【8月14日】日記


医療介護施設こそ安全

alt text

1)中文【8月14日】休刊


2)日文【8月14日】医療介護施設こそ安全

コロナは感染しやすいが、死亡率はインフルエンザより低い。
陽性になって入院しても、復帰できる人が増えてきます。
でも、自宅に帰れない人も多くなります。
元々介護施設の入所者であれば、元の施設に戻ります。
でもその時には、クラスターが発生していれば、戻れません。
では、別の施設、病院が受け入れられるかと言えば、難しいでしょう。
クラスターの起きた病院施設は稼働が半減しています。
濃厚接触者検査の為、就業できないのです。
コロナ陽性になった人が再発の危険性もあります。
その人達を受け入れる介護施設が必要になってくるでしょう。
自然に中間施設の特養ホーム、老人保健施設に集まるでしょう。
最近、中間施設と言う言葉を聞かなくなりました。
サービス付き高齢者住宅が退院高齢者の受け入れて来たからです。
でも、月2回の往診では、維持できません。
やはり、重介護施設が必要です。
介護療養病床が欲しいところです。
でも、法的に存続できなくなりました。
受入可能な施設は、個室の特養ホーム、老人保健施設。
しかも、個室のショートステイでしょう。
湖山の東京の特養ホームには、24時間看護師勤務体制のショートステイもあります。
コロナ後の療養が、これからの課題です。
首都圏施設はその準備をしなければなりません。
コロナ対策の第1は、感染防止です。
第2は、集団でのコロナ検査の迅速実施です。
既に、首都圏で、濃厚接触該当者の出た介護施設の職員を30名位即抗体検査をしました。
勿論、銀座医院の即時の対応です。
老人保健施設には、医師看護師がいますし、湖山の特養ホームには看護師が法令より、多く配置されています。
銀座医院は可能なコロナ検査を、常に先駆的に採用実施しています。
他の必要な検査も同時に出来ます。
高齢者は既往症の悪化が心配です。
銀座医院がコロナから、湖山の職員を守ります。
銀座医院院長は、アメリカでPCR検査を含む研究生活をして来ました。
検査実務経験もあります。
検査機器を代表が買ってくれれば、自分で検査できます。
と、院長に言われて、真剣に検討した事もあります。
千代田区は、区予算で、区内の介護施設職員全員を3ヶ月毎にCPR検査を実施すると発表しました。
コロナ対策は、医療介護医療のサイクルネットワークで行います。
少なくとも、湖山は。
コロナの海の社会で、むしろ、湖山の病院施設内が1番安全。
家庭内感染が多い現状では、湖山で働けば1番安全。
そう職員に思われるようになりたい。
そう願って、今日も始まります。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章