【8月4日】日記


首都圏クラスター

alt text

1)中文【8月4日】休刊


2)日文【8月4日】首都圏クラスター

埼玉県で、病院・老健・高校で同時にコロナクラスターが発生しました。
世田谷区の特養ホームでも。
世田谷区長は中学校の同窓生で、シンポジウムで良く話を聞きます。
昨夜のテレビ、今朝の新聞でも登場しています。
5人の唾液検体を同時に検査する、プール方式を区内に導入する。
症状のない、保育、介護、医療の従事者に社会的検査を定期的に実施する。
素晴らしい。
でも、世田谷区から他の自治体に広がるかと言うと、そうならないと思います。
残念ですが。
湖山は、全国様々な自治体に病院施設があります。
多くの自治体、政治家、マスコミと話す機会があります。
でも、誰も、積極的にコロナには関わろうとしない。
全国民がこれだけ被害を受けながら、テレビでは、疫学、感染症専門家ばかり。
現場の治療、介護現場の状況に踏み込んでくれない。
無理もない。
感染症では、現場には入れない。
だからこそ、現場の私達はもっと現実を世に発信すべきと思います。
家族の方に。
あるいは、施設ホームページで。
せめて、湖山の施設は、全国の地域自治体の役人、政治家に働きかけてください。
話してください。現状を。現場の緊張感を。
私達の為だけではありません。
クラスター発生で、施設が機能停止したら、地域そのものもが大変になります。
災害の場合と違って、社会からの支援を受ける事が難しい状況です。
他県からのボランティアを受け入れないのが当たり前になりました。
感染症対策は、個人、家族、施設単位の城の防御が基本です。
引きこもり状態が続くと、心が折れそうになります。
でも、個人としての私も、こうして、湖山の一員として、皆さんに繋がっている事を心の支えとしています。
毎朝、湖山の皆さんの事を考えます。
ありがとう。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章