【10月31日】日記


三振出局/スリーストライクアウト

alt text

1)中文【10月31日】三振出局


月末的双休日两天要召开经营基本会议。
所有的集团法人都要进行月度报告。
从今年开始,为了应对新冠肺炎,在zoom召开全国在线会议。
有近200名干部参加汇报。
因为是线上会议,没有交流的乐趣部分,所以神经会疲劳。
内心开始焦躁。
很难体现出人情味。
通过大电视屏幕,平静地听着报告,感觉就像国会电视广播或在电视上观看联合国会议。
实话实说,很难真正听进心里去。
报告人真的在注视现场吗?
给人一种事务管理者在整理现场报告的感觉。
从现场感觉、当事人责任感上,有隔了一层膜的感觉。
无法传达赤手握住冰块或燃烧的火炬的那般的剧痛。
问题和不幸事件,只说一句对不起就解决了。
对引发问题的职员,如何现场惩罚、激励、培养呢?
传达不出那种迫切。
同样的失败,在13000人中发生了两次。
不应该2次都犯同样的错误。
不仅如此,我的人生经验是,在湖山的设施发生过两次的问题,还会发生第三次。
不是第二次就结束了。
这点,在任何设施都可能发生。
实际上,他们也同样痛苦。
我认为只有通过共享案例来学习解决办法才行,而现在这种紧迫感很弱。
我会听到负责人说,
觉得自己的法人公司没问题。一切正常。
任何羞耻的事情,都应该向全体职员公开,并记录处理结果。
而且,只有200名干部听取汇报,此后也没有传达给13000人。
结束之后,难道不应该用邮件将会议报告、指示、案例研究发给全体职员吗?
责任干部本身就有畏首畏尾的倾向。
只要还没有打破这个现象,湖山的本质问题就无法改善。
那么,怎样才能使全部细胞成为能够自我再生的生物组织呢?
三振出局!
湖山集团,事不过三。
再给你最后一次机会。

2)日文【10月31日】スリーストライクアウト

月末の週末2日間は、経営基本会議。
全ての法人の月次報告がさる。
今年から、コロナ対策で、zoomで全国オンライン会議。
延200名近い幹部が参加発表している。
ネットは、コミュニケーションの遊び部分がないので、神経が疲れる。
心がささくれだつ。
人間味を出しにくいのだ。
大きなテレビスクリーンで、淡々と報告されるのは、国会テレビ放送か、国連会議をテレビで見ている感覚に似ている。
正直に言うと、心の底に響いてこない。
報告者は、現場を本当に見ているのだろうか。
現場からの報告を事務管理者が、中継報告書をまとめている感じ。
現場感覚、当事者責任感から、膜一枚遠い感じがする。
氷や燃える松明を素手で握った激痛が伝わってこない。
問題や不祥事も、すいませんとの一言で終わらせてしまう。
問題を起こした職員、現場をどう、罰し、励まし、育成していくのか。
その切実さが、伝わってこない。
同じ失敗が、13000人の中で、2度起こる。
2度と同じ過ちを起こしてはいけないはず。
それどころか、私の人生経験は、湖山の施設で2度起きた問題は、3度起こる。
2度ではない。
それくらい、どの施設でも、起きうる事。
実際、同じく苦しんでいる。
ケースを共有して、学ぶしかないと思うのだが、その切迫感は薄い。
自分の法人は大丈夫です。大丈夫と思っていました。
との答弁が聞こえる。
どんな恥ずかしい事も、全職員に、公表して、対処処分結果を記録に残すべきだ。
しかも、200名の幹部だけが、聞いても13000人には伝わっていない。
これからは、会議報告、指示、ケーススタディは、全職員に、メールで送るべきではないか。
担当幹部自身が及び腰、後ろ向きなのが現実。
そこを打破しない限り、湖山の本質的問題は改善しない。
全細胞が、自己再生していく生体組織にするにはどうしたら良いのだろうか。
スリーストライクアウト!
湖山として、3度は許しません。
一度はチャンスを与えても。

用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章