【10月30日】日記


选择自治体/自治体を選ぶ

alt text

1)中文【10月30日】选择自治体


即使在东京23区,新冠肺炎对策也有相当大的差异。
有的区会定期免费对区内托儿所、介护设施的职员进行新冠病毒检测。
但这些仅仅是微不足道的行政手段。
国民会根据保育教育整顿情况,选择适合居住的地区。
居民有权在广域范围内选择住所、学校、医院、介护设施。
但是,我们不能选择在提供服务期间接受哪种行政的管理指导。
虽然政治家和行政人员都很辛苦,但没有运营自由度的医疗介护设施很难维持,破产倒闭的情况也会增加,这令人担忧。
由于需要获得经营许可的行业,儿童和老年人的需求理应得到了保障,但最终作为民间事业而无利润的设施也会增加。
虽然我们期待地方自治体的所有支援,但因财政困难无法进行。
湖山集团的第一客户是自己的职员。
选择能保障职员生活和生命的城镇,也许才是经营的重点。
话虽如此,却并不是说可以把设施都搬走。
如今比以往更加需要我们与政治家和行政人员一起思考,努力改变政策。
介护行业还没有像医师会、病院会、护士协会那样有力的业界团体。
当下需要各个设施与当地行政建立更紧密的信任关系。
希望行政从监督官变成共同玩家。
虽然似乎会被说成是一厢情愿。
但我认为地域包括就是指官民一体,培养成为共同玩家。
如果有能与我产生同感的行政的话,湖山会很高兴到那里去。
将那里作为职员生活的城市。

2)日文【10月30日】自治体を選ぶ

東京23区でも、コロナ対策にはかなり差がある。
区内保育園、介護施設の職員に定期的に無料でコロナ検査をする区もある。
でも、ごく僅かの行政に過ぎない。
国民は、保育教育の整備状況をよく調べて住む街を選ぶ。
住民は、住所も学校も病院も介護施設も広域で選ぶ権利がある。
しかし、私達サービス提供期間は、管理指導を受ける行政を選ぶ事はできない。
政治家も行政も大変だと思うが、運営自由度のない医療介護施設は維持できず、倒産閉鎖も増えると心配される。
許可事業であるから、児童高齢者のニーズは保証されていたはずだが、結果的に民間事業として採算の取れない施設も増えるだろう。
自治体のあらゆる支援を期待したいところだが、財政難がそれを許さない。
湖山Gの第一のお客様は職員である。
職員の生活と、命を守れる街を選ぶのが経営の要諦になるかも知れない。
と言って、施設の引っ越しが出来る訳ではない。
政治と行政と共に考え、政策を変えていく努力が今まで以上に必要だ。
介護業界は医師会病院会看護協会のような力のある業界団体がまだない。
個々の施設が地元行政と密な信頼関係をより求められる時代がきた。
行政は監督官から、共同プレーヤーになって欲しい。
片思いだと言われそうだが。
地域包括とは官民一体プレーヤーを育成する事だと私は考えている。
共感してくれる行政があれば喜んでその町へ、湖山はいく。
職員の暮らす町として。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章