【10月17日】日記


日比谷电影剧场 欢迎回来上映会/日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会

alt text

1)中文【10月17日】日比谷电影剧场 欢迎回来上映会


10·31开始,东京国际电影节将在六本木举办。
之前某年,也有几乎一周都在六本木hills度过的经历。
那一年,在电影节上发现了《最强的二人》。
当时真的犹豫要不要买下发行权。
虽然是愚蠢的事情,但是我依然后悔没有投标。
如果买到了的话,会更后悔的吧。
在银座老字号的年轻老板的聚会上,参与银座庆典的时候。
我想把国际电影节带到银座,可是没能实现。
电影院主要在日比谷,不仅仅是在银座。
虽然有大型电影公司的总部在银座,但我对银座庆典并不感兴趣。
都是年轻时屡战屡败的回忆。
努力3年左右放弃了。
在有大企业赞助商的涉谷,包括六本木,根本没法实现自己的梦想。
渐渐地,电影业界包括制作、配给、电影院、网络通信在内,没有大资本就无法实现。
这样一来,就能看到昂贵的大制作了。
在世界范围内,大受欢迎的电影被称为“重磅炸弹”。
因为花费了巨大的资本,所以要制作出绝对卖座的电影。
也就是说,美国也好,亚洲也好,欧洲也好。
基督教国家也好,伊斯兰国家也好。
资本主义也好,共产主义也好。
无论是大人还是小孩都能乐在其中。
也就是说,制作成像披萨和汉堡肉这样谁都不会抱怨的、安全的口味。
虽然很好吃,但也仅此而已。
有瑕疵的、别具一格的作品。
有个性的演员。
自以为是,狂妄自大的年轻导演。
虽说现在只是无名之辈,但说不定将来会是巨匠。
留给这种怪人的龙门(门径)、机会,变得越来越少了。
没有钱的影迷,为了支持这些人,给他们应援,自己掏钱去电影院。
就像买一本滞销书作家的书一样。
昨天开始,电影节在日比谷电影街开幕了。
只是今年的活动吧。
我认为这是为了鼓励受新冠肺炎疫情影响的电影院。
在室外,大厅里放映着名作。免费观看。
最重要的是,还展示着拥有百年历史的电影杂志《电影旬报》(キネマ旬報)。
在展示板上展示着电影女演员的写真封面。
真是令人怀念。在我出生很久之前的明星照片让我印象深刻。
表情和姿势怎么看都是大明星。
而不是隔壁家的小姑娘。
那些视线和动作,现在再看可能有点难为情。
虽然满心怀念过去美好的年代,但接下来要去看的作品是闪闪发光的新作。
黑泽清导演,加油!

2)日文【10月17日】日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会

10・31 から、六本木で、東京国際映画祭が開催されます。
昔は1週間殆ど、六本木ヒルズで過ごした年もありました。
「最強の二人」を映画祭で見つけた年です。
本気で、配給権を買おうかどうか迷いました。
愚かな事ですが、未だに、入札しなかった事を後悔しています。
買えたしまったら、もっと後悔したでしょう。
銀座老舗の若旦那の会で、銀座祭りに関わっていた頃。
何とか、国際映画祭を、銀座に持ってきたかったのですが、かないませんでした。
映画館は主に、日比谷で銀座だけではありませんでした。
大手映画会社の本社は銀座にあるのですが、銀座祭りには関心はありませんでした。
若い頃の連戦連敗の思い出です。
3年くらい頑張って諦めました。
大企業スポンサーのある、渋谷、やがて六本木に叶うはずはなかったのです。
映画業界は、ますます、制作も配給も映画館もネット配信も、全て大資本でなくては、叶わなくなりました。
その分、お金の掛かった大作を観れるわけですが。
世界中で、大ヒットさせる映画をブロックバスターと言います。
巨大資本を費やすので、絶対ヒットさせるように作ります。
つまり、アメリカでも、アジアでも、ヨーロッパでも。
キリスト教国でも、イスラム教国でも。
資本主義でも、共産主義でも。
大人でも、子供でも楽しめる。
つまり、ピザやハンバーグみたいな誰もが文句を言わない無難な味付けになります。
それも、美味しいのですが、そればかりだと。
癖のある、捻った作品。
個性のある役者。
ひとりよがりで、生意気な若手監督。
そう言った、今は無名だけでも、もしかしたら将来は巨匠。
と言った変人の登竜門が、チャンスがなくなってしまうのです。
お金のない映画ファンは、この人達を支える為に、応援する為に、自分でお金を出して映画館に足を運びます。
売れない作家の本を買うのと同じです。
昨日から日比谷映画街で、映画祭が始まりました。
今年だけのイベントでしょう。
コロナで痛めつけられた映画館を励ます為だと思います。
屋外、ロビーで名作の上映をしています。無料です。
何よりも、今年100年の歴史を誇る映画雑誌キネマ旬報。
その、映画女優の写真の表紙をパネル展示されています。
懐かしい。私の生まれる遥か前のスターの写真が印象的。
表情、ポーズが何と言っても、スター。
隣のお嬢さんではないなあ。
あの視線、仕草は、今だったら、恥ずかしくて出来ない。
古き良き時代に懐かしさは募るが、これから観に行く作品は、ピカピカの新作です。
黒沢清監督、頑張れ。

用户7825 用户7825
5 个月前
1

扫描下方二维码手机阅读文章