【10月11日】日記


桌上剪刀的使用方法/机のハサミの使い方

alt text

1)中文【10月11日】桌上剪刀的使用方法


银座的桌子右边放着一把大剪刀。
就在右手边很容易拿到的位置。
刀刃长50厘米。
和电影中出现的一模一样。
大家非常惊讶。
做什么用的呢?
简直就像自己的头要被砍下一样。
那是剪报用的专用剪刀。
以前放在某个事务所。
把业界相关的报道漂亮地剪下来,复印给董事传阅。
现在,因为我自己清晨会发邮件,所以不用了。
这么说来,以前家里传真机、复印机是必备的。
周末的晚上,把请示书、裁决书签字后送回设施的日子到哪年才结束了的呢?
海外出差的酒店里也有传真机用来发紧急报告。
然后深夜里设施事务所的传真机的铃声就会响起了吧。
好恐怖的风景啊。
从小时候开始,剪报就成了我的爱好。
把剪贴簿当成宝贝。
剪报也变成专业级的,甚至不用剪刀。
用大尺子一口气切下来。
一口气,笔直地漂亮地切开。
想让你觉得这是手艺人的特技。
最初的剪贴簿是寻人、寻找物品、联络同学会、葬礼等三行广告。
模仿福尔摩斯。
没找到案子,立刻就放弃了。
中学的时候,是天声人语和人物评论的专栏。
也叫月旦,当时的人物谈议很有意思。
现在报纸也只看小专栏。
不看整版的大新闻、政治新闻。
因为没意思。不在我关心的知识领域内。
经济栏中,中小企业的新产品等也很有意思。
已经没有那样的报道了。
一个人,微笑着思考如果是自己的话,如何改良、接续新产品。
制定虚构的开发、制造、营销宣传战略。
这就是快乐。
几年后,现实中这样的商品、酒店、服务、风险企业面世。
看到之后就觉得当初我要是做了就好了。
没有什么可后悔的。
企划构思本身就是快乐的,有趣的。
令人联想起小说电影的情节。
这是病。
不用担心。下班的时候就忘记了。
桌上的剪刀生锈了。
没有磨刀石不行。
因为不知道什么时候需要使用。
当然是为了剪报纸。
今天有线上音乐会。
14:15 ~ 14:45
山茶花会 特养老人院山茶花藤泽SST
登载在设施和Health Design的主页上

2)日文【10月11日】机のハサミの使い方

銀座の机の右には、大きなハサミが置いてある。
すぐ、右手で取りやすい位置に。
刃渡り50センチはある。
映画シザーハンズに出て来るのにそっくり。
皆さん、驚かれる。
何に使うんですか。
まるで、自分の首を切られるのかと思うのだろう。
それは、新聞の切り抜き用専用鋏です。
昔は、どこの事務所にあった。
業界関係の記事を綺麗に切り抜き、コピーして重役に回覧する。
今は、私自身が、明け方にメール添付するので、使わなくなった。
そう言えば、昔は、自宅にファクシミリ、コピー機は必需品だった。
週末の夜に、稟議書、決裁書をサインして施設に送り返していたのは、何時の年までだったろう。
海外出張先のホテルにも、緊急報告はファクシミリだった。
深夜に施設事務所のファクシミリの呼び鈴が鳴り響いていたはず。
怖い風景だなあ。
子供の時から、新聞切り抜きは趣味だった。
スクラップブックは宝だった。
新聞切り抜きもプロ級になると、ハサミは使わない。
大きな定規で、一気に切り取る。
一息で、真っ直ぐ綺麗に切り裂く。
職人芸だと、思って欲しい。
最初のスクラップブックは、尋ね人、探し物、同窓会連絡、葬式などの、三行広告。
シャーロック・ホームズの真似。
事件は見つけられず、直ぐに辞めた。
中学校の頃は、天声人語と人物評のコラム。
月旦(げったん)とも言う、時の人の人物談議が面白い。
今も、新聞は、小さなコラムしか読まない。
一面の大ニュース、政治ニュースは読まない。
面白くないから。私の知的関心外。
経済欄も、中小企業の新製品などが面白い。
そんな、記事を切り取る事はもうない。
1人、ほくそ笑んで、自分だったら、どう改良して、新製品につなげるか。
架空の開発、製造、営業宣伝戦略を練る。
これが、楽しい。
数年後、実際、そのような商品、ホテル、サービス、ベンチャーが世に出る。
それ見たことか、やれば良かった。
などと、悔しむ事はない。
企画構想そのものが、楽しい、面白い。
連想して、小説映画のストーリーが頭に浮かぶ。
病気です。
心配は入りません。出社の頃には、忘れています。
机上のハサミはサビています。
砥がなくては。
何時、使う必要になるかわかりませんからね。
勿論、新聞を切る為です。
本日、WEBコンサートがあります。
14:15〜14:45
カメリア会 特養ホームカメリア藤沢SST
施設及びヘルスケアデザインのHPに掲載

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章