【10月20日】日記


去上海/上海へ

alt text

1)中文【10月20日】去上海


昨天,从上海来的两名技能实习生,来银座跟我打招呼。
2年的实习期结束了,明天要回上海。
来日本的时间很晚,实际只在这里待了一年半。
来日本前在上海见面的时候,两个人都是紧张不安的感觉。
现在,两人沉着又充满自信。
当我问到研修期间不辛苦吗?
他们笑着回答我。
日本的前辈很亲切,很开心。
大家都很温柔。
交到很多同期的日本伙伴了吗?
喜欢日本的食物吗?
喜欢烤肉和天妇罗。
因为是午饭时间,所以在银座的小餐馆吃了饭。
为了避免人群密集,我们把两张桌子连起来,在包厢里吃饭。
也点了天妇罗。
我自己也是时隔半年才来这家店。
最近,在会议上使用这里的便当。
是我喜欢的店。
将银座ミツバチ(银座蜜蜂)的蜂蜜作为礼物送给了他们。
两人今天应该会在秋叶原买伴手礼吧。
现在上海正在建设的1000张床位的老人院,明年竣工。
在上海见面吧。
我想在上海迪士尼乐园开研讨会。
我想让各位学习日本,然后,希望他们能在上海建立一个和日本不同的养老院。
日本的我们,也从北欧学习,开发了现在的日本的看护设施。
是日本的原创,不是外国的原创。
一看到现在的中国,就会想起日本30年前的老年医院、老人院。
现在,你们学到的日本,是15年后的上海。
不久的将来,少子高龄化的程度也会追上日本,超越日本。
日本100个单位的设施和中国1000个单位的开发规模不同。
喜欢泡澡的日本和认为淋浴就够了的中国的生活文化不同。
无论是在日本,还是在中国,两国的工作人员都很友好地工作着。
享受两国的料理、音乐、麻将、围棋。
湖山的梦想就是建造一座能成为中日文化桥梁的老人院。
又增加两名中国朋友成为了日本的粉丝,是这两年的最高成就。
上海的看护事业,还是个未成熟的蛋。
剥啄。
雏鸟破壳而出。
里面的雏鸟是必然会诞生。
当然也需要从外面啄破壳的母鸡的力量。
成长吧,飞翔吧,上海的孩子们啊。

2)日文【10月20日】上海へ

昨日は、上海から来ている、技能実習生2名が、銀座の小生に挨拶に来ました。
2年の実習期間が終わり、明日には、上海に帰国するのです。
日本の入国が遅れ、実質には、1年半でした。
上海で、来日前に会った時は、両名共、緊張と不安の趣でした。
今は、落ち着きと自信に満ちています。
研修期間中は辛くなかったですか。
日本の先輩が、親切で嬉しかった。
皆優しい。
と笑顔で答えてくれます。
日本の同期の仲間が沢山出来ましたか。
日本の食事は気に入りましたか。
焼肉と天ぷらが好きです。
お昼だったので、銀座の小料理屋で食事をしました。
密にならないように、2つのテーブルをつなげて個室でお食事です。
天ぷらも付けました。
私自身も、このお店に来るのは、半年ぶりです。
最近、ここのお弁当を会議で使います。
お気に入りのお店です。
銀座ミツバチの蜂蜜をお土産に差し上げました。
2人は、今日は秋葉原でお土産を買っているのでしょう。
現在上海で建築中の1000床の老人ホームが、来年竣工します。
上海で会いましょう。
上海ディズニーランドで、研修会をしたいね。
日本を学び、そして、日本とは違う上海の老人ホームを作って欲しい。
日本の私達も、北欧から学んで、今の日本の介護施設を開発した。
日本のオリジナルであって、外国のオリジナルではない。
今の中国を見ると、日本の30年前の老人病院、老人ホームを思い出します。
今、君達が学んだ日本は、15年後の上海です。
やがて、少子高齢化も、日本に追いつき、追い越します。
100単位の施設の日本と、1000床単位の中国と開発規模が違います。
お風呂好きの日本と、シャワーで充分と言う中国と生活文化が違います。
日本に於いても、中国においても、両国のスタッフが仲良く働く。
両国の料理、音楽、麻雀、碁を楽しめる。
そんな、文化の架け橋になる老人ホームを作るのが、湖山の夢です。
日本ファンの中国の友人を2名増やせたのが、この2年の最高の成果です。
上海事業は、まだ、卵です。
啐啄。
雛が、卵の殻を破って出てきます。
中の雛は必至です。
外からも殻を突く親鳥の力も必要です。
育てよ、翔け、上海の子らよ。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章