【8月13日】日記


感染测定模拟实验/感染想定シュミレーション

alt text

1)中文【8月13日】感染测定模拟实验


厚生劳动省针对老年人设施,要求8月份提供出现感染患者情况下的模拟实验。
目的在于避免重症化风险高的老年人聚集。
主要有4点内容。
消毒液、口罩等卫生用品的储备情况。
湖山,不光从国内购买口罩,还集体从中国购买了上万个口罩。
职员的健康管理体制。
湖山有8个医疗机构,尽力做好职员的健康管理。
银座医院还会进行新冠检测。
作为密切接触者,全体职员每天的检测状况,都会通过邮箱发给作为理事长的我。
每天都有好几件,每天都很揪心。
将密切接触者转移到个人房间,生活空间的划分如何进行。
湖山的看护设施,几乎都是个人房间。甚至是是组合式个人房间。
出勤体制的变更和系列设施可以以何种程度请求应援职工呢。
在日本,运营看护设施的社会福祉法人,95%都是只有一个特别养护之家。
拥有系列设施的法人等,全国整体来看只有少数。
如果调查一下东京、千叶的院内感染扩大的看护系列设施的实情,
(就会发现)多是医疗法人。
附近有医院。
虽然平时依赖这种模式很好,但是来自外来问诊、员工间,病院的感染就很容易发生。
但是,如果发生20人以上的设施内感染,不管哪个医院,都无法接收新冠患者。
甚至连救护车都不能坐。
出现集体爆发的设施员工基本都是密切接触者,需要在家待机1周。
设施职员就是全灭状态。
最后,有大量来自系列医院的护士进行支援,才能幸免残局。
如果从这样的实例出发,湖山集团的合作力是不可缺少的。
中越地震时,我作为副代表参与建立了灾害福祉广域支援网络雷鸟。
东日本大地震时,全体湖山集团都去东北支援了。
我也在3.13日乘坐3号直升机去了气仙沼的设施,载运食品支援的一幕,仿佛是昨日之事难以忘却。
汽油无法从山形机场售卖,又无法返回,遭遇了2次。
从那以后,来自山形、静冈法人的支援面包车、急救车之所以能够返回东京,都是托湖山集团全国支援行动的福。
不说支援体制是因为实际上没有支援体制。
各个县的法人都不一样。
邮件、电话都不相通。
我、干部、谁也联系不上谁。
每个人,都是因为信任全国的伙伴才开始自主行动。
我自豪的认为这是湖山最出色的地方。
厚生劳动省,要求8月提交报告书。
明年的团体护理学会的主题就定这个了。
忘记苦难的时候它就会卷土重来,
我,一日也不曾忘记。

2)日文【8月13日】感染想定シュミレーション

厚生労働省は、高齢者施設に対し、感染者が出た場合を想定して、シュミレーションを8月中に出すように求める事にしました。
重症化リスクが高い高齢者のクラスター化を食い止めるのが狙い。
主な内容は4つ。
消毒液、マスクなどの衛生用品の備蓄状況。
湖山は、マスクは、国内メーカーからは勿論、中国からも、万単位で中央購買をしています。
職員の健康管理体制。
湖山には、8の医療機関があり、職員の健康管理に努めています。
銀座医院は、コロナ検査も、しています。
濃厚接触者に当たる全職員の検査状況は、毎日理事長の私にメールで報告が来ています。
毎日数件があり、胃が痛くなる毎日です。
濃厚接触者を個室に移す生活空間の区分けをどう行うか。
湖山の介護施設は、ほとんどが、個室。しかもユニット型。
勤務体制の変更や系列施設からどの程度応援職員を呼べるか。
日本中の介護施設を運営する社会福祉法人の95%は、特養ホーム1つ。
系列施設を持っている法人など、全国全体からすれば僅か。
東京、千葉で院内感染が広がった介護系施設の実態を調べると。
医療法人系が多い。
隣に病院がある。
普段は頼りにし、良いのだが、外来受診や、スタッフ間、病院から感染しやすい。
でも、20名以上の施設内感染だと、どこの病院もコロナ患者を受け取ってもらえない。
救急車すら載せてもらえない。
クラスター発生の施設職員のほとんどが、濃厚接触者になり、1週間は自宅待機。
施設スタッフは壊滅状態。
結局、系列の病院から、大挙看護師が応援に入り、破綻を免れた。
このような実例からすれば、湖山グループの連携力が切実に必要とされています。
中越地震で、災害福祉広域支援ネットワークサンダーバードを設立し、副代表となりました。
東日本大震災で、全ての湖山グループが東北支援に動きました。
私も、3・13にヘリコプター3機で、気仙沼の施設に支援食料を掲載し飛行したのは、昨日の事のように忘れられません。
ガソリンを山形空港が売ってくれなくて、帰れなくなり、2次遭難してしまったのです。
その後、山形、静岡の法人から支援に来たワゴン車、救急車で、東京まで帰れたのは、湖山グループの全国支援行動のおかげです。
支援体制と言わないのは、実は、支援体制などなかったからです。
法人は各県違います。
メールも電話も通じません。
私も幹部も誰にも連絡が繋がりません。
一人一人が、全国の仲間を信じて自主的に活動を始めたのです。
湖山の1番素晴らしいところだと誇りに思います。
厚労労働省は、8月中に報告書を求めているそうです。
来年のチームケア学会のテーマはこれで決まりです。
災害は忘れた頃にやって来る。
私は、1日も忘れた事はありません。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章