日記


经营者的孤独/経営者の孤独

alt text

1)中文【10月22日】经营者的孤独


深夜12点过后醒来。
即使很早上床,也要一边看着电视新闻,每隔2个半小时醒一次。
就像大脑生理学教科书一样。
每当这时,我都先泡红茶,然后去洗脸。
有人打电话给我。
因为有人知道我会这个时间起床。
想了一会儿,还是回了电话。
独自前往发生问题的设施进行指挥。
虽然自诩是热情且责任感很强的领导,到底会为陷入僵局的现状感到苦恼。
以前,来从事看护行业的职员,都富有热情和学习欲望。
现在的人都十分冷静,在好的意义上。凡事都能作为日常工作淡然地完成。
即使谈判再激烈,反应也不如期待。
我相信看护是个人与个人灵魂的联系。
但是,时代变了。
想想小学的教育现场。
在《二十四只眼睛》的时代,学生、老师、家长三者的人际关系构筑了教育现场。
现在,社会、政治、教育制度、生活资金、财政、行政、政治、媒体等都会产生不平等。
社会环境的变化很大。
在社会上游刃有余,却没有了温柔。
地域也是杀气腾腾。
湖山集团就是社会的缩影。
好的画面和坏的画面混合在一起。
没办法,因为是和人有关的工作。
我们的画风不适合说些漂亮话和了不起的话哦。
和养育孩子是一样的。不放弃,不抛弃。
但是,社会太不了解我们了。更不理解我们。
有报道说,大学医院的医生、护士都快被累倒了。
对看护人员的同情和理解却很少。
正因为如此,湖山才会向社会呼吁。
没有必要高声呐喊。
把现场的问题作为现场的声音,首先传达给全体职员吧。
要如实传达家人的要求和行政方面的预期,然后认清现实。
湖山集团太大了,我和职员的心情变得无法传达。
干部自然也酝酿不出和现场的共鸣了。
经营者最理想的是处理后方事务,彻底退居幕后。
结果开始产生过高期待,觉得无论如何被职员理解都是理所应当的。
我虽然在告诫自己,那是因为自己太矫情。
不会放弃,也不会逃避。也许是因为年龄的关系。
代表不是很孤独吗?
没有那种事。
因为有在这个时间给我打电话的你。
已经是休息时间了。
也许不能期待别人,但我认为这份工作没有期待就无法完成。

2)日文【10月22日】経営者の孤独

深夜12時過ぎに目が覚める。
早く床についても、テレビニュースを観ながら2時間半ごとに覚醒する。
大脳生理学の教科書通り。
その都度、紅茶を入れて、洗面する。
携帯に電話が入っている。
この時間に起きるのを知っている人からだ。
しばらく考えたが、折り返し電話をかけた。
問題が起きた施設に単身赴任で指導に来ている。
情熱と責任感の強いリーダーなのだが、さすがに現状に往生して悩んでいる。
昔、介護に来る職員は、意欲と勉強意欲に富んでいた。
今、良い意味で、クール。通常の仕事として淡々とこなす。
熱くぶつかって言っても、反応は期待ほどではない。
私は、介護は個人と個人との魂の関わりと信じている。
でも、時代は変わった。
小学校の教育現場を考えて。
24の瞳の時代は、生徒と先生と親との三者の人間関係で教育現場は構築できた。
今は、社会、政治、教育制度、生活資金、財政、行政、政治、マスコミに差配を受ける。
社会環境の変化が激しい。
社会に余裕が、優しさが無くなってきた。
地域が殺伐として来た。
湖山は社会の縮図。
良い絵と悪い絵が混合している。
しょうがないよ、人間が人間に関わっている仕事なんだから。
きれい事や、偉そうな事を言うのは私達には似合わないよ。
子育てと同じ。諦める事も、投げ出す事もない。
でも、社会が知らなすぎる。理解がなさ過ぎる。
大学病院の医師、看護師が燃え尽きて倒れそう、と言う記事はあるが。
介護には、同情、理解は少ない。
だからこそ、湖山は社会に訴えよう。
声高々に叫ぶ必要はない。
現場の問題を現場の声として、まずは全職員に届けよう。
家族の要望も、行政の期待も正直に伝えて現実を認識しよう。
湖山Gが大きくなりすぎて、私と職員との気持ちが伝わらなくなって来た。
幹部と現場との共感が、自然には、醸成できなくなって来た。
経営者は、後方事務、バックヤードに徹するのが、理想だ。
どうしても、職員に理解されて当たり前と期待しすぎてしまう。
私は、そんな事は自分の甘えだと、戒めてはいるのだが。
諦める事も、逃げることもないよ。年のせいかもしれないが。
代表は、孤独ではありませんか。
そんな事はないよ。
こんな時間に電話をかけてくれる貴方がいるのだから。
もう、お休み。
人に期待してはいけないのかもしれないが、期待しないとやっていけないのが、この仕事だと思う。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章