【10月9日】日記


乐高美术馆/

alt text

1)中文【10月9日】乐高美术馆


川崎的特养老人院是乐高美术馆。
这里展示着日本唯一的乐高总部认定的专业乐高建筑师的乐高壁画作品。
是用乐高临摹(伊藤)若冲有名的屏风的作品。
是绘满宝色影像和各种动物的著名屏风。
因为乐高零件的背面是凹凸点,所以可以说是彩色乐高盲文画吧。
除了若冲之外,还展示着法国印象派名作的临摹。
乐高绘画是一门艺术。
10米长的屏风彩绘变成了大壁画。
作品的冲击力和色彩都非常棒。
建设乐高美术馆不是我的提案。
设施负责人执着地表示非常想去尝试。
其实,我一直到最后都在反对。
老年人也许对乐高不感兴趣吧。
但是,可不可以用于康复训练呢?
旁边是福利设施,老人们能来玩吗?
在大厅也设置了面向孩子的乐高游乐场。
在负责人的热情推动下,最终完成了。
开业之后发现,非常成功,人气很高。
从第一年开始,设施的到馆人数就是日本第一。
最重要的是,还有一家人带着孩子来参观。
一般情况下,去老人院的时候,会把小孩交给别人照顾。
(但是)乐高美术馆里有儿童乐高乐园。
带着孩子来的话,可以把他们安心地安置在这里。
旁边是市营体育馆。
父母在参加排球大会的时候,孩子就在乐高乐园玩一天。
可以和办理了日间护理服务的老人一起享用点心和果汁。
当然,是免费的。
设施方面会按儿童志愿者的待遇对待他们。
周日上班的工作人员也可以带着自己的孩子来上班。
没有托儿所。
小学生给老年用户分发茶。
应该会比我倒的茶更好喝吧。
乐高美术馆还展示着东京大学乐高部的作品。
实际上,作品都是大型的,在大学里很难保管。
希望湖山的设施给大家提供展示场地,自由使用。
大学讲堂、名古屋站、名古屋城等,有很多巨大建筑的主题作品。
总之,请看实物。
乐高已经不仅是孩子们的玩具了。
整个建筑内部都使用了乐高设计。
厕所、楼梯上都有隐藏的签名。
请找找看。
暑假有东大乐高部的乐高教室。
聚集了很多当地的小学生。
玩乐高的孩子都很聪明。
通过立体模型,培养了数学的立体空间构想能力吧。
每次都有家长的提问。
怎么做才能进东大呢?
孩子的本人也说。
因为想进乐高部,所以想去东大!
大家很兴奋,很开心吧。
老年人用户不玩乐高。
但是,只要看到开心的孩子们来玩,老人们就会很开心。
我们正在建造各种各样的美术馆类型的设施。
经常被问到企划用的是哪家事务所?
我们都会挺起胸膛回答。
不需要专业人员。
依靠的是在这里上班的工作人员的构思和热情。
因为工作人员是在建造自己的家。
今后,湖山的文化设施也会继续建设。
今天也和那个建美术馆的干部,又去了一次川崎市政府。
展示新的设施方案。
不知道是否被选定。
但是,和工作人员一起,构思新的企划的时候是最幸福的。
实际上,做起来很困难。
落选的话也会松一口气。
但这种话我不能对工作人员说。
今天也精神高涨。
即使下雨也毫不介意。

2)日文【10月9日】 レゴの館

川崎の特養ホームは、レゴ美術館です。
日本で、唯一のレゴ本社認定のプロレゴビルダー作家の壁画レゴ作品が展示されています。
若冲の有名な屏風をレゴで模写した作品です。
白い像や動物が満載の有名な屏風です。
レゴの裏は角の点になっているので、カラフルなレゴの点字絵とでも申しましょうか。
若冲以外にも、フランス印象派の名作の模写が展示されています。
レゴ絵画は芸術です。
10メートルの屏風絵が、大壁画になりました。
その、迫力、輝き、素晴らしいです。
レゴ美術館は私の発案ではありません。
施設責任者が、是非やりたいと、こだわりました。
実は、私は、最後まで反対しました。
お年寄りは、レゴに関心はなかろう。
でも、リハビリには使えるかな。
隣は、福祉施設なので、遊びに来てくれるかな。
子供向けのレゴ遊び場もロビーに設けました。
責任者の情熱に押されて、完成したのです。
開けてみたら、大成功、大人気。
初年度から、施設来館者数は日本一です。
何よりも、ご家族が、子連れで来館します。
普通、老人ホームに行く時に、小さな子供は、誰かに預けて来るでしょう。
レゴ美術館には、子供レゴランドがあります。
子供を連れて来て、安心して置いていけるのです。
隣が、市営体育館です。
親のバレーボール大会の時は、連れの子供は、レゴランドで1日遊んでいます。
デイサービスのお年寄りと、一緒に御菓子もジュースも頂けます。
勿論、無料で。
施設側での扱いは、子供ボランティアです。
日曜日の出勤のスタッフは、自分の子供を連れて来る事も可能です。
施設託児所はありません。
小学生が、お年寄りのご利用者に、お茶を配っています。
私がお茶を出すより、美味しく頂けるでしょうね。
レゴ美術館には、東大のレゴ部の作品が展示されています。
実は、作品は皆大型で、大学では保管場所に困っていたのです。
湖山の施設を、展示場として、自由にお使ください、と、提供しました。
大学講堂、名古屋駅、城など、巨大建築のモチーフが多数あります。
兎に角、実物をご覧ください。
子供のおもちゃとは言えなくなります。
建物内装全体にレゴデザインが使われています。
トイレにも、階段にも、隠しサインがあります。
探してみてください。
夏休みは、東大レゴ部のレゴ教室があります。
地元の小学生が多数集まります。
レゴをする子は、皆、賢そうです。
立体を構築するので、数学的立体空間構想力が育つのでしょう。
毎回、親御さんからの質問があります。
どうしたら、東大に入れますか。
子供の当人も言います。
レゴ部に入りたいので、東大に行きます!
嬉しいですね。楽しいですね。
老人の利用者はレゴをしません。
でも、楽しそうな子供が来てくれるだけで、嬉しそうです。
様々な美術館タイプの施設を建てています。
企画はどこの事務所を使っているのですかと、良く聞かれます。
胸を張って、答えます。
プロは必要ありません。
ここで働くスタッフの着想と、情熱です。
スタッフが、我が家を作るのですから。
湖山の文化施設はこれからも続きます。
今日も、その幹部と、改めて、川崎市役所に行きます。
新しい施設案をプレゼンします。
選定されるかどうかはわかりません。
でも、スタッフと、新しい企画を構想する時が最高に幸せです。
実際、作るのは大変です。
落選すると、ホットしたりします。
スタッフには、言えませんが。
今日は、燃えています。
雨も気になりません。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章