【8月7日】日記


湖山農本主義

alt text

1)中文【8月7日】休刊


2)日文【8月7日】湖山農本主義

昨日は、久しぶりに、銀行の役員、支店長とじっくり、お話を聞く機会がありました。
既に、湖山とのお取引もあり、兎に角、湖山の事を良くご存じです。
湖山に高い評価をして頂けている事も嬉しかったです。
このコロナの先行き不透明な時代です。
基本的な社会インフラとして、医療福祉事業はどうあっても支えます。
湖山の経営を信頼します。
労多くして、利の薄い事業を担ってきました。
志の高い職員が、望む限り、利益を未来への事業に投資してきました。
職員を大事にする会社を、銀行も評価します。
全国、私の目の届かない地域の医療介護は、その地域の幹部を信用するしかありません。
世界を航海する湖山丸の安全は、責任感の強い命を掛けた船長を信じるだけです。
志のある艦長の数だけ、船を作ります。
立派な大学ではなくとも、全国津々浦々、どの町にも、母校の小学校中学校を作ります。
無名である事を、誇りに、幸せのよすがとします。
普通の街で普通の施設で、普通の幸せを職員に持ってもらいたい。
グローバルな時代に逆行しますが、ローカル主義。
この日記をしたためるのも、田圃にイネを一本一本植えていく田植えと同じです。
湖山の多様多元主義。
時代の変化への積極的な取り組み。
大型の融資を受けられるのも、斬新なアイデアを実現できるのも、元は全国の地道な職員の力、成果です。
湖山は農本主義。
改めて、そう感じました。
今日は、こやまケア運営委員会に富士宮新築工事地鎮祭。
WEBだから、同時に開催できます。
本日東京は36度、WEBで助かります。

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章