【10月6日】日記


夜勤あり、休館日なし

alt text

1)中文【10月6日】休刊


休刊


2)日文【10月6日】夜勤あり、休館日なし

東京には、母子支援施設と保育園がある。
母子支援施設で、保育士の採用に苦慮している。
保育士も都会では、人手不足。
少子高齢化の中で、10年後はデイサービスにできるように設計した。
と、言う保育園理事長の話を聞いた事がある。
でも、今は、介護も保育も人手不足。
最近、コンビニ就職希望が増えたと新聞が報じている。
介護、保育にも、きて欲しい。
同じ保育士の職場でも、保育園は日曜祭日は休みだと思う。
夜勤当直もないと思う。
映画で、新宿の24時間保育所のドキュメンタリーを観た事がある。
特殊な例だから、映画になったのでしょう。
国会でも論議になり、知り合いの国会議員も観に来ていた。
警察も、消防署も、病院も、介護施設も、24時間、365日の仕事。
当たり前だが。
鉄道、バス、航空機の公共交通機関もそう。
勿論、水道下水、電気も。
当たり前だが。
その、大変な仕事に対する国民のリスペクトは、充分だろうか。
報酬は充分だろうか。
栄養士学会で、講演者が言っていた。
何故、栄養士が、医師看護師同様に社会的力を持っていないのか。
夜勤当直、祝日土日勤務をしていないからだ。
何故、皆さんは栄養士を選んだのか。
夜勤、週末の勤務がないからではないのか。
救急病院ならば、入院時に、医師看護師と一緒に対応すべきだ。
そう、力説していたが、栄養士の聴衆の反応はなかった。
栄養士も、24時間、土日も病院ならば、看護師と同様に勤務すべきだ。
と言うのは、正論だが。
20年以上前の事、老健で、週末に事故があった。
管理部長に緊急電話をしたが、終日、応答しない。
月曜日に何故出ないのかと聞いた。
私は、週末は電話に出ない事にしていますから。
驚いた。こんな人が施設責任者になっているのか。
幸い、直ぐに、責任者は変わった。
また、当時、知人に聞いた話。
福祉の進んでいる自治体として、有名な地区。
そこには、自治体を頼って、移り住んできた障害児を持つ家族が沢山いた。
立派な福祉館があるのだが、日曜祭日は休館。
家族会が、行政に、自分達が責任持って管理するから、日曜祭日も使わせて欲しい。
仕事を持っている親は、週末しか集まれない。
でも、当時の部長さんは、断った。
休日に事故があったら、自分の責任になる。
開館していたら、責任者の自分が行かなければなる。
休みを取れなくなる。
だから、開館にはしない。
そう、言われたそうだ。
今は、そんな事はないと思うが、そう言う時代もあった。
赤ん坊を育てている親に、24時間365日休みはない。
当たり前だが。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章