【10月1日】日記


新的过去/新たなる過去

alt text

1)中文【10月1日】新的过去


凌晨4点,在床上阅读网络晨报。
从早上5点开始,一边听电视新闻,一边写这篇日记。
在开始写之前是不知道要写什么的,一边写一边改变主旨也是常有的事。
一边思考着从今天开始的事,明天开始的事,一边记在内心深处。
在那里看到的风景,不是明亮的未来,而是令人怀念的过去。
小学的时候,电视剧《时光隧道》很受欢迎。
时间机器是隧道的形状,主人公会被发射到隧道的尽头。
研究所的时光机屏幕上,会映出那个时代的风景。
平时不会想起的那些过去记忆的影像,被映在大脑的记忆屏幕上。
在电影《公民凯恩》中,我们将探寻已故之人所说的临终遗言——“玫瑰花蕾”的秘密。
是一个寻找死者尘封的幼儿体验、幼儿记忆的旅行故事。
我的思考、经营判断也来自于过去的经验。
最近,对经营干部提交的请示感到纳闷的次数变多了。
是经验的差距。
自己的苦难失败的记忆复苏了。
我的自信被自己的经验所束缚。
日本的社会风土从江户时代开始就没有改变。
行政的存在方式思维逻辑,从明治时代开始就没有改变。
司司。读作“tsukasa tsukasa”
这是一句老话,说的是日复一日地工作,竹下总理经常把这句话挂在嘴边。
为实现医疗福祉政策,我从事设施建设事业已经37年了,这项事业与行政息息相关。
虽然我想要不受经验的限制,以新的第三部门为目标。
结果还是换汤不换药。
我想把我失败的经验告诉年轻人。
希望不要重蹈覆辙,取得新的成功。
传达给下一代。
有人说,历史学就是用现代价值观解释过去。
以过去的业绩为基础,创造不被过去束缚的新的未来,我认为这就是经营。
将社会改革和自保繁荣这两个DNA联系起来的是湖山的经营理念。
另外,从今天开始将进入本年度后期的第一天。
都立广尾医院、顺天堂练马医院都有院内群体感染情况。
从东京开始的第二波新冠肺炎疫情非常可怕。

2)日文【10月1日】新たなる過去

午前4時には、ネットで朝刊を読む。寝床で。
午前5時から、テレビニュースを聞きながら、この日記を書き始める。
何を書くかは、書き始める迄わからないし、書きながら趣旨が変わってしまうのも、何時もの事。
今日からの事、明日からの事を思案しながら、心の奥底に沈んでいく。
そこで見える風景は、明る未来ではなく、懐かしい過去。
小学生の頃、TV「タイムトンネル」が人気だった。
タイムマシンがトンネルの形状で、主人公はトンネルの先に、飛ばされて行く。
研究所のタイムマシンのスクリーンに、向こうの時代の風景が映る。
普段は思い出す事のない、過去の記憶の映像が、記憶の脳のスクリーンに映写される。
映画「市民ケーン」では、「バラの蕾」と言う故人最期の言葉の謎を探る。
封印された、故人の幼児体験幼児記憶を探す旅物語。
私の思考、経営判断も過去の経験から来ている。
最近、経営幹部が上申してくる稟議に首を傾げる事が多くなった。
経験の差だ。
自分の苦難失敗の記憶が蘇る。
私自信が、自分の経験に縛られているのだ。
日本の社会風土は江戸時代から変わらない。
行政のあり方考え方も、明治時代から変わらない。
司司。つかさつかさ、と読む。
日々変わらぬ、お勤めと言う古い言葉だが、竹下総理が良く口ずさんでいた。
私の37年になる、医療福祉の政策実現施設事業は、良くも悪くも行政と一体だった。
その経験に縛られず、新たな第三セクターを目指して来たのだが。
新しい皮袋に、古いワインを入れるようになってしまう。
私の失敗の経験を若者に伝えたい。
そして、同じ失敗を繰り返さず、新たな成功を成し遂げて欲しい。
次の世代には。
歴史学は、現代の価値観で過去を解釈する事だと言われる。
過去の実績の基に、過去に囚われない新しい未来を作るのが、経営だと思う。
社会改革と自己保存繁栄の二つのDNAを絡めるのが、湖山の経営。
また、今日から後期の第1日目が始まる。
都立広尾病院、順天堂練馬病院に院内クラスターが発生している。
東京から始まる、コロナ第2波が恐ろしい。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章