【10月15日】日記


走向社会,走向世界/社会へ、世界へ

alt text

1)中文【10月15日】走向社会,走向世界


日本医院会的学习会、Rotary的集会开始了。
政治家的学习会也开始了。
早餐会重新开办了,但是也有只是喝喝咖啡的聚会。
虽然会费和早餐会费用一样。
银行、常年合作方的往来也重新开始了。
时隔多日,又去了银座的餐厅和电影院。
人山人海,即使只有一半的客人,但街上的店铺仍都亮起了灯。
我看了世界著名男高音歌唱家帕瓦罗蒂的纪录片。
仅凭他的声音,就会感动人。
加之诗和演技的部分,更能打动人心。
他被称为世界的恋人、意大利的国宝。
虽然歌剧不是我擅长的领域,但仅是听他的声音,我的心就会动摇。
画家、音乐家、建筑师。还有设计师。
现在正在上映皮尔·卡丹的纪录片。
这个也推荐给大家。总之都是很令人怀念的画面。
各个领域的艺术家都被拍成电影,凡是这种电影我都会去看。
举世闻名后,帕瓦罗蒂与摇滚歌手一起举行了演奏会。
为了戴安娜王妃和联合国慈善机构。
建立学校,教育年轻人。
同时,开始致力于社会活动。
既不是因为名人、成功者的义务感,也不是来自社会的要求。
是他本人的渴望将他推向新的世界。
卡丹也从服装,向所有的设计,名牌商品拓展。
为什么?
我觉得既不是钱,也不是名声。
是不断涌现的才能和无法抑制的能量。
医疗福祉支撑着社会。
并且,让社会变得更美好。
也许有些骄傲自满,但也有殷切渴望、为此奋不顾身的时候。
与新冠肺炎的战斗,不仅仅是与病魔的战斗。
我们必须保护城市和生活不受新冠肺炎的伤害。
如果没有使命感,这种紧张感是无法持续下去的。
我知道,我们不应该与新冠肺炎作战,而是必须与其共生。
这让我想起了风之谷的娜乌西卡。

2)日文【10月15日】社会へ、世界へ

病院会の勉強会、ロータリーの会合も動き出した。
政治家の勉強会も。
朝食会は復活し出したが、コーヒーだけの会もある。
会費は朝食付きと同額だが。
銀行や、年引先の来社も復活してきた。
久しぶりに、銀座のレストランや、映画館にも行く。
人並み、客は半分でも、兎に角、街に店に灯は灯った。
世界的テノール歌手のパヴァロッティのドキュメンタリー映画を観た。
オペラは、歌手の声だけで、人を感動させる。
詩や演技がある分、更に人の気持ちを揺さぶる。
彼は、世界の恋人、イタリアの国宝と言われる。
オペラは、苦手な分野なのだが、彼の声だけで、心が揺さぶられる。
画家、音楽家、建築家。デザイナー。
今、ピエール・カルダンのドキュメンタリーも上映されています。
こちらも、オススメ。兎に角、映像が懐かしい。
あらゆる、芸術家の映画が多数作られていて、私は全て観に行く。
パヴァロッティは、世界的名声を得ると、ロック歌手と一緒に演奏会を仕掛ける。
ダイアナ妃と、国連慈善活動の為に。
学校を作り、若者の教育に。
そして、社会活動に目覚める。
有名人、成功者の義務感でも、社会からの要請でもない。
本人の渇望が新たな世界に、本人を押しやる。
カルダンも、服装から、あらゆるデザイン、ブランド商品に、手を伸ばす。
何の為に。
お金でも、名声でもないと思う。
湧き上がる才能と、エネルギーを抑え切れないのだ。
医療福祉は社会を支える。
そして、社会をより良いものにする。
思いあがっているのかも知れないが、そう切望し、奮い立たされる時がある。
コロナとの戦いは、病との戦いだけではない。
私達は、コロナから、街と生活を守る事が、必須。
その使命感がなければ、この緊張感は続かない。
コロナと戦争するのだはなく、共生しなければならないとは、わかっているのだが。
風の谷のナウシカを思い出す。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章