【8月17日】日記


介護バブル崩壊

alt text

1)中文【8月17日】休刊


2)日文【8月17日】介護バブル崩壊

最近、30年前の不動産バブル崩壊の時の世の有り様を思い起こします。
庶民の生活は幸いさほど変わりません。
銀座六本木で毎夜鳴らしていた不動産経営者がいなくなりました。
その周辺のコンサルタント、広告代理店、不動産、タレントの人達も去りました。
その頃から、地方、しかも県境の中山間地を見る様になります。
事業より、農業、自然保護、環境保護、と言った都会人の思い上がった理想を持っていたのですね。
都会人が、故郷を持ち、自然の中での子育てや、老後を、都会と同じ至便さを維持して暮らせる。
そんな、環境雑誌みたいな事を信じていたのですね。
若いって、素晴らしい。
違ったのは、未来学でも、経営学でもありませんでした。
都会と、地方の歴史文化、価値観の違いです。
その事から、銀座での経験、知恵、正義を持ちこんでも、地域毎に全く違うのです。
地域の政治力学も、行政手順も、住民感情も。
日本は、幕藩体制の江戸時代から、地方自治は進歩していないのですね。
人の価値観を変えさせるより、自分の価値観が変わります。
当地の事業は私が創業しても、やがては、当地の経営者へ。
その人達が、今の経営理事と言われる、沢山の役員から選ばれた、法人責任者です。
いわば、副理事長、副社長です。
私の代理人です。
その経営理事が、首都圏に進出して、私と同じ苦労をして来ました。
やっと、地方から都会へ。
やがては、都会から地方へ。
その折り返し点が見えた来たところで、コロナ津波です。
まだ、施設迄到達していませんが、秋の第二波には襲われるでしょう。
川沿いの施設は、昨年同様、川の増水の危険に晒されるでしょう。
来春には、東京の医療福祉施設の閉鎖、倒産が増えます。
その再建を新たにどれだけ担えるのか。
基礎体力を上げます。
赤字施設をなくし、キャッシュフローを増やします。
中途管理者を新規採用します。
首都圏新規事業を担う中間管理者が足りません。
来年度体制の為に、私が全て直接面接をして進めています。
創業オーナーの個人経営から、オープン経営を目指して来ました。
職員への経営情報公開はより進めます。
特に新規湖山グループ参加法人においては不充分です、
湖山共和国は、借金と責任だけ代表が負えば良いと言う体制を目指して来ました。
父湖山聖道理事長の1周忌を前にして、新たな創業の時代を迎えると覚悟しました。
聖道理事長から、経営理事への中間経営者と自分の役目を自覚して来ました。
過去の上り坂の経営は、失敗、赤字も成長が全てを癒す、と受け止めてきました。
でも、これからの、医療介護ドミノ崩壊と、コロナ後の新たな成長の時代を迎えるにあたり、湖山の経営体制を見直します。
下り坂で、車両速度は上がり、車両の重量、乗客は増えるのです。
上り坂は、エンジンを蒸し、アクセルを踏み込むだけです。
下り坂は、ブレーキも使い、細かなハンドル捌きも必要です。
崖から転落しない様に、一時も目が離せません。
そういう緊張感で、今週も始めます。
石が飛んでくる嵐の中、足元の道は穴ぼこだらけ。
新規事業の数は減りませんし、MA が増えます。
ダブルプランどころか、トリプルプランです。
今後の湖山グループの、私の采配を、両手両足の経営と名付けました。
ハイブリット経営の次の時代を進めます。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章