【8月2日】日記


世界团队护理学会/ 世界のチームケア学会

alt text

1)中文【8月2日】世界团队护理学会


7.31的团队护理学会首次利用了zoom、YouTube。
截至去年,都是在大学会场举办,有350人参加。
通过zoom将湖山270个设施连接在一起,YouTube上有1030名与会者。
与其说是“利用”,应该说是在虚拟世界中的学会体验。
由于摄影技术,“整体感”很不一样。
相机如果拍摄整个房间的话是无法传达(个人)心情的。
这次,灯光照在演讲者脸上,也能清楚看到表情。
总部的投影屏上,可以同时看见20名参与者。
也就是说,谁正在认真听着谁的演讲,谁不认真都很明显。
因为与会者拥有整体感。
所以虽不是集体学会,但在网上也有实感。
通过网络放送的音乐直播也是这种感觉吧。
说实话,挺不错的。
演讲内容也十分精彩。
(主题)集中在防疫措施这点也很成功。
因为这是现在与每人每天都息息相关的主题。
另外,摘录的大纲质量也高。
有的演讲内容直接做成了新冠防疫对策手册,核查清单。
照片也很好。
像是集结了专业编辑者。
有印刷摘录的预算,这次想着出版出来。
也有来自中国、缅甸的参与者。
想请来技能实习生、语言学校探讨翻译成中文、缅甸语。
这次会议是向世界展示的团队护理学会的好机会。

2)日文【8月2日】世界のチームケア学会

7・31のチームケア学会は、初のzoom,YouTube利用となりました。
昨年迄は、大学会場で、参加者350名。
zoomで湖山の施設270が繋がり、YouTubeで1030名の参加がありました。
利用というより、バーチャル世界での学会体験。
カメラワークで、一体感が全く違います。
カメラが部屋全体を写すようだと、気持ちが伝わりません。
今回は、発表者の顔がライトアップで表情も良くわかります。
本部のスクリーンでは、参加者20名迄同時に見る事ができます。
つまり、誰が誰の発表を熱心に見ているのか、そうでないかも分かります。
参加者の一体感があるのです。
集合学会ではなく、ネット上だとしてもです。
ネット放送での、音楽ライブはこういう乗りなのでしょう。
正直、悪くなかったです。
発表内容も素晴らしものでした。
コロナ対策に絞ったのも、成功です。
今、誰もが日々関わっているテーマですから。
また、抄録のレジュメも質が高い。
そのまま、感染症対策マニュアル、チェックリストになっている発表もあります。
写真も、うまい。
プロの編集者がまとめたみたい。
抄録の印刷は予算にとってありますが、今回は出版を考えます。
中国、ミャンマーからの参加もありました。
中国語、ビルマ語への翻訳も技能実習生、語学学校で検討して頂きたい。
世界へ広がるチームケア学会の夜明けとなりました。

用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章