【8月15日】日記


今夏所失/今年の夏に失ったもの

alt text

1)中文【8月15日】今夏所失


36年前的夏天,是我做秘书长第二年。
医院开始盈利,但日子还是紧巴巴的。
当时我考虑的下一年度的目标,是请得起职员去札幌啤酒馆。
对于当年能拿到手的工资来说这种目标已经很奢侈了。
因此,我决定在银座医院的屋顶上自己建造一个啤酒馆。
那时,屋顶上有一排晾衣杆,衣服被褥随风飘舞。
如果从空中拍一张航空照片,就会发现银座竟然也有晾着床单、毛巾、白大褂的屋顶。
屋顶也是患者休息的地方。
晚上去锁门时,会看到有人抽烟或者谈恋爱的场景。
那里连长凳都没有。就把大塚制药送来的不少活动用的塑料长凳摆在上面。
深蓝色的椅子上写着黄色的“奥乐蜜 C”。
现在已经没有了。
到了晚上也没有灯光。
算是任性,让葬礼从业者把葬礼用的灯笼挂在了屋顶的栏杆上。
像是过盂兰盆节一样。
令人喜悦的,充满回忆的,职员亲手建起的啤酒馆。
里面摆着生啤酒桶和刨冰机。
肯定是从不知道哪家公司那里找来的。
我想应该是在发奖金的前一天吧。
正好是趁着缺钱的时候,想要因为奖金太少向大家致歉。
本来应该是件很开心的事情,但也有一些困难。
屋顶上没有厕所,每次都必须坐电梯下楼。
之所以只搞了2年左右就不做了,可能不止因为拿得出去啤酒厅的奖金了,还有厕所的问题。
年轻时的贫困,随着岁月的流逝,变成了令人热泪盈眶的回忆。
渡哲也去世了。
小学的时候,我在电影院看了《东京流浪汉》。
当时,祖父的熟人中有人给我们电影票。
电影院很昏暗,就在住宅街里面。
我想要爆米花和可乐,跟电影很配。
画面是黑白的,
比起松原智惠子,昏暗中,渡哲也乘着渡船的画面更令人印象深刻。
应该是黑帮题材电影。
后来主题歌大火,至今都印象深刻。
活下来,和恋人分手,再流浪到别的城市。
他会回来救我的。
然后他又会离开。
男人的电影里只会有这两个场景。
今年还没有吃上中华冷面。
今年夏天失去的东西不计其数。

2)日文【8月15日】今年の夏に失ったもの

36年前、事務長2年目の夏。
病院は黒字基調になったが、余裕があるわけではない。
サッポロビアホールに職員を引き連れて行けるようようになるのが来年の目標かなと考えた。
手に届く、それぐらいが日々の目標、贅沢だった。
そこで、銀座病院の屋上で、手作りビアホールを作ろうと思い立った。
当時、屋上は、物干し竿が並び、洗濯物がはためいていた。
空から、航空写真を撮られたら、銀座にもシーツやタオル、白衣が干されている屋上があるのが分かったはず。
患者さんにも憩いの屋上だった。
夜、施錠に行くと、タバコを吸っていたり、ラブシーンがあったり。
ベンチもなかったので、大塚製薬からイベント用のプラスティックベンチを多数頂いて並べた。
濃紺の椅子には、黄色で、オロナミンCと書かれている。
今は見なくなった。
夜間だが、ライトがない。
我がままを言って、葬祭業者に葬式用の提灯灯を屋上の柵に張り巡らした。
お盆に相応しい風景。
楽しく、思い出の職員手作りのビアホール。
生ビール樽や、かき氷機が並ぶ。
どこかの業者さんに頼み込んで持って来てもらったに違いない。
ボーナス支給の前日にしたのではないかと思う。
金欠の頃を狙って、まだ、少ないボーナスのお詫びと考えた。
楽しかったはずだが、困った事もあった。
屋上で、トイレがなく、いちいちエレベーターで階下に降りないといけない。
2年くらいでやらなくなったのは、ビアホールに行くだけのボーナスを出せるようになったからだが、トイレの件もあったかもしれない。
若い時の貧しさは、年月がたつと、涙の思い出となる。
渡哲也が亡くなった。
小学校生の時、映画館で「東京流れ者」を観た。
当時、祖父の知り合いに、映画のチケットをくれる人がいた。
住宅街の暗い映画館だった。
ポップコーンとコーラが楽しみで、映画に付き合う。
白黒の画像。
松原智恵子より、渡し舟に乗る、渡哲也の暗い風情が記憶にある。
ヤクザ映画だったと思う。
歌がヒットして、今でも耳に残る。
生き延びて、恋人とも別れ、また別の街に流れる。
彼が助けに来てくれる。
彼がまた、去って行く。
男の映画には、この2シーンしかない。
今年は、まだ、冷やし中華を食べていない。
今年の夏に失ったものは数知れない。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章