【10月18日】日記


观《特工之妻》之前/スパイの妻を観に行く迄

alt text

1)中文【10月18日】观《特工之妻》之前


有大量媒体和政治家参与的讲述电影的集会。
虽然成员都很有地位,但是因为举办时间是深夜,所以这几年我总是缺席。
最近开始蠢蠢欲动,开始想去参加,想听诸位的电影讲坛。
本月的热门影片是获得威尼斯国际电影节最佳导演奖的《特工之妻》。
昨天早上下雨,展会关闭了。电影院肯定也是空着的。
为了赶上早上8:30的会,我提前去了新宿。
会场前排着长队。吓了一跳。
电影会场恢复100%上座率,一半都坐满了。
果然,都是来看黑泽导演作品的中老年人。
没有年轻人在早上八点半来新宿看电影。
如果是我二十岁的时候,常常会在星期五深夜开始,和电影伙伴一起在新宿喝酒喝到早上,星期六上午去最早的电影院睡觉。
看电影也需要消耗体力。这是我最近的感想。
不仅仅是电影正片,即将上映的很多电影的宣传单也让我很开心。
以前是B5,现在是A4纸。
只放传单和预告片就好了。
最好不要看正片。
想把1800日元票钱退回来。这种电影也越来越多。
即便如此,也会发现一些在看到这部电影之前绝对不能死去的佳作。
受新冠肺炎疫情影响,从12月开始上映的正月电影,延期到明年春天上映,正月很寂寞。
从除夕到正月的休假,习惯每天都泡在影院。
明年,电影都会改成在网上上映。
直到明年春天,我都等不及了。
即使发生了意外,即使变异了,也要去电影院。
已经到了这种程度,这就是影迷。
晚上,在电视上看了黑泽导演的特别节目。
年轻的时候就是青年才俊的形象。
年龄与我一样。今年65岁。我一直以天才电影隐士为目标。
是电影界的同期、战友。
电影导演和影迷都会逐渐老去。
我的电影本的名字决定了。
观影之前,不能死去。
出版社还没有决定。

2)日文【10月18日】スパイの妻を観に行く迄

マスコミ、政治家が多く集まる映画を語る会がある。
そのメンバーなのだが、深夜なので、ここ数年欠席していた。
そろそろ参加したい、皆さんの映画談議を聞きたいと虫が動き出した。
今月の話題映画は、ヴェネツィア国際映画祭監督賞を受賞した「スパイの妻」
昨日の朝は、雨。しめた。映画館も空いてるに違いない。
朝8:30の会に間に合うように、新宿に行った。
会場前に、人が並んでいる。びっくり。
映画会場は、全席使用に戻り、半分が埋まっている。
やはり、黒沢監督作品を観に来た年配ばかり。
新宿朝の8時半に映画を観にくる若者はいない。
私の二十歳の頃だったら、金曜の深夜から映画仲間と新宿で朝まで飲んで、土曜の午前一番の映画館に寝に行く事は珍しくなかった。
映画を観るにも体力はいる。と言うのが、昨今の感想である。
映画だけではなく、これから上映予定の、沢山のチラシが嬉しかった。
昔はB5だったが、今はA4。
チラシと予告編だけにして置けば良かった。
本編は見ない方が良かった。
1800円、金返せ。と言う映画も多くなった。
それでも、これを観るまでは、絶対死ねないな、と言う映画が見つかる。
コロナのせいで、12月からの正月映画が、来春になり、正月が寂しい。
大晦日から正月休みは、毎日映画館三昧が習慣だったのだが。
来年は、ネットで映画となってしまう。
来年は春迄、待ち遠しい。
万が一の事があっても、化けてでも、映画館に行く。
そのくらいになって、映画ファンと言う。
夜は、テレビで、黒沢監督の特番を観た。
若い時から、俊英のイメージがあった。
年は小生と同年。今年65歳。こちらは、俊英映画御隠居を目指す。
映画界の同期、戦友。
映画監督も映画ファンも共に老いて生きる。
私の映画本の題名は決まった。
映画を観る迄、死ねない。
出版社は決まっていません。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章