【10月12日】日記


网络心连心/ネットで繋がる心

alt text

1)中文【10月12日】网络心连心


我作为讲师,在网上参加了我当特聘教授(不是匿名教授)的那所大学的研讨会
在后期第一次研讨会上,我发现学生的回答很谨慎,很紧张。
这也难怪。我也会因为情况与预想不同而感到困惑。
但是,我阅读了大家发给我的讲义感想。
大家作为以社会保障为目标的学生,都写出了非常棒的感想。
有在特养老人院打工的学生。
表示也想在湖山集团打工。
有以医疗秘书为目标的学生。
我对那个学生这样说。
医疗知识,秘书技术是理所当然的。
为什么要成为医疗秘书呢?
医生和病人之间的沟通是秘书的工作。
为此,需要能够产生共鸣的感性、同情心、温柔。
如果没有,以医疗秘书为目标将毫无意义。
也没有相应的资格。
我很感激那些严肃地、正确地接受我启发的学生。
我想培养这样的学生,让他们将来能成为医院的事务长和老人院的院长。
如果大家入职的话,我想我们湖山集团有这样培养他们的义务。
如何当好一位医生。
如何当好一名护士。
如何当好一名事务员。
在这之后,我希望你成为一个管理人员,成为一个能够培养后辈的人。
作为代表,感受年轻人的困惑和呼吸,自己的自觉和责任也与日俱增。
这个学生的前辈在湖山的设施工作。
希望他年年继承下去。
为此所需的责任,干部和我一起背负。
对没有孩子的我来说,大家就像孩子或者孙子一样。
实际上,在同学会上,出现了孙子结婚就职的事。
在照顾父母的事之后。
在自己生病的事之后。
如果有自己的孙子,会想让他在湖山集团就职吗?
如果不这么想,就没有资格录用。
必须要有这种自信。
只有如此相信的人,才能成为湖山的设施长、理事、社长。
依靠这样的干部,被这样的干部支持着,互相信任致力于解决日复一日的问题。
不管是短信,还是网络,都用心传达。
如果志同道合的话,就会想要彼此信任
昨天,藤泽的特养老人院在网上举办了一场音乐会。
是平时在设施主办钢琴培训班的老师的音乐会。
钢琴和小提琴。四首歌。30分钟。
最后是皮诺曹动画里的《当你向星星许愿》
在去新宿看电影的路上熙熙攘攘的人群中,用苹果手机的音箱听了。
这是一首不知道一生听过几百次的曲子。
即使音质不好,也会在脑海中,在心中,不自觉地响起。
在熙熙攘攘的人群中,握着手机,停下来泪流满面的老人。
新宿的年轻人们呀!
音乐不只是在Live House和阁楼里听的。
也有一个人听的人生的歌曲。

2)日文【10月12日】ネットで繋がる心

小生が特命(匿名ではない)教授をしている大学のゼミに講師として、ネット参加した。
後期初回のゼミで、学生の答えが慎重で、緊張しているのが良くわかった。
無理もない。こちらも、勝手が違い戸惑っている。
でも、その講義感想を教授に送って貰って読んだ。
社会保障を目指す学生として、しっかりした感想だ。
特養ホームでアルバイトをしている学生。
湖山でも、アルバイトして欲しい。
医療秘書を目指している学生。
その学生には、こう伝えた。
医療の知識、秘書の技術は当たり前。
何故、医療秘書を目指すのか。
医者と患者とのコミュニケーションが仕事。
その為には、共感できる感性、思いやり、優しさ。
それが、なければ、医療秘書を目指す意味はありません。
資格もありません。
厳しい、小生の示唆を正しく受け止めてくれた学生に感激した。
こういう学生に、将来、病院の事務長や、老人ホームの施設長になれるように、育てたい。
入職してくれたら、そう育てる義務が、私達湖山にはあると思う。
1人の医師である事。
1人の看護師である事。
1人の事務員である事。
その事の次に、管理職となって、後輩を育てられる人間になって欲しい。
若者の戸惑いと、息吹きを感じる事が、代表としての、自覚と責任を培っている。
この学生の先輩が湖山の施設で働いている。
年々継承していって欲しい。
その為の責任を、幹部は私と一緒に背負っている。
子供のいない私には、子供のようにも、孫のように思える。
実際、同窓会で、孫の結婚就職の話がでるようになった。
親の看取りの話の次に。
自分の病気の話の次に。
自分の孫がいたら、湖山Gに就職させたいと思えるだろうか。
そう、思えなければ、採用する資格はない。
そう、自信が持てるだけの事をしてあげなければならない。
そう、信じている人が、湖山の施設長、理事、社長となっている。
その幹部を頼り、支えられ、信じて、日々の問題に取り組んでいる。
メールでも、ネットでも、心は伝わる。
志が同じならば。そう、信じたい。
昨日は、藤沢の特養ホームから、ネットでコンサートがあった。
普段、施設でピアノ教室を主催している先生のコンサート。
ピアノとバイオリン。4曲。30分。
最後は、ピノキオの「星に願いを」
映画を観に出かけた新宿の雑踏の中で、アイフォンのスピーカーで聞いた。
生涯、何百回聴いたかわからぬ曲だ。
音質が悪くとも、頭の中で、心の中で、勝手に鳴り響いている。
雑踏の中で、スマートフォンを握って、立ち止まって涙している老人。
新宿の若者よ。
音楽は、ライブハウスやロフトだけではないぞ。
一人で聴く人生の曲もあるのだ。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章